カテゴリー

アクセスの多い記事

« Video The Vote:カメラが捉えたオハイオの投票妨害 | トップページ | ロサンゼルスの反戦市民デモに「偶然」戦車が乱入 »

2004/11/11

「不正投票(Voter Fraud)」と政府不信

「イギリスの選挙では、投票を数えてから、勝利者を発表する。
しかしフロリダでは、まず勝利者を発表して、その後で投票を数えるわけです。」

---グレッグ・パラスト記者、英BBC放送番組「2000年大統領選挙:フロリダで何が起こったか?」より(ビデオ

不正投票(Voter Fraud)
BlackBoxVoting.org(DOS攻撃により休止中)DemocraticUnderground.comから始まった2004年大統領選挙疑惑は、不正投票(Voter Fraud)をキーワードに、米国内に論争を巻き起こしはじめ、有権者達は路上で騒ぎはじめている。疑惑を耳にした下院議員達は、すでに会計検査院に今回の大統領選挙の調査を依頼した

メインストリームメディアもこの疑惑を様々な形で取材・報道し始めている。MSNBCのキース・オーバマン(Keith Oberman)は自身のテレビ番組「カウントダウン」で「不正の可能性はある」と特別レポートを披露した。(ビデオはこちら

一方でABC放送は「小さなトラブルはあったが大きな問題はない」と大統領選挙を総括、出口調査と実際の票の異常な差については、大手シンクタンク「エンタープライズ公共政策研究所(American Enterprise Institute:AEI)」アナリストのふざけたコメント(AEIアナリスト曰く:“出口調査の結果と実際の投票結果では、実際の数字を信頼すべきだ”)と共に出口調査の信頼性を否定し、不正疑惑についてはネット上に広がるありがちな陰謀説とまとめている(エンタープライズ公共政策研究所が、ディック・チェイニーやリチャード・パールなどネオコン陣営を輩出してきた事実について、ABC放送には言及する時間がなかったらしい)

ところで、今年の選挙は「大きなトラブルもなく進行した」という大手メディアの言い分は正しいのだろうか

例えば、雨の中、有権者が何時間も行列を作った件や、電子投票システムのトラブル報告が千件以上もあったという事実、デンマーク他ヨーロッパから来た選挙監視団がオハイオ、フロリダなど決戦州で見学を拒否された件(ヨーロッパの人々は“先進国”アメリカの選挙システムに懸念を表明している。監視団の話によればアメリカの選挙は「カザフスタンより密室的で、電子投票機はベネズエラよりもトラブル対策が未熟」らしく、第三者の監視を迎える米国当局者の対応について「セルビア選挙監視のほうがはるかに簡単だった」と語っている、例年どおり投票所前で嫌がらせをされた大勢のマイノリティ有権者の件は?これらは充分に大きなトラブルではなかったのか?

日米大手メディアは、同業他社の報道に気をとられて、眼前の大きなトラブルからひたすら目を逸らしていたのではないか。

ブッシュ再選に拡大する不安
ハーバード大では選挙翌日から「ブッシュが国をまたしても盗んだ」と抗議活動が始まったコロラドの高校ではブッシュ再選に怒り狂った生徒が校内を占拠した。サンフランシスコでは選挙翌日におよそ2,000人がブッシュ再選に抗議し、57人が逮捕された。シアトルでは・・・まあ、数えたらキリがない。

「カナダにアメリカから移住希望者が殺到」というニュースに慌てたアメリカ人は、親切なカナダ人ボランティアの申し出も聞かずに、ニュージーランドに殺到しているカリフォルニアの大学新聞は「カリフォルニアは合衆国からの離脱を検討すべき」と主張する(それより先に州知事をクビにしたらいい)。ハリウッドの大御所ロバート・レッドフォードは、「イギリス・・・いやアイルランドがいいかな」とあっさり移住プランを吐露している

これら騒動の根底に見えるのは、ブッシュ政権への不安に加えて、「アメリカでは今後も正常な選挙は行われないのではないか」という漠然とした不信感である。そうした不信を解くためには、(レッシグ教授の言うように)、投票エラーや出口調査データ乖離の原因についてキチンと調査するべきなのだ。そして、全ての投票(廃棄票も含めて)を数える。公正で円滑な選挙のために、実施手順を連邦法で統一する。こんな簡単なことも実行できないとしたら、誰だってもっと民主的な諸外国に逃げ出したくなるだろう。

つい数年前に、合衆国議会は、クリントン大統領の私生活と、研修生の着ていた服に関する馬鹿げた調査7,000万ドル(約74億円)も費やしたのである。公民権のためにはさらに莫大な予算と手間をかけるのは当然ではないか。それとも、投票をカウントしたら困るような秘密があるのだろうか。

「投票した者が決定できる事など何もない。投票を数える者が全てを決定するのだ。」
"Those who cast the votes decide nothing. Those who count the votes decide everything."

---ロシア独裁者:ヨシフ・スターリン

« Video The Vote:カメラが捉えたオハイオの投票妨害 | トップページ | ロサンゼルスの反戦市民デモに「偶然」戦車が乱入 »

選挙」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/1927579

この記事へのトラックバック一覧です: 「不正投票(Voter Fraud)」と政府不信:

» 大統領選挙やっぱり何かあったのか [有念有想]
ことしは夏まえから、国内あちこちで妙な殺人事件がつづくは、台風があいついで押しよせるは、大地震がくるは、海のむこうでは大統領選挙があるは、イラク戦争に終息の気配... [続きを読む]

» disillusion [-- distance --]
幻滅 [続きを読む]

« Video The Vote:カメラが捉えたオハイオの投票妨害 | トップページ | ロサンゼルスの反戦市民デモに「偶然」戦車が乱入 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31