カテゴリー

アクセスの多い記事

« 「The Best Democracy Money Can Buy」最新エディションが発売 | トップページ | ウォルフォウィッツ国防副長官、米兵の死亡者数に関心なし? »

2004/04/29

CIA工作員漏洩問題で被害者の元外交官が告発本を出版

元米外交官のジョゼフ・ウィルソン氏が、妻がCIA工作員であることを暴露された件で、ブッシュ政権告発本を出版する。

2004年5月1日発売の同書籍「The Politics of Truth: Inside the Lies that Led to War and Betrayed My Wife's CIA Identity」の中で、ウィルソン氏は、漏洩元であるホワイトハウス内の犯人名を暴露しているとのこと。これにより同事件捜査は大きなヤマ場を迎えることになるかもしれない。

リチャード・クラークの「Against All Enemies : Inside the White House's War on Terror--What Really Happened」(現在までの販売数325,358部)、ボブ・ウッドワードの「Plan of Attack」(現在までの販売部数182,727部)に続いて、書籍発売と同時にあらたな事実が明らかになるあたり、反ブッシュ活動は大きなトレンドと市場を作りつつあるようだ。

(販売部数情報はドラッジレポートより抜粋)

« 「The Best Democracy Money Can Buy」最新エディションが発売 | トップページ | ウォルフォウィッツ国防副長官、米兵の死亡者数に関心なし? »

ホワイトハウスの陰謀」カテゴリの記事

反ブッシュ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/509917

この記事へのトラックバック一覧です: CIA工作員漏洩問題で被害者の元外交官が告発本を出版:

« 「The Best Democracy Money Can Buy」最新エディションが発売 | トップページ | ウォルフォウィッツ国防副長官、米兵の死亡者数に関心なし? »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31