カテゴリー

アクセスの多い記事

« 移民、市民権、戦争・・・アメリカ。 | トップページ | 「I Love You, Madame Librarian」byカート・ヴォネガット »

2004/08/09

サウジ王家からローラ・ブッシュに1千万円を超える宝石の贈り物

Knight-Ridder紙2004/08/05付記事より。(Common Dreams 転載)以下に記事を要約。



サウジアラビア王家のアブダラ王子が、ブッシュ家族に多額の贈り物をしていることが判明した。

2003年度に、アブダラ王子からブッシュ家族に贈られたプレゼント(宝石その他)の総額は12万7,600ドル(約1,409万9,800円)。この中には、ファーストレディのローラ・ブッシュ宛てに贈られた、ダイヤとサファイアをちりばめた宝石セット(時価95.500ドル/1,055万2,750円)が含まれている。

合衆国の連邦法では、海外政府から連邦政府職員に贈られるプレゼントは全て報告が義務付けられており、大統領、副大統領とその家族は、285ドルを超えるプレゼントに関しては所有を禁止されている。(連邦の所有とされる)

記録によれば、上記のほかにもアブダラ王子は、ダイヤモンドと白金をあしらったイタリア・ブルガリ製の宝石を2セットと、「金銀メッキが大胆にあしらわれた」8,500ドルの置時計を、ブッシュ家に贈っているという。

また、アブダラ王子は、ブッシュ政権の重鎮アンドリュー・カード主席補佐官とライス補佐官にそれぞれ1,500ドル相当の装飾付き短剣、パウエル国務長官にも1,500ドル相当の銀製ミニ短剣、ラムズフェルド国防長官には700ドル相当の小さな金の馬の置物を贈っている。

単品として2番目に高額なプレゼントは、ロシアのプーチン大統領からブッシュ大統領に宛てたもので、赤いベルベットと宝石をちりばめた表紙の、水彩で描かれた43人の合衆国大統領の肖像画本で、45,000ドル相当とのこと。(過去の大統領を思い出せというわけだ。プーチンらしい皮肉に満ちた贈り物である)

ペン、時計、祝いの衣装から絵画まで、各国要人からブッシュ大統領へ贈られたプレゼントは大小様々であり、小さな美術館ができそうな勢いであるという。アフガニスタンのカルザイ大統領からはアフガン風ラグ(4,500ドル相当)、アルゼンチン共和国のネストル・カルロス・キルチネル大統領からは300パウンド(約135キログラム)のラム肉(1,500ドル相当)、フランスのシラク大統領からは、クリスチャン・ディオール製のコロン、アフターシェイブローション、石鹸のセット(133ドル相当)を含め、総額1,900ドル分のプレゼントがブッシュ大統領宛てに贈られている。

1972年には、戦略兵器制限交渉記念として、ニクソン大統領が旧ソ連のブレジネフ書記長に、キャディラック・エルドラドを、1996年には、クリントン大統領がフランスのシラク大統領にテレプロンプター(スピーチを表示する装置)を贈っている。クリントン大統領は、辞任の際にホワイトハウスに19万ドル分のプレゼントを保管していることが発覚し批判を浴びた。最終的にクリントンは8万6,000ドル分の贈り物を自費で買い取った。

« 移民、市民権、戦争・・・アメリカ。 | トップページ | 「I Love You, Madame Librarian」byカート・ヴォネガット »

ブッシュファミリーの秘密」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/1147347

この記事へのトラックバック一覧です: サウジ王家からローラ・ブッシュに1千万円を超える宝石の贈り物:

« 移民、市民権、戦争・・・アメリカ。 | トップページ | 「I Love You, Madame Librarian」byカート・ヴォネガット »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31