カテゴリー

アクセスの多い記事

« 銃社会アメリカのホンネとタテマエ | トップページ | ジョン・ブキャナンの危険な挑戦:反ブッシュを掲げるもうひとりの大統領候補 »

2004/01/21

インド国会、コーラ飲料の販売禁止に乗り出す

corpwatch.orgの2004/01/17のコラム記事より。

インド国会は、国会食堂でのコカコーラ飲料とペプシコーラ飲料の販売を禁止した。国会は次のステップとして、全国的なコーラ飲料販売禁止を考えるべき時期にきているという。寛容で知られるインド人が、なぜこの黒い炭酸飲料に対して怒りだしたのか?

インド国会によるコーラ飲料禁止の直接の原因は、インド国内で販売されている当該飲料の成分調査の結果、高濃度の残留農薬と、リンデンやDDT、マラチオン、クロルピリホスなどの殺虫剤成分が検出されたことによる。サンプルの中には、これらの成分について、ヨーロッパの基準の30倍を超える量が検出された事例もあったという。一方で、米国で販売されている同じ飲料を同様に成分調査したところ、こちらは安全基準を満たすものであった。

つまり、米国内とインドでは、同じコーラでも成分が違うということである。このような、多国籍企業によるダブルスタンダードの事例は、インドだけの話ではない。先進国で販売禁止された製品を発展途上国で販売するのはそれら企業の常套手段のようだ。例えば、米国での規制によって市場が縮小しているタバコ産業は、発展途上国の市場開発に注力している。ダウ・ケミカルは、殺虫剤であるダーズバンのインド国内での販売を拡大している。米国環境保護局が、人体に有害であるとの理由でダーズバン削減計画を発表しているというのに

インドのコカ・コーラ社はPR企業を雇い入れてイメージ向上に努めているが、インド市民との意識の溝は深い。コーラ製造工場では、飲料水製造のために地下水を大量使用するため、工場周辺の地域では深刻な水不足が発生しているという。今のところ、コカ・コーラ社はイメージ向上のために、(偉そうに)工場周辺地域に水配給車を巡回させている。それはコーラの主原料である水を、ほぼ無料で仕入れているお礼の意味もあるのかもしれない。

さらなるイメージ向上を目指すために、コカ・コーラ社はインドのケララ州にある工場から、炭酸製造の過程で発生する有毒なヘドロを、地元の農家に肥料として無料配布しているという。英BBCがこのヘドロの成分を調査したところ、高濃度の鉛とカドミウムが検出されている

インド市民によるコーラ飲料反対運動が高まるにつれ、コカ・コーラ社はイメージ戦略の代わりに、武装警備隊を使って反対運動の封殺に務めてきた。イラクで見慣れた光景が、フセインの居ないインドでも展開されていたわけだ。そこではブッシュ政権の代役を、多国籍企業が演じるというオマケつきである。

« 銃社会アメリカのホンネとタテマエ | トップページ | ジョン・ブキャナンの危険な挑戦:反ブッシュを掲げるもうひとりの大統領候補 »

資本主義の暴走」カテゴリの記事

コメント

あんた。俺が投稿した記事また消したのか。
自分に都合が悪い投稿はみんな消すんだな。これで2回目だぞ?

インドの清涼飲料水に農薬が入っている問題は、わざわざコカコーラ社が農薬を混ぜているわけではなく、そもそもインドの水には農薬が混入されているんだってば。

俺はこれらの情報もとへのリンクも含めて投稿しただろう?なんでそれを消すんだよ。
もう一度書いておくからな。今度は消すなよ。
http://www.iges.or.jp/jp/pub/pdf/asia2003/11-India.pdf

うーん。ちょっと頭に血が上ってしまった。
すいません。
でもね。問題は水源が汚染されていることなんですよ。コーラやぺプシだけじゃなくそもそも原料になる水、そしてほかの清涼飲料水も汚染されているんです。それをあたかもコーラ・ぺプシだけが汚染されていてそれを知りながら放置しているようにミスリードさせる記事はフェアじゃないと思うのですがいかがでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/121453

この記事へのトラックバック一覧です: インド国会、コーラ飲料の販売禁止に乗り出す:

» もうコカ・コーラは飲まない [k-tanakaの映画的箱庭]
怒髪天を突くニュース。 「暗いニュースリンク」でインド国会が国会内でのコーラ販売を禁止、やがて全国的に禁止する方針を打ち出しているというニュース。 別に私はコー... [続きを読む]

» コカ・コーラ あっちでも、こっちでも悪事 [P-navi info]
「暗いニュースリンク──政府があなたに熟考してほしくない由々しき情報」というブログで、「インド国会、コーラ飲料の販売禁止に乗り出す」という記事を読んだ。コカ・コ... [続きを読む]

» コカ・コーラ [ROVER]
ずいぶん前の記事になるけど、知らなかった。 日本で報道されることなんかないんだろうな、こういう世界の事情って。それに報道されても、「日本のコカ・コーラは安全基... [続きを読む]

» 【Boycott Bush】For Mother Earth [反戦翻訳団−Antiwar Translation Brigade−]
http://www.motherearth.org/USboycott/index.php (翻訳:203号系統) 不買運動 2001年... [続きを読む]

» 【海外】インドのコカ・コーラのボトル工場に閉鎖命令。地下水の過剰な汲み上げと水質汚染で [【海外】インドのコカ・コーラのボトル工場に閉鎖命令。地下水の過剰な汲み上げと水質汚染で ]
インド、ケララ南部州の公害管理委員会は、地域の地下水を減少させたとしてコカコーラ工場に閉鎖命令を出した。 委員会によると、コカコーラ工場は、地域の地下水を汚染し、飲料水として適さなくしている原因のカドミウムの廃棄物における含有量を明らかにしなかったとのこと。 同企業は、既に出されていた下水処理施設の設置命令と、村人への飲料水の配管供給命令にも従わなかったことでも訴えられた。 村人達は、ミネラルウォーターと清涼飲料水をボトリングしている工場に対し、2年以上も反対キャンペーンを行っていた。 ... [続きを読む]

» コカコーラ製品、NY大学がボイコット [消費者目線とCSR]
「明日から、コカコーラ製品の撤去を始める。」 コロンビアのコカコーラ工場での労働組合員殺害や人権侵害が原因。現地工場が武装勢力の力を借り、これまでに労働組合SINALTRAINALのメンバーを7人殺害し、過去16年以上にわたって現地の労働者弾圧しつづけているという非....... [続きを読む]

« 銃社会アメリカのホンネとタテマエ | トップページ | ジョン・ブキャナンの危険な挑戦:反ブッシュを掲げるもうひとりの大統領候補 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31