« 戦争アクションゲームで若者の入隊を促進するアメリカ陸軍 | トップページ | 「ジョニーはいい奴だったか?」byグレッグ・パラスト »

2004/08/01

7月のサプライズ:パキスタンが予定どおりアルカイダ幹部を拘束

デモクラシーナウ2004年7月30日付ニュースより。

前もって予告されていたとおりパキスタン政府がアルカイダ幹部を拘束というニュースが世界を駆け巡った。拘束されたのは、ケニアとタンザニアの米大使館同時爆破事件(98年)の主犯とみられる人物、アフメド・ハルファン・ガイラニで、FBIの掲げる22人の国際指名手配テロリスト中、最重要人物の1人として、ビン・ラディンと同じ額の2,500万ドルの賞金がかけられていた。

アフメド・ハルファン・ガイラニの拘束が発表されたタイミングは、民主党大会でジョン・ケリーが指名受諾演説を始める数時間前。しかし同容疑者が実際にパキスタン現地で拘束されたのは公式発表の4日前というから、ホワイトハウスの注文どおりの演出が行われた可能性は高い。ビン・ラディンが拘束されなかったのは、「お楽しみはこれから」というパキスタン軍事情報部の巧みな交渉術によるものかもしれない。

こうなると、いよいよ今年のオクトーバーサプライズの噂が現実味を帯びてくる。すでに11月の大統領選挙時に大規模テロが発生する可能性があると予告し、選挙の延期手順を模索しているブッシュ政権。ワシントンポスト紙の7月14日の調査では、米国民の55%がブッシュ政権のテロリズム対策を支持し、51%がテロ対策に関してケリーよりもブッシュを信用しているというから、10月にテロが発生すればブッシュ政権再選に有利に働くことだろう。

« 戦争アクションゲームで若者の入隊を促進するアメリカ陸軍 | トップページ | 「ジョニーはいい奴だったか?」byグレッグ・パラスト »

トラックバック

« 戦争アクションゲームで若者の入隊を促進するアメリカ陸軍 | トップページ | 「ジョニーはいい奴だったか?」byグレッグ・パラスト »