カテゴリー

アクセスの多い記事

« ターミネーターは金持ちが大好き:シュワルツネガーの危険な野心 | トップページ | ジェームズペーカーの債権処理でイラク復興は絶望的 »

2003/12/06

殉死した兵士を隠蔽するブッシュ政権

日本ではイラクで死亡した二人の外交官の葬送を大手メディアが報道しているが、それはアメリカ政府を怒らせることになるかもしれない。なぜなら、米国では、イラク駐留軍の兵士の死について、詳しく報道することはタブーなのだ。

ワシントンポストの記事によると、ペンタゴンはアーリントン墓地での葬送に関する報道を大幅制限している。そこではイラク戦争で死亡した兵士の埋葬が行われているが、兵士の遺族が悲嘆に暮れる姿が報道されれば、反戦運動が激しくなることが予想され、ブッシュ政権のビジネスマン達が安心してイラクの石油を転売することが難しくなるのだ。

果たして、小泉政権は、復興支援のため派遣される自衛隊員について、「支援前」と「支援後」の正確な人数と名簿を新聞に公開してくれるだろうか?派遣の理由すら説明されないことを考えると、「米政府に追随」となるかもしれない。

« ターミネーターは金持ちが大好き:シュワルツネガーの危険な野心 | トップページ | ジェームズペーカーの債権処理でイラク復興は絶望的 »

イラク戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/9542

この記事へのトラックバック一覧です: 殉死した兵士を隠蔽するブッシュ政権:

« ターミネーターは金持ちが大好き:シュワルツネガーの危険な野心 | トップページ | ジェームズペーカーの債権処理でイラク復興は絶望的 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31