カテゴリー

アクセスの多い記事

« グレッグ・パラスト、レーガンの死に贈る強烈コラム | トップページ | 「大脱走」by クレイグ・アンガー »

2004/06/09

クイズで考える奇妙な世界

BuzzFlash.com2004/06/08付け記事より。

モウリーン・ファレル氏(Maureen Farrell)の秀逸なコラム「いかにおかしなことになってしまったか?クイズで確認してみよう」を一部抜粋して翻訳したので、お試しあれ。私たちはこんなにも奇妙な事実を目にしているのである・・・



<問>:2003年4月、ニューヨークタイムズは、ブッシュ政権はイラクの4拠点に米軍の永久基地設置を計画中であると報じた。ドナルド・ラムズフェルドは疑惑をきっぱり否定しているが、2004年5月、作家のチャルマーズ・ジョンソン氏(訳注:「The Sorrows of Empire」著者)の語ったところによれば、米国政府が計画しているのは・・・:
  • a...約束どおり、イラクに永久基地は建設しない。
  • b...ドナルド・ラムズフェルドの正直さと率直さを褒め称える。
  • c...バグダッドに一箇所だけ米軍永久基地を建設する。
  • d...イラク国内に米軍永久基地を14拠点建設し、維持する。
正解:d
「もしイラクの人々に国を返すつもりならば、なぜ米軍は14拠点もの永久基地をイラクに現在も建設しているのでしょう?」(元記事)

<問>クリスチャン・サイエンス・モニターの記事によれば、米軍がイラクを占領してから、バグダッドの多くの大学教授、科学者、知識人たちは・・・
  • a...サダム・フセイン体制が消滅しておおいに安心した。
  • b...はじめて言論の自由を楽しんだ。
  • c...注意深く練られた連続暗殺計画により、処刑された。
  • d...マカレナダンスの方法を学んだ。
正解:c
「昨年4月から、40人ほどのイラク人科学者や大学教授達が殺されている。」(元記事

<問>ビレッジ・ボイス誌の記事によれば、ブッシュ大統領は「これまでの米国の政策を翻し、ヨルダン川西岸地区でのイスラエルの主権を支持することにした」のは、以下の出来事が発生して1週間後の成果であった:
  • a...中東地区におけるアメリカ政策の歴史を徹底的に調査。
  • b...「終末論者」(訳注:キリスト教原理主義者)達との2時間にわたる会談。
  • c...自転車で転んだ。
  • d...プレッツェルを喉に詰まらせた。
正解:b
「ブッシュは、イスラエルとの会談の前に、キリスト教原理主義者達に相談した」(元記事

<問>:UPI通信の報道によれば、軍の内部告発者であるジュリアン・グッドラム陸軍予備兵は、医療スタッフが解放を指示しているにも関わらず、鍵付きの精神科病棟に閉じ込められていた。彼が解放された際には・・・:
  • a...陸軍は謝罪した。
  • b...陸軍は彼を仕事に復帰させた。
  • c...陸軍は彼に6,000ドル余りを請求した。
  • d...陸軍は彼に一か月分のゾロフト(抗うつ剤)を処方した。
正解:c
「会計記録によると、陸軍は、(ジュリアン氏を2週間拘禁した後に)ワシントンのウォルターリード陸軍医療センター(訳注:拘禁された病院)の入院費用である6,000ドルを請求した」(元記事

<問>ニック・バーグ事件(訳注:イラクで活動していた民間人ニック・バーグ氏が、アブグレイブ刑務所事件の報復として、首を切断され処刑されたとされる映像がネットで公開された事件)の時系列順記録の矛盾点を調べていて、シドニー・モーニング・ヘラルド紙は、5月11日に撮影されたという「首切り処刑映像」はとりわけ奇妙だと結論付けた。その理由は・・・:
  • a...5月11日はイスラム教の安息日であった。
  • b...ニック・バーグの首を切られた死体は5月8日に発見されていた。
  • c...テロリストは11日にはすでに撃たれていた。
  • d...映像ファイルはハリウッドからアップロードされていた。
正解:b
「バグダッドの道路沿いに遺棄されていたバーグ氏の首無し死体が発見されたのは5月8日の土曜日、映像の中でアル・ザルカウィという名前と共に表示されている日付は5月11日・・・」(元記事

<問>:最新の記者会見で、ブッシュ大統領は「(アフマド・チャラビとは)一般教書演説の際に会っただけ」と語り、それ以上の話し合いの機会はなかったとしている。しかし、2月のテレビインタビューで、番組ホストのティム・ラセールにブッシュ大統領自身が語ったところによれば、チャラビ氏は・・・:
  • a...「オーバルオフィス(訳注:ホワイトハウスの大統領執務室)で、大統領と共にイラクの憲法について話し合った。」
  • b...「偶然にも何百万ドルもの米国民の税金を受け取った。」
  • c...「一般教書演説の最中に偶然にもローラ・ブッシュの後ろに座った。」
  • d...「黒ベレー帽をかぶっているところを、写真に撮影された」
正解:a
2004年2月13日付けのNBC放送「MEET THE PRESS WITH TIM RUSSERT」インタビュー記録で確認できる。

