カテゴリー

アクセスの多い記事

« ジョン・ブキャナンの危険な挑戦:反ブッシュを掲げるもうひとりの大統領候補 | トップページ | CIA警告:イラクは内戦状態へ移行? »

2004/01/22

スーパーボウル広告でブッシュ批判は禁止された

MediaChannel.org2004/01/22の記事より。

反ブッシュ団体「MoveOn.org」が主催する「Bush in 30 seconds」の大賞受賞広告「Child's Pay」がさっそく検閲を受けたようだ。100万人以上のアメリカ人視聴者が閲覧するというわれる、米国でもっとも高額なテレビCM枠、CBSのスーパーボウルのテレビCMに広告放映を依頼したところ、「局のポリシーに反する」として拒絶されたとのこと。CBSの言う「ポリシー」とは、つまり、「ホワイトハウス批判は一切許さない」という主義のことであろうか。

MoveOn.org主催者にとって、メディアに反ブッシュ広告を拒否されることは慣れっこに違いない。2003年2月、彼らは米国の4つのビルボードへ反戦広告の掲載を申し込んだが、ビルボード広告を扱うバイアコムアウトドア社は広告掲載を拒否している。同社は巨大メディア企業バイアコムの屋外広告代理店で、CBSの親会社だ。

2003年3月には、MTV---これもバイアコムのメディアである---がイラク戦争反対の広告放映の申し出を拒否した。その代わりに、MTVは若者向けの米国陸軍入隊を促す政府広報を日常的に配信している。イラク戦争に志願すればビヨンセに会えるとでも思わせたいのだろうか?

スーパーボウル広告を勝ち取った企業のひとつであるAOLは、450人の従業員よりも広告費用を優先させた。反戦広告が放映されたとして、一体誰が職を失うというのか?人間の尊厳を差し置いて、マスメディア企業は一体何を優先させようとしているのだろう?

« ジョン・ブキャナンの危険な挑戦:反ブッシュを掲げるもうひとりの大統領候補 | トップページ | CIA警告:イラクは内戦状態へ移行? »

メディアと大衆操作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/124965

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーボウル広告でブッシュ批判は禁止された:

« ジョン・ブキャナンの危険な挑戦:反ブッシュを掲げるもうひとりの大統領候補 | トップページ | CIA警告:イラクは内戦状態へ移行? »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31