カテゴリー

アクセスの多い記事

« 大リーガーの静かなる抗議 | トップページ | ブッシュの2006年度予算案:中産階級には増税 »

2005/02/07

アメリカ:個人破産の半数は高額な医療費が原因

介護地獄アメリカ

米国医療問題に関する参考書籍:介護地獄アメリカ―自己責任追求の果てに(著:大津 和夫、日本評論社)

ロイター通信2005/02/02付け記事より。以下に全文を翻訳。健康保険加入が基本である日本人にとっては驚きのニュース。

個人破産の半数は医療費が原因(Half of Bankruptcy Due to Medical Bills -- U.S. Study)

By マギー・フォックス、医療科学専任記者:ロイター通信2005/02/02付け記事

米国内で破産した人のおよそ半数が、医療費の高騰が原因で破産しており、病気のために自己破産に陥った人々の大半は中産階級で医療保険加入者であることが調査で判明した。

Health Affairs誌上で発表された研究によれば、医療費が原因による自己破産により、債務者や、約70万人の児童を含む扶養家族など、毎年約200万人の米国民が影響を受けていると見積もられている。

「研究結果は恐ろしいものでした。ビル・ゲイツでもない限り、誰でも深刻な病気にかかったりしたら破産しかねない」研究を指揮したハーバード・メディカル・スクールのデビッド・ヒメルスタイン医師は語る。

「医療費が原因で破産した人のほとんどは、たまたま病気になった平均的アメリカ人でした。医療保険はほとんど役に立たなかったのです」

調査担当者達は、カリフォルニア州、イリノイ州、ペンシルベニア州、テネシー州、テキサス州の裁判所で、931人の個人破産記録を入手する許可を得た。

「調査対象のおよそ半数が医療費を破産原因として挙げており、全米で190万から220万人(破産者とその扶養家族)が医療費破産を経験していると推定される」と研究者達は指摘している。

「病気から自己破産に陥る者のうち、病気になってからの個人負担費用平均額は1万1,854ドルであり、病気に罹患した際に保険に加入していた者は75.7%だった」

調査対象となった破産者は、医療保険に加入している場合、平均して1万3,460ドルを患者負担費用、免責費用、保険対象外サービス費用に支払っている。保険未加入者は平均して1万893ドルを自己負担費用として支払っている。

「医療保険に加入する中産階級の家族でさえ、病気にかかれば、しばしば経済的災難へ陥ることになる」調査担当者は報告する。

破産の専門家によれば、それらの数値は聞きなれたものであるという。

「1982年から1989年に、私は南カリフォルニアで申請された自己破産について調べましたが、その結果自己破産には大きく二つの原因があるという結論に達しました。医療費と離婚です」コロンビアを拠点とするネルソン・マリンズ・リレイ&スカボロー法律事務所の弁護士ジョージ・コーセン氏は説明する。

「南カリフォルニアの自己破産のうち、その二つがそれぞれ1/3づつを占めています」

コーセン氏の話では、クレジットカード破産は破産者全体のわずか1%以下とのことである。「あれは本当に神話なのです」電話インタビューに彼は答えた。

自己破産者のうち中産階級家庭が多数を占めるとの報告を聞いて、コーセン氏は驚くこともないと語った。

「通常は、何か守るものを持つ人々が自己破産を申請するのです」コーセン氏は言う。「本当の貧困者---路上で見かける人々には、救済策は一切ないのです」

ハーバード大学の助教授で全国民医療保険加入を訴える内科医のステフィー・ウールハンドラー医師は、研究結果が医療改革の必要性に繋がるとしている。

「保険未加入者を保護するだけでは不充分なのです。医療保険加入者に対しても、継続的な保護が必要なのです」ウッドハンドラー医師は表明している。

彼女の話では、雇用側と政治家は、彼女の言うところの“必要最低限の、患者負担分や保険適用除外や例外だらけの、深刻な病気から自己破産へ直行させる医療プラン”を強要しているとのこと。

« 大リーガーの静かなる抗議 | トップページ | ブッシュの2006年度予算案:中産階級には増税 »

資本主義の暴走」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/2833178

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ:個人破産の半数は高額な医療費が原因:

