カテゴリー

アクセスの多い記事

« イラク武装蜂起最新情勢:サマワの自衛隊に迫るサドル武装兵 | トップページ | サドル氏、側近と共に拘束か?イラク最新情勢 »

2004/04/13

ブッシュ大統領の平穏な毎日:6時起床、10時に就寝、牧場で233日間の休日を満喫

英ガーディアン2004/04/12付け記事より。

ブッシュ大統領は大統領就任から今日までに、40%以上の時間をホワイトハウス以外の「避難所」で過ごしているというわけで、民主党議員から「合衆国が重大な状況にあるにも関わらず、大統領は真面目に仕事をしていない」と批判にさらされているという。

ライス補佐官が911テロ調査委員会で証言をしていた先週末も、ブッシュ大統領はテキサス州クロフォードで、NRA(National Rifle Association:全米ライフル協会)副会長ウェイン・ラピーレ氏を自分の牧場に招待して、休日を満喫していたらしい。これは大統領就任後33回目の牧場訪問で、これまでの訪問時間を合計すると、実に233日間、約8ヶ月間近くを自分の牧場でのんびり過ごしていることになる。

加えて、(大統領の公式別荘)キャンプ・デービッド訪問が78回、メーン州ケンネバンクポート(ブッシュ家の別荘があり、ジョージが30歳の時に飲酒運転罰金刑を受けた場所)に5回訪問している。

911同時多発テロ発生の1ヶ月前、2001年8月6日に、「オサマ・ビン・ラディンが米国内での攻撃を決定」という重要なブリーフィングを受けた時も、ブッシュ大統領はクロフォードの牧場で1ヶ月の夏休みの最中だった。このブリーフィング時の資料は極秘扱いとしてホワイトハウスはずっと公開を拒否していたが、ライス補佐官の公聴会での証言の結果、新たに注目を集めることになり、委員会の要求に従って先日(4月10日)一般公開されている。この極秘文書公開により、ブッシュ政権が国内テロの危険を知っていたにも関わらず何も対策をとらなかったことが公式に証明された。(ライス補佐官はこの書類を読んでも何の危機感も感じなかったらしい。一体どうすればこの女性は働いてくれるのか?)

イラクの危機的状態にもマイペースを崩さないブッシュ大統領は、現在も毎日午後10時に就寝、朝6時に起床。テキサス州知事時代には午前8時半から午後5時半まで庁舎に勤務。その勤務時間内の90分から2時間をエクササイズ、もしくは昼寝に充てていたということである。

大統領の生活ぶりを公開するだけでは公平さに欠けるので、イラク駐留軍に勤務するアメリカ兵の日常も比較のために記しておこう。

イラク駐留兵の日常
毎日16時間を超える路上での警護業務、一日平均30回以上の戦闘、1年間で約1万6千ドル(約169万円)の給与(2005年から月150ドルの戦闘地手当てが付く予定だが、従軍兵の抱える家族のうち、約2万5千の家庭は貧困のため「食料補助需給資格:eligible of food stamps」がある)、戦闘がなくても劣化ウラン弾で被爆、兵士不足のため体力不足の病人も最前線で従軍心臓麻痺で亡くなったりすることもある


さて、ガーディアンの記事に補足すると、4月5日からテキサス州クロフォードの牧場に帰っているジョージは、NRA副会長の接待(もちろん再選のお願いである)の合間に、妻と双子の娘を連れて、ダーナル軍共済病院へ負傷した兵士の見舞いに出かけた後(10人の負傷兵に勲章を授与)、テキサス州フォートフッドの教会で、イラクで死んだ兵士のために祈りを捧げたとのことである

教会での大統領の発言を引用して(お祈りの邪魔をしないように)小声でツッコミを加えておこう。

我々の安全のために究極の代償を捧げた人々にお悔やみ申し上げたい

(ここで言及されている「代償」とは、1万8千人以上の公表されない戦傷者と677人以上の米兵の死、 1万人以上のイラク市民の死のことだろうが、現在も「代償」は進行中なのでお祈りを欠かさないでくれよ、ジョージ。)

もちろん、犠牲者が少なくなるように、私はいつも祈っている。しかしイラクで我々が行っていることは正しいことだ。長期に渡る平和実現のための正しい行為だ。我々の国家の安全のためにも正しいことなのだ。困難はわかっている。

(「我々の国家の安全」??イラク市民の安全は?

「(イラクの武装蜂起について)一部の人々が民主化への進行を妨げているのだ
(ジョージ、一部の人々っていうのは、イラクで民主的選挙の実施に反対してるアメリカの人々のことかい?)
今日、私はひざまづいて、海外にいる我々の兵士と、我々の連合軍と、無実のイラク人を守ってくださる神に感謝しました。
(ジョージの神は兵士と無実のイラク人を守っていてくれたらしい。とすると、この1週間の死傷者の増加はどういうことだろう?大統領同様、神も昼寝中なのか?)

« イラク武装蜂起最新情勢:サマワの自衛隊に迫るサドル武装兵 | トップページ | サドル氏、側近と共に拘束か?イラク最新情勢 »

ブッシュファミリーの秘密」カテゴリの記事

反ブッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/433570

この記事へのトラックバック一覧です: ブッシュ大統領の平穏な毎日:6時起床、10時に就寝、牧場で233日間の休日を満喫:

» ブッシュ大統領の平穏な毎日 [メモログ]
ブッシュ大統領は大統領就任から今日までに、40%以上の時間をホワイトハウス以外の「避難所」で過ごしているというわけで、民主党議員から「合衆国が重大な状況にある... [続きを読む]

« イラク武装蜂起最新情勢:サマワの自衛隊に迫るサドル武装兵 | トップページ | サドル氏、側近と共に拘束か?イラク最新情勢 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31