カテゴリー

アクセスの多い記事

« 米大統領選ディベート第1ラウンド:調査と、CNN・FOXと、コケたボブ・ノヴァック | トップページ | アフガニスタンの危機:事実と統計 »

2004/10/04

ギャラップ社の共和党寄り調査手法に批判続出

ad in the New York Times, questioning Gallup's poll numbers

MoveOn.orgがニューヨークタイムズ紙2004/09/28版に掲載した全面広告。「ギャラップ、右に走る」

ディベート後の調査でも活躍しているが、米国で最も影響力のある世論調査企業ギャラップ社の大統領候補支持率調査において、共和党に有利に働く調査手法をとっている事実が判明し、問題になっている。

ギャラップ社が9月13-15日にかけて行った支持率調査では、ブッシュ支持が55%、ケリー支持が42%という大差がついていたが、この調査の回答者757人の内訳は、共和党支持者が305人(40%)、民主党支持者が253人(33%)、無党派が208人(28%)というわけで、とても正当な調査とはいえないというのが主な批判理由である。

リベラル系団体ムーブオンは、ニューヨークタイムズ紙に全面意見広告を掲載して、ギャラップ社を批判しているが、今のところ同社は批判を無視しているようだ

« 米大統領選ディベート第1ラウンド:調査と、CNN・FOXと、コケたボブ・ノヴァック | トップページ | アフガニスタンの危機:事実と統計 »

選挙」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/1588580

この記事へのトラックバック一覧です: ギャラップ社の共和党寄り調査手法に批判続出:

» 大統領選 [55.gs(GOGO.GOS)]
暗いニュースリンク: ギャラップ社の共和党寄り調査手法に批判続出 米国で最... [続きを読む]

» 【離脱】David Goodman , MotherJones.com(2004/10/11) [反戦翻訳団−Antiwar Translation Brigade−]
原文:Breaking Ranks 翻訳:203号系統 イラク戦争に異議の声を挙げる米兵が続々と増えている――そしてその内の何名かは、戦うことも拒絶している。 [続きを読む]

« 米大統領選ディベート第1ラウンド:調査と、CNN・FOXと、コケたボブ・ノヴァック | トップページ | アフガニスタンの危機:事実と統計 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31