» アメリカの保険システム [junction]
たまたま友達と保険のことに関して話していたら、この記事を見たので、少し考えてみました。 ほんとにアメリカの保険システムというものは、なんとかならないものな... [続きを読む]

» アメリカの自己破産事情 [さいとうくんのニュース速報!?]
アメリカで自己破産をした人の半数が医療費が原因という記事を見つけました。 医療保... [続きを読む]

» この国の医療保険 [everything takes forever]
昨日、"A Good Cause"という題名のメールがある同僚から社員全員に送られてきた。そのメールには彼の友達(ここではAさんとしましょう)が数年前自転車に乗... [続きを読む]

» 高額医療費での破産(米国) [Sukarabe's Easy Living]
米国では健康保険に入っていない人がけっこういる、という話はときどき聞くのだが、ち... [続きを読む]

» 米国の個人破産の半数は高額な医療費が原因 [ずるむけ突破]
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2005/02/post_3.html この時代の日本に生まれてきたことに感謝したい。建国記念日でもあるし。 あけてくれ日記 KU。 [続きを読む]

» ロイター通信「アメリカ:個人破産の半数は高額な医療費が原因」 [低気温のエクスタシーbyはなゆー]
米国内で破産した人のおよそ半数が、医療費の高騰が原因で破産しており、病気のために自己破産に陥った人々の大半は中産階級で医療保険加入者であることが調査で判明した。 [続きを読む]

» アメリカ:個人破産の半数は高額な医療費が原因 [薬より養生・・・一医者からの健康生活応援blog]
ロイター通信2005年2月2日 (少し古い記事のためロイター通信の記事はみられな [続きを読む]

» アメリカ:個人破産の半数は高額な医療費が原因 [薬より養生・・・一医者からの健康生活応援blog]
ロイター通信2005年2月2日 (少し古い記事のためロイター通信の記事はみられな [続きを読む]

» アメリカ:個人破産の半数は高額な医療費が原因 [薬より養生・・・一医者からの健康生活応援blog]
ロイター通信2005年2月2日 (少し古い記事のためロイター通信の記事はみられな [続きを読む]

» [民主主義の危機]シリーズ「民主主義のガバナンス」を考える(4/4) [toxandriaの日記]
第四章 議会制民主主義における「政党」の役割とは? (1)「政党のあり方」に関する問題点  既に第三章で見たとおり、近代民主主義国家における正しい統治のあり方は、その社会の内部で制度化されている多様な圧力団体のパワー(群雄割拠する政治権力)を「政党と選挙制度」を媒介としつつ国家レベルの統一的統治力として集約することだと考えられます。当然のことながら、それぞれ制度化されている多様な圧力団体を構成するものは、各種の経営者団体、業界団体、労働組合、消費者団体及びNGO等の様々な市民団体などです。一方... [続きを読む]

» 自己破産 [あめ男のブログ]
日本では多くの問題を抱えつつも、国民皆保険制度となっています。それに対しアメリカ [続きを読む]

» [債務整理]アメリカ:個人破産の半数は高額な医療費が原因 [戸田 泉の雑文]
アメリカの破産事情についての面白い記事を見つけました。 日本でも親の医療費の立て替え等は時々見ますが、割合はあまり多くないですね。 >> http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2005/02/post_3.html からの引用 個人破産の半数は医療費が原因(Half of Bankruptcy Due to Medical Bills -- U.S. Study) By マギー・フォックス、医療科学専任記者:ロイター通信2005... [続きを読む]

» [暴政]ニッポンについての暗い「二つの資料&データ」 [toxandriaの日記]
  ニッポン・サッカーが早々とドイツでのワールドカップ出場を決めたことは、我われ国民を久しぶりにとても明るい気分にさせてくれた嬉しいニュースです。   しかし、その同じニッポンは、下の「二つの資料&データ」(●)と<参考1〜4>(▲)で見るかぎり、非常に重篤な奇病に冒されつつあります。それにもかかわらず、国家の理念を見失ったニッポン政府と国会(国家統治の最高機関)の仕事ぶりは、余りにも明後日の方向を向きすぎているように思われてなりません。   そして、小泉首相は繰り返し『靖国神社参拝については... [続きを読む]

