カテゴリー

アクセスの多い記事

« 「アッシュクロフトは史上最悪の司法長官」byポール・クルーグマン | トップページ | ビッグブラザーがアメリカ人を24時間監視する場所 »

2004/06/21

オライリー:「イラク人は原始人、爆撃しろ!」

Media Matters for America2004/06/18付け記事より。

イラクの連合国暫定当局が行った最新調査で、米軍を解放者として歓迎しているイラク国民はわずか2%で、55%のイラク国民が米駐留軍の早期撤退を望んでいるという結果に、おおいにご機嫌を損ねたビル・オライリー氏が、自分のラジオ番組で以下のような発言をしている。(2004年6月17日放送分)

オライリー:
「(イラク人全体の)たった2%しか米軍に感謝していないなんてことは・・・止めとこう。これはもうだめだ。無理だな。もうイラク国民なんかに全く敬意は感じないね。全く尊敬できない。思うんだが、連中は原始人だからな。それが理由だろう。

確かに連中は怖がっているんだ。連中は自由ってものを知らないからな。わかるね。もうイラク国民に敬意を払うなんて必要ないね。アメリカ人たちが民主主義的な社会を根付かせようとして死んでるってのに、2%の国民しか喜んでくれないんだ。そろそろもっと賢くなる時期だよ。

今回は大きな教訓になった。もうイスラム世界に我々が干渉するのは止めにしよう。我々に出来ることは、連中を爆撃して徹底的に痛めつけることだ。バルカンでやってやったように。徹底的に爆撃しろ。地上軍の展開はもうやめたほうがいい。連中の心をつかむなんてうまくいくはずがない。連中は原始人なんだから。(They're just people who are primitive)」


オライリー氏がどれだけの米国民の声を代弁しているかは定かではないが、米駐留軍がオライリー氏と同じ考え方をしているのは間違いなさそうだ。この発言が放送されてから2日後の6月19日、イラクのファルージャで駐留米軍による大規模な爆撃が再開された。米軍は「原始人」を狙ったつもりかもしれないが、そこで死んだのは普通のイラク人家族だったのである

オライリー氏の言う「原始人」も、司法長官のいう「国際的テロリスト」も、オーバルオフィスを捜索すれば見つけることが出来るというのに・・・

« 「アッシュクロフトは史上最悪の司法長官」byポール・クルーグマン | トップページ | ビッグブラザーがアメリカ人を24時間監視する場所 »

イラク戦争」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/810119

この記事へのトラックバック一覧です: オライリー:「イラク人は原始人、爆撃しろ!」:

« 「アッシュクロフトは史上最悪の司法長官」byポール・クルーグマン | トップページ | ビッグブラザーがアメリカ人を24時間監視する場所 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31