« ロシアの新聞PPAVDA.Ruが米政府を戦争犯罪で告発 | トップページ | シュワルツネガー知事が早くも窮地に »

2003/12/19

レーガン暗殺未遂犯人が一時保釈

CNNの2003/11/17記事より。1981年に米レーガン大統領を銃撃して重傷を負わせた犯人、ヒンクリーがついに一時保釈されるらしい。

このニュースに一番怯えているのは、誰あろう現大統領のジョージ・W・ブッシュだ。ブッシュ家とヒンクリーは、なんと、テキサス時代に家族ぐるみでつきあいがあったらしい。特に、ヒンクリーの父親はブッシュ父の選挙運動支援者だった。レーガン大統領暗殺の当日も、ブッシュ弟とディナーを共にする予定だったという。

歴史の暗部に関わる悪の枢軸、ブッシュファミリー。その謎は深く、凶悪な口をあけている。

« ロシアの新聞PPAVDA.Ruが米政府を戦争犯罪で告発 | トップページ | シュワルツネガー知事が早くも窮地に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レーガン暗殺未遂犯人が一時保釈:

« ロシアの新聞PPAVDA.Ruが米政府を戦争犯罪で告発 | トップページ | シュワルツネガー知事が早くも窮地に »