» とっても高いもの [- go -]
■アメリカ:個人破産の半数は高額な医療費が原因(暗いニュースリンク) 以前「ER」を頻繁に見てた時に、医師が気になる兆候を見つけて精密検査すると患者が「カネがかかるじゃない!」って激怒するシーンをみて不思議に思ってた。 あとでERヲタの知人の医師や10年ほど.... [続きを読む]

» 個人破産の半数は医療費が原因 [TB歓迎☆話の種(´━`)]
個人破産の半数は医療費が原因 [続きを読む]

» 米国の破産理由とは? [さすらいの新人編集者ブログ]
米国で最も多い破産理由のひとつは、クレジットカード破産でもなく、浪費がもとでの破産というわけでもなさそうです。それはなにかというと、「医療破産」だという。米国ではいま、日本のように国民皆保険制度になっていないし、貧困のために何の医療保険も加入していない...... [続きを読む]

» [戦争と平和]日米同盟のファイナル・ターゲットとは? [toxandriaの日記]
●日米同盟の本音と言えること、それは、新自由主義思想(市場原理主義)とグローバリズムの普及による「世界総市場化」というビッグビジネス・チャンスが、今、到来しているという認識です。しかし、これは原理主義的な幻想の世界認識、つまり狂ったリアリズム意識なのですが・・・。(この詳細については次のBlog記事を参照→http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20050525)そのために必要なのが「(1)構造改革、(2)民営化(市場の社会的深化)、(3)軍事ビジネスの展開」という三つの... [続きを読む]

» [暴政]日本政治の冷酷な現実・・・制限されつつある「生存権」 [toxandriaの日記]
●多くの日本国民は殆ど自覚しておりませんが、日本国憲法が保証しているはずの「生存権」の制限、又は廃止ということが小泉政権によって実行されています。下記URL(Blog記事★)で纏めた内容が、その具体的な姿です。なお、近年の自殺者数の増加傾向(下記URL◎、参照)がこの動向を象徴しているように思われます(未だ科学的な相関分析は行われていないようですが・・・)。 ●このグラフ(下記URL◎)を見ると、1995年以降に自殺者数が増え始め1998年以降は年間で3万人のラインまで急上昇しており、その実績が... [続きを読む]

» [民主主義の危機]シリーズ、『市民政治』の再生を考える[1] [toxandriaの日記]
【画像】Ambrogio Lorenzetti( ? -ca1348)『Allegoria del Gattivo Gererno(particolare)/善政の寓意』ca1338-1340 affresco、Palazzo Pubblico 、Siena (大きい画像は下記URLを参照)・・・シエナ市庁舎の壁画であり、この画像(部分)は「暴政」(暴君が支配する政治)の寓意を描いたものである。 http://www1.odn.ne.jp/rembrandt200306/friend.htm (... [続きを読む]

» 1億総半病人時代 [変見]
 厚労省は医療費を薬剤費の圧縮などで3000億円超抑制する具体案の検討に入ったという。  医療保険から給付する薬の公定価格(薬価)を市場実勢に合わせて薬価を頻繁に改定し、価格を機動的に反映させ引き下げる。この値下がり相当分(約3000億円)で薬剤費全体を圧縮し、医療費が高額になった患者の負担増も検討するという。難病患者も今は無料だらかと安心出来ない。  これらを来年度から始める医療制度改革の中で即効性のある抑制策と位置づけるというが、いかにもお役人的な発想で、国民を健康にして医療費を削減するという一... [続きを読む]

» アメリカの個人破産の半数は高額な医療費が原因なのだそうだ [こどものおいしゃさん日記 おおきくなりたいね]
暗いニュースリンク: アメリカ:個人破産の半数は高額な医療費が原因 米国内で破産した人のおよそ半数が、医療費の高騰が原因で破産しており、病気のために自己破産に陥った人々の大半は中産階級で医療保険加入者であることが調査で判明した。 とてもよくまとまった記事で読みふけってしまって、ついでにアマゾンで推薦図書まで買い込んでしまった。 日本の医者はダメだねえと米国の医療が引き合いに出されるたびに、仰るような医療にかかる高額な費用はどうやって捻出されるんだろうと不思議に思っていた。李啓充先生... [続きを読む]

