カテゴリー

アクセスの多い記事

« イラク戦死兵と911テロ被害者の遺族、ファルージャ難民に人道支援提供 | トップページ | NYタイムズ紙社説「我が国がケチ?イエス。」 »

2004/12/29

アメリカで急増:中流クラスから食料補助受給者へ

ウェストバージニア州の地域新聞The Dominion Post紙2004/12/27付け記事より。以下に全文を翻訳して掲載。



急増傾向:ミドルクラスからフードスタンプへ(An increasing trend:From middle class to food stamps)

Dominion Post Newspaper on December 27, 2004

アトランタ育ちのリサ・グレイは、フードスタンプ(食糧補助制度)について全く知識がなかった。時折家族で食料配布所に出かけることはあったが、それは寄付をするためであって、食料補助を受けるためではなかった。

彼女も、彼女の母も、父も兄も、航空技術者である父親の給料だけで暮らしていけたのである。

しかしながら、最近では、3人の子を抱える母親として仕事を持つグレイは、過去4年のうちに急増した人々---フードスタンプと食料配布所に依存する何百万人ものアメリカ家庭の一例となっている。

2000年から、グレイ以外にも、新たに600万人以上のアメリカ人が、テーブルに食事を並べることがしばしば困難な生活クラスに加わっている。

アメリカ国内の食料補助受給者は、7年連続の減少の後に続く2000年からの4年間で、約39%も増加していることが、連邦統計局の報告で判明している。ハワイを除くほぼ全ての州で、その影響をみることができる。州別の食糧補助受給の増加数は、アリゾナ州で104%、ネバダ州で97%、オレゴン州は79%、サウスカロライナ州は68%、ミズーリ州は65%と、いずれの州も急増している。訳注

急増した理由の一部には、各州で食糧補助受給資格者への配給促進努力と、福祉制度改革時に資格を喪失していた人々が再び受給を認められたということもある。しかし、社会福祉指導員の話によると、受給者急増の主な理由は、実際に補助制度なしには食事を確保できないアメリカ人が増加していることにあるという。

「需要が急増しているのは明らかです」イリノイ州社会福祉局長のキャロル・アダムズは言う。イリノイ州の食料補助受給者は、2000年から31%増加している。

一方で、国内の食糧貯蔵組織と食料配布所では、飢えた家族達の需要を満たすことが困難になりつつあるという。

「一日のうちにやって来る全ての人に食料を配給するには、時間が足りないのです」デンバーの食料配布組織、メトロ・ケアリングのジョン・ホルマー事務局長は話している。

(訳注)

記事中に登場した各州の月間平均食料補助受給者の実数(人)
州名 2000年度2004年度
アリゾナ259,006529,559
ネバダ60,905120,275
オレゴン234,387419,736
サウスカロライナ295,335497,218
ミズーリ423,320699,616

ちなみに全米でもっとも食料補助受給者の多い州は、ブッシュの地元テキサス州(2,258,951人)となっている。(source:米農務省食品栄養サービス:フードスタンププログラム利用者統計ページ

« イラク戦死兵と911テロ被害者の遺族、ファルージャ難民に人道支援提供 | トップページ | NYタイムズ紙社説「我が国がケチ?イエス。」 »

貧困・飢餓大国アメリカ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/2404407

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカで急増:中流クラスから食料補助受給者へ:

» 「嘘つき大統領のアブない最終目標」 [冬枯れの街]
「大衆的狂気のドラマは特にそれを離れた立場から見る場合とても面白い。それぞれの投機のエピソードがいつも決まって同じような形で終わるということを知った時、それ見た... [続きを読む]

« イラク戦死兵と911テロ被害者の遺族、ファルージャ難民に人道支援提供 | トップページ | NYタイムズ紙社説「我が国がケチ?イエス。」 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31