カテゴリー

アクセスの多い記事

« 「Bushin30seconds」受賞作決定 | トップページ | 「狂牛病は大きな危険ではない」とPRする「研究機関」の正体 »

2004/01/15

イラクの次は火星だ!NASAの宇宙計画とハリバートン

ブッシュ政権が発足当時から狙っていたのはイラクだけではない。最近にわかに活気づいているNASAの宇宙開発計画の背後には、火星の天然資源開発をめぐる利権がうごめいているようだ。

PetroleumNews2001/02/28付けの記事によると、すでにハリバートンは火星での開発事業に名乗りを挙げている。NASAの説明では「水源とそこに生息する生命体を見つけるため」ハリバートンシェル石油ベイカーヒューズロスアラモス研究所と共同で火星に穴を開ける技術を開発中とのこと。

なるほど。以前話題になったイラク駐留軍に提供された個性的な食事メニューは、ハリバートンが火星用に開発したものに違いない。

« 「Bushin30seconds」受賞作決定 | トップページ | 「狂牛病は大きな危険ではない」とPRする「研究機関」の正体 »

ホワイトハウスの陰謀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/102784

この記事へのトラックバック一覧です: イラクの次は火星だ!NASAの宇宙計画とハリバートン:

» ブッシュ大統領が宇宙開発政策について演説 [5thstar_管理人_日記]
ブッシュ大統領が米国の今後の宇宙開発政策について演説した。11日の記事をほぼ裏付ける内容だったようだ。 朝日新聞:「月面基地から火星目指す」米大統領が新宇宙戦略... [続きを読む]

« 「Bushin30seconds」受賞作決定 | トップページ | 「狂牛病は大きな危険ではない」とPRする「研究機関」の正体 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31