» [民主主義の危機]シリーズ、『市民政治』の再生を考える[号外] [toxandriaの日記]
第一章 日本国民は、小泉首相のオレオレ解散で“眼眩ましの一発”を噛まされたのか?   我われ一般国民は、“この喧嘩は小泉氏の完勝だ!”の報道ばかりを真に受けて済むのだろうか? ここニ、三日のテレビ・新聞の政治面の内容は“この喧嘩(衆議院解散)は小泉氏の完勝だ!”というような解説と報道で埋め尽くされています(社説欄もふくめて)。「郵政法案に反対する人」は、国会議員に限らず一般国民(選挙民)も“人でなしだ、そんな奴はマトモな人間ではない”というムードが漂っています。このような意味での(ここで書くよう... [続きを読む]

» 医療費による破産。 [ふか&もけ]
アメリカの個人破産の半数は高額な医療費が原因なのだそうだ  なんとも。  元記事の方にはカードの使いすぎによる破産は実は自己破産の1%に過ぎないとも書かれている。  なんだかんだいいつつも日本の医療システムは良くできているのだろうなぁ。セイフティ・ネットとして。  アメリカナイズしていこうとすればいいものではないのだ。      ... [続きを読む]

» [暴政]「小泉劇場・亡国のリフォーム」の第二幕は『国民皆保険』(原則)の放棄か? [toxandriaの日記]
  以前から、時々テレビの画面を流れる「閣議風景」が、極道(任侠道)の親分(及び子親分)方の集会の光景とソックリであることが気がかりでした。得たいが知れぬ鵺(ヌエ)のように不気味なご面相の内閣総理大臣を中心に悪形相の閣僚ご一同様がズラーッと居並ぶ“恐ろしげな異空間・キャビネットの映像”は、極道たちの集会風景とまったくソックリです。 そして、ここ数ヶ月、その中心に居座る内閣総理大臣の形相には、日毎に“ペテン師”か“詐欺師”のような空気が漂い始めています。 <注>このような光景(暴君が支配する悪政の... [続きを読む]

» [暴政]郵政総選挙・関連の『小泉リフォーム詐欺劇場』はファシズムへの序曲か? [toxandriaの日記]
「郵政改革PRは、老人、女性など、“ちょっとIQの低い人々中心」をターゲットにして政府が取り組んできたことは、・・・初めは筆者も“そんなバカな〜!”と半信半疑でしたが・・・一時、国会で取り上げられたことも確かであったようです。 ただ、野党の攻めが弱くて消えてしまったようです。(野党も色々と弱みがあって何事につけ攻めきれないようです) ところが、立花氏の記事(http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050811_kaigai/inde... [続きを読む]

» [暴政]『改革のマドンナ総選挙』(小泉リフォーム詐欺劇場、第二幕)の末路が見える! [toxandriaの日記]
  小泉首相によると、今回の総選挙は『改革のマドンナ総選挙』(自称 or 自画自賛?)だそうです(何となく背中がむず痒くなりませんか、ならない?、ソーですか・・・toxadoriaは犬蚤でも集(たか)ったのかナ?)が、その実像は「官邸とマスコミ合作により、“B層(プロデューサーが命名)”の人々の脳内表象が共同幻想空間を浮遊して、恰もエル・グレコのマニエリスム絵画のように天空高く舞い上がるファントム選挙』です。それはMr.マリックのマジックショーかオレオレ詐欺に気が動転する様に似ています。   ... [続きを読む]

» [暴政]「それは国民の自業自得だ」(アドルフ・ヒトラー) [toxandriaの日記]
「『改革のマドンナ総選挙』(小泉リフォーム詐欺劇場、第二幕)の末路が見える!」の補足記事です。 =「映画『ヒトラー最後の12日間公式ホームページ」ご案内の追加です= ・・・・・・ 「ソ連軍に包囲される前にベルリン市民を脱出させるべき」という進言を退けたヒトラーは、平然と「国民の自業自得(自己責任)」だとうそぶく。 「(ドイツ)国民が地獄を味わうのは当然の義務。われわれを(選挙で合法的に)選んだのは国民なのだから、最後まで付き合ってもらうさ」。 。。。。。これが、『劇場型政治』の... [続きを読む]

