« ブッシュ犯罪家族・総覧(1) | トップページ | リチャード・クラークと真実の瞬間:超タカ派官僚の見せた人間性がアメリカを変える »

2004/03/25

ブッシュ家とサウジ王家の関係を暴いた最新本、イギリスで刊行中止

米サロンドットコム2004/03/23付け記事より。

ブッシュとサウジアラビア王族との癒着を描いた最新本「House of Bush, House of Saud: The Secret Relationship Between the World's Two Most Powerful Dynasties(ブッシュ家とサウド家---世界で最もパワフルな支配者家系の秘められた関係)」のイギリスでの出版が、刊行日間近になって、出版社自身によってキャンセルされたというニュース。

「House of Bush, House of Saud」はすでに米国で刊行されており、日本、ブラジル、ドイツ、スペイン、オランダでも刊行の予定があるらしい。同書は、アメリカ同時多発テロ直後、米国内の全ての航空機の発着が禁止されている時に、米国内のサウジ王家関係者とビン・ラディンファミリーが特別機で国外に渡航した事情、またサウジアラビアとテロ資金の関係について触れられているとのこと。(サロンドットコムの特集記事参照

出版とりやめの理由は、イギリス国内でサウジ王家に訴訟を起こされた場合、勝ち目がないと英国の出版社側が判断したからであるという。しかし著者側代理人は今回の刊行中止事件について、書籍の宣伝になると喜んでいるようだ。

« ブッシュ犯罪家族・総覧(1) | トップページ | リチャード・クラークと真実の瞬間:超タカ派官僚の見せた人間性がアメリカを変える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» ブッシュ家とサウジ王家の関係を暴いた最新本、イギリスで刊行中止 [ニュースちゃんねる]
ブッシュとサウジアラビア王族との癒着を描いた最新本「House of Bush, House of Saud: The Secret Relationship Between the World's Two Most Powerful Dynasties」イギリスでの出版が、刊行日間近に出版社… [続きを読む]

« ブッシュ犯罪家族・総覧(1) | トップページ | リチャード・クラークと真実の瞬間:超タカ派官僚の見せた人間性がアメリカを変える »