« ダイアナ妃死亡事故の再調査が決定 | トップページ | アメリカ国内で3,100万人が飢餓に苦しんでいる »

2003/12/19

米政府のウェブサイトは都合の悪い情報を削除している

ワシントンポスト紙2003/12/18の勇気ある記事。とてもいいリードなので以下に引用。

「ソ連スタイルのエアブラシほどではないが、ブッシュ政権は自らの歴史に関して、お化粧直しをするためにサイバースペースを利用している。」
ブッシュ時代になってから、ホワイトハウスのウェブサイトに掲載されている公式記録は、ホワイトハウスの都合の良いように修正と削除を繰り返している。

もっとも著名な例では、イラク戦闘終結宣言に関する記録。「イラクでの戦闘は終結した」とブッシュが宣言してから、イラク国内での駐留軍死者が増加するにつれ、同宣言への批判をかわすために「イラクでの大規模な戦闘は終結した」とコッソリ修正。

ホワイトハウスのウェブサイトの情報操作の証拠として話題になるのが、その検索エンジン対策。同サイトのrobots.txtをみれば、記録されると都合の悪い情報がたくさんあることが伺える。

問題は、ホワイトハウスの「歴史修正作業」はサイバースペース以外の場所でも行われているという懸念である。

« ダイアナ妃死亡事故の再調査が決定 | トップページ | アメリカ国内で3,100万人が飢餓に苦しんでいる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米政府のウェブサイトは都合の悪い情報を削除している:

« ダイアナ妃死亡事故の再調査が決定 | トップページ | アメリカ国内で3,100万人が飢餓に苦しんでいる »