<問>:ロイター通信によれば、「ジョージ・W・ブッシュとジョン・ポール(ローマ法王)が、バチカンで平和について会談している最中、同行した米軍補佐官が手に提げていた分厚くて黒いアタッシュケースには、ある行動のために米国大統領が必要とするコードが内蔵されている。そのコードとは・・・:
  • a...「核戦争を開始するためのもの」
  • b...「ディック・チェイニーと連絡するためのもの」
  • c...「自由勲章の箱を開錠するためのもの」
  • d...「ホワイトハウスの電子メールにアクセスするためのもの」

「デモクラシーナウ!」のインタビューの際、CIAのベテラン、レイ・マクガバン氏の談話によれば、「(私は)これまでの(現ブッシュ政権の)3年半よりも、これからのほうがもっと怖い、というのは、ブッシュ政権は」・・・:
  • a...「シリアに侵攻するかもしれないから」
  • b...「イランに侵攻するかもしれないから」
  • c...「大量破壊兵器の発見に失敗するだろうから」
  • d...「大統領任期を4年間延長するために、超法規的な手段に訴えるべく何かをするつもりだから」
正解:d
デモクラシーナウ!の2004年6月3日付け放送分「ジョージ・テネット辞任特集」での談話。

<問>:2003年4月、ポール・クルーグマンはイラク戦争について調べていた時に「なにか奇妙なことが起こったにちがいない」と感じ、MSNBCのウェブサイトに掲載された「ホワイトハウス:ブッシュ、イラクについて虚偽の報告をする」というニュースが、数時間で削除されたことを指摘した
ニック・バーグ事件が報道され始めると、リンダ・S・ハードは、「ニック・バーグはイラクに滞在している時はアラビア語に苦労し、夜はアブ・グレイブで働いていた・・・」というMSNBCのニュースを見つけた。しかし、直後にMSNBCは・・・:
  • a...ニック・バーグとイラクに関する全ての情報を説明なしに削除した。
  • b...アブ・グレイブに関する部分を説明なしに削除した。
  • c...ニック・バーグがCIAエージェントであることをほのめかした。
  • d...ニック・バーグはアラビア語に堪能であると訂正した。
正解:b

「An MSNBC report read: "During his (Berg's) time in Iraq, he struggled with the Arabic language and worked at night on a tower at Abu Ghraib, a site of repeated attacks on US convoys and the location of the notorious prison where US soldiers abused Iraqi inmates". For some reason, MSNBC later removed this reference to Abu Ghraib from its article without explaining why.」
リンダ・S・ハードのブログ「Linda S. Heard: Conspiracy theories surround Berg 」より。

<問>:AP通信の報道によると、「アメリカ人が合衆国国内の燃料価格の記録的な高値に支払いを渋っている時、イラク人は1ガロンあたり5セントでガソリンを買うことが出来る」これは以下の事情のおかげである・・・:
  • a...「ついにイラク人は自分達の石油を管理することができるようになった」
  • b...「石油食料交換計画により、復興は順調である」
  • c...「アメリカ人の税金が何百万ドルも肩代わりされている結果である」
  • d...「イラクの給油所が“金曜日は5セント”セールを実行したおかげである」

<問>:USAトゥデイの記事によれば、14ヶ国調査(ベルギー、中国、コロンビア、フランス、ドイツ、イタリア、日本、レバノン、メキシコ、オランダ、ナイジェリア、スペイン、ウクライナ、アメリカ合衆国)において、アメリカ合衆国が最も高い数値を示したのは
  • a...識字率
  • b...離婚率
  • c...精神疾患率
  • d...自動車泥棒
正解:c
「不安障害とうつ病を含めた精神疾患は、発展途上国と先進国における共通課題だが、14ヶ国のうち、精神疾患率が最大なのはアメリカ合衆国であることが調査で判明した」(元記事

« グレッグ・パラスト、レーガンの死に贈る強烈コラム | トップページ | 「大脱走」by クレイグ・アンガー »

リベラルコンテンツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/737114

この記事へのトラックバック一覧です: クイズで考える奇妙な世界:

» 【米国批判・靖国】キリスト教原理主義は、米国の過失と『死の商人』を正当化するもの [改善案まにあ]
エバンジェリカルやキリスト教原理主義について、主に米国人の潜在的罪悪感および潜在的不安感を合理化し、自己正当化を図る装置として、機能しているのではないかと考察す... [続きを読む]

« グレッグ・パラスト、レーガンの死に贈る強烈コラム | トップページ | 「大脱走」by クレイグ・アンガー »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31