カテゴリー

アクセスの多い記事

« サッチャー政権はカンボジア大虐殺に加担していた | トップページ | インドが抱えるE-ゴミ問題 »

2003/12/17

ブリクス元国連査察委員長がブレア英首相を酷評

イラク戦争の発端となった「大量破壊兵器」について、ブレア英首相は「フセイン拘束によって大量破壊兵器製造が可能な移動研究所の存在が明らかになる」と息巻いてますが、早くも元国連査察委員長のブリクス博士が「大量破壊兵器はなかったってのがわからないのかブレアのバカモノ!」と批判。

ブリクス博士はイラク戦争開戦直後に国連査察官を辞職して、急にイラク戦争反対を叫びだしたアメリカ人。彼が国連査察委員として米英を批判できなかった理由は、査察団内部に潜入していたイスラエル情報部員(モサド要員)が怖かったからであることを、英BBCが暴露している。例によって、日米大手メディアはこの事実を一切報道していない。

« サッチャー政権はカンボジア大虐殺に加担していた | トップページ | インドが抱えるE-ゴミ問題 »

イラク戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/32219

この記事へのトラックバック一覧です: ブリクス元国連査察委員長がブレア英首相を酷評:

« サッチャー政権はカンボジア大虐殺に加担していた | トップページ | インドが抱えるE-ゴミ問題 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31