カテゴリー

アクセスの多い記事

« マイケル・ムーア、次回作のターゲットは英ブレア首相? | トップページ | マイケル・ムーア「華氏911」全米上映を妨害する大規模キャンペーンと、その背後にあるもの »

2004/06/14

「電子投票---表舞台にはまだ早い」byハワード・ディーン

政治風刺漫画サイトCagle Cartoonsの2004/05/31付けコラムより。民主党大統領候補ハワード・ディーンの連載コラム第1回分を、以下に全訳掲載。

大手メディアからの執拗なバッシングと、選挙チームの資金難から、大掛かりな選挙キャンペーンを中止しているとはいえ、ハワード・ディーンは再び注目を集めつつあるようだ。民主党リベラル派および中道派にとっては、相変わらずジョン・ケリー以上に影響力を持っているという見方もある

Democracy for America」として生まれ変わった草の根支持団体の活動も順調で、「ディーン世代」と呼ばれる若い政治家を次々と誕生させている。ディーン候補のド根性溢れる(無鉄砲な)スピーチと草の根活動は、民主党が忘れかけていた気骨を呼び覚ましはじめたのかもしれない。



「電子投票---表舞台にはまだ早い」
(Electronic Voting - Not Ready For Prime Time )

by ハワード・ディーン


2000年12月、連邦最高裁の5人の判事は、フロリダ州大統領選挙投票の数えなおしは是認できないと結論するに至った。この決定により、フロリダ州最高裁が州内全ての投票の数えなおしを要求したにもかかわらず、僅か537票差で勝敗を決定する大統領選挙を生み出すことになったのだ。州内での選挙不正に関する明確な情報に直面して、合衆国の最高司法の決定は、全てのアメリカ人の投票が実際に数えられるかどうかについて重大な不信感を作り出した。フロリダ州で起こったことを今更ひっくり返すことはできないが、同じ事態が再び起こることを防ぐために、私たちは民主主義に対する責任を負っている。

政治家の中には、この問題を解決する答えは電子投票にあると信じる者もいるようだ。最近、連邦政府は、「タッチスクリーン」投票機の利用を促進する法案を成立させたが、当の電子投票システムは票集計内容を記録する機能を持たないために、票の再集計ができない。さらに、その電子投票機は、投票者が本当に希望する候補者に投票したかどうかを確認する機能すら持たないのだ。あいにく、今年11月には、アメリカ国民の内28%、約5,000万人が、その電子投票システムを利用することになるわけで、信頼できない不確実な投票結果が生じる可能性がある。

2000年に利用されはじめたばかりのタッチスクリーン式電子投票システムは、利用が拡大するにつれ、信頼性の欠如による問題を発生させている。例えば、ノースカロライナ州ウェイク郡では、2002年に、ソフトの不具合により436票が消失している。ミシシッピー州ハインズ郡では、投票機のトラブルが多すぎて有権者が投票できず、選挙そのものをやり直すことになった。ヴァージニア州フェアファックスの選挙管理担当者によれば、最近の選挙では100人につき1人の票が消失していたそうだ。多くの州では、ニューハンプシャー州やメーン州の例のように、紙の記録を残さない(ペーパーレス)タッチスクリーン投票機の利用を禁止することになり、他の州でも同様の決定を行う計画であるという。

信頼性も透明性も欠如している状況では、いくら機械が動作しても、正しく動作しているのかどうかを検証することができない。アメリカ国民は、少なくとも進行中の不具合と技術的失敗の防止に必要な時間を確保するため、2006年度選挙までは、ペーパーレス電子投票機の利用を容認すべきではないのである。なんとしてでも、全ての有権者が、投票が集計される前に、自分の投票内容を、正確な紙の記録を残すことによって確認できるようにすべきであろう。

民主党支持者も共和党支持者も、この民主主義に対する重大な打撃となる可能性を修正することに、真剣に取り組もうとしている。ラッシュ・ホルト議員(ニュージャージ州議員/民主党)の提出した超党派の法案は、紙の記録を求める法案のひとつだが、できるだけ早く議会で承認されるべきであろう。VerifiedVoting.orgなどの組織によって活発化している、確認可能な投票システムを支持する草の根活動は、国民全体の機運に適ったものなのである。

私たちの民主主義や分別を存続することは、党派には無関係である。国民と国家全体の価値以上に、片方の党派の成功を優先するようなことはできないし、してはならない。50州をまとめる政府として、共和党員・民主党員のどちらに対しても、2006年まで、あるいは充分に信頼できる状態で再集計が可能になる日まで、ペーパーレス電子投票機を箱に収めたままにしておくことをお願いしたい。誰が勝利しようと、民主主義の下では全ての票は数えられるべきなのである。その基本原則を廃止することは、アメリカを捨てることと同じだ。



« マイケル・ムーア、次回作のターゲットは英ブレア首相? | トップページ | マイケル・ムーア「華氏911」全米上映を妨害する大規模キャンペーンと、その背後にあるもの »

選挙」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/765508

この記事へのトラックバック一覧です: 「電子投票---表舞台にはまだ早い」byハワード・ディーン:

» 「電子投票---表舞台にはまだ早い」byハワード・ディーン [ニュースちゃんねる]
blogger大統領候補として有名なハワード・ディーンが語る電子投票 暗いニュースリンク… [続きを読む]

» 電子投票制度の闇 [BLOG @ SILENT EMOTION]
本日、投票が締め切られたアメリカの中間選挙のお話。 [続きを読む]

« マイケル・ムーア、次回作のターゲットは英ブレア首相? | トップページ | マイケル・ムーア「華氏911」全米上映を妨害する大規模キャンペーンと、その背後にあるもの »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31