カテゴリー

アクセスの多い記事

« ブッシュ版「民主主義」が子供達を殺す | トップページ | 劣化ウラン弾が生んだ最も幼い犠牲者 »

2004/09/29

イギリス:或る父親の怒り

デイリーテレグラフ紙2004/09/29付け記事より。

労働党の年次党大会が行われたイギリスのブレイトンで、ブレア英首相のスピーチの直前に、イラクで死亡した英兵士の父親が、党大会会場傍の海岸の鉄塔に登り、ブレア首相の謝罪を要求する抗議活動を行った。

鉄塔から首吊り自殺の準備をして抗議する父親
北ウェールズ出身のレジナルド・キーズ氏(52歳)は首にロープを巻いてブレア首相を糾弾した:
「息子を送り出した時、彼は胸を張って戦場に向かった。自分の国を守るためと信じていたからだ。しかしブレアは、国家にも、私にも、息子にも嘘をついた。大量破壊兵器はどこにも見つからない。首相は石油のために我々を戦争に巻き込んだ。私は彼に謝罪させたいのだ

キーズ氏の息子トーマス・リチャード・キーズは憲兵としてイラクのバスラ北方の街の警察署に勤務中、待ち伏せ攻撃を受けて死亡した。

「息子は31ヶ所に銃弾を受けて死んだ・・・トニー・ブレアの嘘のために」

警官の説得に応じて鉄塔を降りたキーズ氏は病院に搬送され、後に退院したという。

警官達に慰められるキーズ氏

警官達に慰められるキーズ氏

« ブッシュ版「民主主義」が子供達を殺す | トップページ | 劣化ウラン弾が生んだ最も幼い犠牲者 »

イギリス政府の犯罪」カテゴリの記事

イラク戦争」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/1552502

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス:或る父親の怒り:

« ブッシュ版「民主主義」が子供達を殺す | トップページ | 劣化ウラン弾が生んだ最も幼い犠牲者 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31