カテゴリー

アクセスの多い記事

« ブレア妻が激白「ブッシュは大統領の座を盗んだ」 | トップページ | 悪の枢軸国?いえいえ、イランはハリバートンの大事な取引先です »

2004/01/27

アフガニスタン、再び中東最大の麻薬生産国へ

InterPressService2004/01/23の記事より。

アメリカ占領後のアフガニスタンで、アフガン人と国境を越えてやってくるパキスタン人にとっての生命線となっているのは、ケシ栽培の仕事。現在のアフガニスタンの主要産業はケシ栽培によるヘロイン、アヘンの原料生産であり、現在では1000億ドルから2000億ドルの生産規模を誇る。これは国連の推定する世界の麻薬市場全体の1/3にあたる。生産者の話では、家族の生活を支えるためには、ケシ栽培を超える農作物は考えられないという。

国連薬物統制計画の下、タリバン政権時代のアフガニスタンではケシ栽培が禁止されていた。米国麻薬取締局(DEA)の報告によると、2000年の時点でアフガニスタンは世界市場の70%以上のアヘン生産を誇り、ヨーロッパで販売されているヘロインの80%を占めていたという。国連の調査では、タリバン政権下において、ケシ栽培は90%以上の減産となっていた。

しかし2002年、ケシ栽培は前年の657%増加となった。現在ではアフガニスタン国内でのケシ栽培は生産過剰となりつつあるとのこと。

« ブレア妻が激白「ブッシュは大統領の座を盗んだ」 | トップページ | 悪の枢軸国?いえいえ、イランはハリバートンの大事な取引先です »

イラク戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/140157

この記事へのトラックバック一覧です: アフガニスタン、再び中東最大の麻薬生産国へ:

« ブレア妻が激白「ブッシュは大統領の座を盗んだ」 | トップページ | 悪の枢軸国?いえいえ、イランはハリバートンの大事な取引先です »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31