カテゴリー

アクセスの多い記事

« イラク・武装蜂起の最新状況 | トップページ | イラク武装蜂起最新情勢:サマワの自衛隊に迫るサドル武装兵 »

2004/04/09

ライス補佐官、ウソと不誠実な証言をくりかえす

コンドリーザ・ライスは全く謝罪しなかった。誠実でもなく、ウソとスピンで公聴会参加者をウンザリさせた。

Center for American Progressがさっそくライスの証言内容のウソを暴く記事を公開している。これで彼女のキャリアは終わりだろうが、そもそも彼女は年内でホワイトハウスを離れる予定なので、批判されても痛くも痒くもないだろう。(ライス証言ビデオはCspanで観れるが、ハイライトはCBSでも観る事ができる。)

元々ロシア政治の専門家として父ブッシュ政権時代にホワイトハウス入りし、ゴルバチョフと友好関係を築いておきながら、頭角を現しつつあったエリツィンを無視した上に、ソ連が崩壊することを予測できなかったコンディ。(ソ連崩壊を予測し、合衆国がソ連崩壊前に介入すべきと主張してライスと衝突し、政権を去ったのはチェイニーとウォルフォウィツだった。今回、チェイニーはライスを公聴会に押し出して、引き換えに自分の公聴会での証言を免除させた。なんと狡猾な副大統領!)

そんな失敗をしたライスを合衆国防衛の要職に採用したのは、パキスタンのムシャラフ将軍すら知らなかったブッシュジュニアである。こんな連中が世界戦略を話し合っても、マトモな外交政策などできるはずもない。テロ対策と全く関係ないイラク攻撃、テロリストよりも反ブッシュ活動家を監視することに注力する国土防衛策。司法長官のアッシュクロフトに至ってはテロリスト情報よりも中絶した女性の個人情報を収集することにひたすら執着し、その変態的性格を恥じる様子もない。

そんな異常でマヌケなホワイトハウスに追随する小泉政権は、アルジャジーラ無しではイラクで誰が拘束されたかもわからない。(イラク派遣部隊に陸上幕僚監部調査部などの情報部関係者が同行しなかったのだろうか?あるいは自衛隊幹部と官邸の関係が悪いのか)これでは、巨大な防衛費で知られる二つの大国が、お互いを目隠しして、銃を撃ちまくっているようなものではないか。

« イラク・武装蜂起の最新状況 | トップページ | イラク武装蜂起最新情勢:サマワの自衛隊に迫るサドル武装兵 »

テロの脅威、テロ対策の脅威」カテゴリの記事

ホワイトハウスの陰謀」カテゴリの記事

911同時多発テロの謎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/415452

この記事へのトラックバック一覧です: ライス補佐官、ウソと不誠実な証言をくりかえす:

» ライス補佐官、ウソと不誠実な証言をくりかえす [ニュースちゃんねる]
年内でホワイトハウスを離れるライス補佐官。公聴会での証言内容のウソが暴かれたが…暗いニュースリンク… [続きを読む]

» パウエル国務長官辞任したんだね [COPER夜な夜な。]
なんども「辞任か?」というニュースが流れていたので、今日ニュースをきいたときには「狼少年か?」と思いましたが、本気で辞任しちゃいましたね。後任はライス大統領首席... [続きを読む]

« イラク・武装蜂起の最新状況 | トップページ | イラク武装蜂起最新情勢:サマワの自衛隊に迫るサドル武装兵 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31