カテゴリー

アクセスの多い記事

« 「大脱走」by クレイグ・アンガー | トップページ | マイケル・ムーア、次回作のターゲットは英ブレア首相? »

2004/06/11

ラムズフェルド妻、ベッドで夫に「ビン・ラディンは何処?」

英BBC2004/06/04付け記事より。

シンガポールで、米艦船エセックス艦の乗組員達を前に、ラムズフェルド米国防長官がスピーチで意外なノロケ話を披露した。

「朝、ベッドルームから出ると、妻が寝返りながら言うんだ。“UBL(ウサマ・ビン・ラディン)は何処?”」
("When I walk out of the bedroom in the morning, my wife frequently rolls over and says, 'Where's UBL?'" he said, referring to the spelling "Usama".)


世界の批判を無視することに慣れているラムズフェルド氏も、妻の声だけは耳に届くようである。国防長官は真面目にウサマ・ビン・ラディンを追跡するつもりなのだろうか?以下に発言を引用してみよう。
「奴(ビン・ラディン)はプレッシャーを感じているだろう。しかし、彼が何処にいるか、我々は知らない。もし知っていたとしたら、捕まえに出かけるだろう。(しかし)彼が見つかるまでは、彼は捕まっていないのだ。」
("He is under pressure, but where he is, we don't know. If we knew, we would go find him. [But] until he's caught, he's not caught." )

「彼(ビン・ラディン)を見つける唯一の方法は、関係者に十分なプレッシャーを与えて、彼が隠れている場所を知りうる人物について知っている人物が何処に居るかについて誰が掴んでいるかを見つけることである。」
("The only way we ever found him is finally somebody put enough pressure on enough people to find out that somebody had an idea where somebody might know somebody who might know somebody who would know where he might have been," )

相変わらず人を馬鹿にしたスピーチだ。ところで、米国防長官が愚かな言葉遊びで失笑されている間に、追われているはずのウサマは新たな資金を調達できそうである。ドバイで計画中の、世界一背が高いビル建設業務を受注したのは、ビン・ラディン建設グループであった。

一方で米国防総省は、職員用に購入したまま未使用だった航空チケット代金の支払いで約1億ドルを無駄にしたという

おそらくラムズフェルド国防長官は、防衛予算を無駄遣いしている悪者達の捜査(もしくは隠蔽)で忙しいので、駐留軍の装備やビン・ラディンの行方やイラクの刑務所の管理など構っていられないのだろう。

ビン・ラディンとラムズフェルド。テロとの闘いにスコアがあるとしたら、リードしているのは・・・

« 「大脱走」by クレイグ・アンガー | トップページ | マイケル・ムーア、次回作のターゲットは英ブレア首相? »

ネオコンチームの秘密」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/748517

この記事へのトラックバック一覧です: ラムズフェルド妻、ベッドで夫に「ビン・ラディンは何処?」:

« 「大脱走」by クレイグ・アンガー | トップページ | マイケル・ムーア、次回作のターゲットは英ブレア首相? »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31