カテゴリー

アクセスの多い記事

« 「ジョニーはいい奴だったか?」byグレッグ・パラスト | トップページ | 恐怖による統治:3年前の情報で今頃厳戒態勢のニューヨーク »

2004/08/03

フロリダ女性の臨終の言葉:「ブッシュを倒せ!」

Local10.com2004/07/30付記事より。記事を以下に翻訳しました。



フロリダ州マイアミビーチ:南フロリダの女性が、死の直前に異例の言葉を残した。花束やチャリティへの寄付を望む代わりに、彼女は残された家族に、ブッシュが絶対に再選されないように尽力して欲しいと言い残したのだ。

遺族の話では、ジョアン・アベイは死に際しても自身の政治的情熱に全力を投じたという。

アベイはカナダ・モントリオール出身だが、マイアミビーチとアベンチュラに長く住んでいた。葬式には、遠くカナダからカリフォルニアに及ぶ家族と友人が列席し、マウント・ネボ・ユダヤ共同墓地にジョアンは埋葬された。

アベイは生涯を通して民主党支持者だった。彼女が死亡したのは月曜日で、偶然にも民主党全国大会の初日だった。

彼女の妹、ティリー・シャピロは言う。「彼女は気配りの人だった・・・いつも恵まれない人々のことを気にかけていました」

民主党全国大会が終了した次の日、アベイは埋葬された。彼女のただならぬ臨終の言葉はマイアミ・ヘラルド紙に掲載された。「ジョアンさんの価値感に敬意を表するため、ジョージ・ブッシュに反対票を投じれば、自由主義もしくは民主主義に貢献することができます」

アベイの甥、マーティン・シャピロは言う。「彼女がもっとも気にかけていたことは、この国の状況を改善することでした。ジョージ・ブッシュを排除して全ての人々のためにより良い国を作ることです」

偶然にも、臨終の席に居合わせたラビであるブレット・ゴールドスタインは、民主党員でありながらブッシュに投票するつもりでいたという。アベイの臨終の言葉について、彼は疑問を呈している。

「私の主張としては、極めて神聖な状況においては、政治的な波及力というものをなくすべきだとは思います」ゴールドスタイン氏は言う。「しかしながら、誰にでも機会は与えられているので、望みどおりのことを行えば良いでしょう。今この場所では適切ではありませんが」

シャピロは言う。「(臨終の言葉は)彼女の本心だったんです。彼女の核となる価値感は、この国がもっと良い場所になり、もっと公正な社会を実現することでした。まさしく彼女が最期に残したかった言葉なのでしょう」

アベイは自身の年齢について知られることを望まなかったという。友人たちの話では、彼女は精神的には永遠の若さを保ち、信念を断固として貫き通したという。


« 「ジョニーはいい奴だったか?」byグレッグ・パラスト | トップページ | 恐怖による統治:3年前の情報で今頃厳戒態勢のニューヨーク »

反ブッシュ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/1109948

この記事へのトラックバック一覧です: フロリダ女性の臨終の言葉:「ブッシュを倒せ!」:

» ブッシュ先生が教えてくれる10の法則 [GO GO MONKEY]
最近、よく読む時計草さんのサイトに『人間関係で役にたたない10の方法』という記事があった。 [続きを読む]

« 「ジョニーはいい奴だったか?」byグレッグ・パラスト | トップページ | 恐怖による統治:3年前の情報で今頃厳戒態勢のニューヨーク »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31