« アメリカは病気? | トップページ | フセイン拘束はクルド人の仕事? »

2003/12/23

911とコンドリーザ・ライスの秘密

米タイム誌2003/12/20の記事より。ホワイトハウスは911テロに関する証人資料、及びCIAが事前にホワイトハウスに提出していたテロ警告資料の内容についての公開を拒否しつづけている(つまり、テロ調査を米政府自身が妨害している!)が、中でもNational Security Adviser(国家安全保障担当大統領補佐官)であるコンドリーザ・ライスは、911テロ被害者団の求める情報公開にもっとも非協力的で、彼女は911審問で証言することをなんとかして避けようとしているらしい。

アメリカ政府は、911テロについて事前に発生の可能性を具体的に察知していたのだろうか?例えばテロ当日に飛行機での旅行をキャンセルしたサンフランシスコ市長は、友人のライス補佐官から直接「飛行機に乗るな」と警告されていたラジオ番組で語っている。

« アメリカは病気? | トップページ | フセイン拘束はクルド人の仕事? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 911とコンドリーザ・ライスの秘密:

« アメリカは病気? | トップページ | フセイン拘束はクルド人の仕事? »