カテゴリー

アクセスの多い記事

« 臭い報道大賞2003(1)---クリアチャンネル | トップページ | 臭い報道大賞2003(2)---トム・ブローコウ、フォックスニュース »

2003/12/28

病死、病気の牛を消費者へ届ける米国の食肉産業

シアトルの地方テレビ局KIROTVの衝撃ドキュメンタリー。2002/10/31に放映されていたものだ。狂牛病騒動が始まるずっと前から、アメリカ食肉業界内部には安全面で問題があったことがよくわかる。ブッシュ大統領は牛肉を食べ続けているそうだが、この報道を見た後で(胃袋から逆流したステーキが喉に詰まる前に)もういちど聞いてみて欲しいものだ。

さて、日本が米国牛肉の輸入を停止したことで、アメリカの食肉業界は壊滅の危機に瀕している。壊滅の危機といえば、日本政府お得意の「人道復興支援」だ。ホワイトハウスがアメリカ産牛肉の輸入を求めるなら、その交換条件として、日本国内で行われているような、牛肉加工現場での全頭検査が米国の食肉業界に導入されるよう指導するために、アメリカに自衛隊を派遣してはどうだろう。

なぜ自衛隊なのかという疑問については、いつものとおり首相官邸が世界一曖昧な説明を用意してくれるのでご心配なく。派遣場所としては、ブッシュのお膝元で食肉産業の中心地テキサスが候補地にあげられるだろう。地元の武装勢力の活動は、せいぜい道路に反日メッセージを託す程度であり、比較的平穏を保っているようだ。神崎代表もただちに調査に・・・・

« 臭い報道大賞2003(1)---クリアチャンネル | トップページ | 臭い報道大賞2003(2)---トム・ブローコウ、フォックスニュース »

狂牛病問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/55191

この記事へのトラックバック一覧です: 病死、病気の牛を消費者へ届ける米国の食肉産業:

» 暗いニュースリンク、に注目 [B-log Cabin TP]
Nifty さんのココログの新サービスとして、毎日注目される3つのココログ・サイトを Pick-up する、「日刊ココログ・ガイド」が始まった。自分で読んでみた... [続きを読む]

« 臭い報道大賞2003(1)---クリアチャンネル | トップページ | 臭い報道大賞2003(2)---トム・ブローコウ、フォックスニュース »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31