» [民主主義の危機]かくて、小泉リフォーム詐欺・劇場は「亡国のイージス」と化す? [toxandriaの日記]
<注1>イージス(Aegis)はギリシア神話に出てくる言葉で、ゼウス神(オリンポスの神々の主神)がアテナ神(知恵・学芸と戦術の女神)に与えた無敵の盾のこと。保護者、黒幕、スポンサーの意味もある。 <注2>映画『亡国のイージス』(原作:福井晴敏氏) ・・・イージス艦≪いそかぜ≫の先任伍長(海上自衛隊の海曹士に共通する規律及び風紀の維持に係る体制を強固にするとともに上級海曹の活動を推進し部隊等の任務遂行に寄与することを目的として、自衛艦など各部隊に置かれている海曹のこと)役の真田広之が、愚直なまで... [続きを読む]

» [民主主義の危機]かくて、小泉リフォーム詐欺・劇場は「亡国のイージス」と化す? [toxandriaの日記]
<注1>イージス(Aegis)はギリシア神話に出てくる言葉で、ゼウス神(オリンポスの神々の主神)がアテナ神(知恵・学芸と戦術の女神)に与えた無敵の盾のこと。保護者、黒幕、スポンサーの意味もある。 <注2>映画『亡国のイージス』(原作:福井晴敏氏) ・・・イージス艦≪いそかぜ≫の先任伍長(海上自衛隊の海曹士に共通する規律及び風紀の維持に係る体制を強固にするとともに上級海曹の活動を推進し部隊等の任務遂行に寄与することを目的として、自衛艦など各部隊に置かれている海曹のこと)役の真田広之が、愚直なまで... [続きを読む]

» [民主主義の危機]H.Cポルノ化した『小泉劇場』とマスコミは何を隠そうとしているのか? [toxandriaの日記]
今回の「小泉リフォーム詐欺劇場」なるものは“リフォーム詐欺”というよりも、“総選挙のH.C(ハードコア)・ポルノ化”です。 郵政民営化という唯一の偽局部らしきモノを強引に毒々しく脚色・擬装し、意味ありげにクローズアップしたうえで、更にそれを政治の世界とは無縁なプロのポルノ女優たち(政治権力に精神的節度(操)を売ったに過ぎない、あの彼女たちが聖なるマドンナでしょうか? マドンナが泣くんじゃないですか?)にポーズをとらせ、大衆のスケベ心を大いに焚きつけるという下品でお下劣な演出です。 プロデュース... [続きを読む]

» [民主主義の危機]『小泉=森、缶ビール&干乾チーズ・ヤラセ会談(8/6)』に潜む“狂気の香り” [toxandriaの日記]
[小泉首相の身辺に“狂気が香る”背景]  本日付けの報道(読売)によると、小泉首相と森氏は豪華仕出し弁当で目出度くも“和解”し、ご両人とも、至極、上機嫌であったそうです。これは、『小泉リフォーム詐欺劇場』のクライマックス(衆議院解散)直前に行われた、例の“ヤラセ会談”が首尾よく成功したことの“祝勝会”の意味があるようです。主要なマスコミを大々的に巻き込んだ(動員した)、この“一連の不可思議な演出(出来事)”の途中(8/16)には次のようなワン・シーンがあったそうです。 ・・・8/16夜、東... [続きを読む]

» [暴政]『小泉H.C.ポルノ劇場』が蹂躙するエクリチュール [toxandriaの日記]
  エクリチュール(ecriture)とは“人間が書くという表現活動、生きた人間が残す生命の軌跡、書かれた文字や記号”というような哲学的・認識論的なフィールドの用語です。我われ一人ひとりの人間、地域社会あるいは国家でも同じことですが、もしエクリチュールの働きと助けがなければ一人の人間の死とともに、そのような人間、地域社会、国家などの存在は時間の経過とともに忽ち人々の記憶から消滅し、あるいはデフォルト(無かったことに)されてしまいます。そして、恐るべきことに数年も経たぬうちに、そのような人間、地域社... [続きを読む]

» [原理主義の罠]日本が取り憑かれた「ワグナー型劇場政治」の病理学(試論) [toxandriaの日記]
<注>この小論(試論)の内容は、あくまでも筆者toxandoriaの妄想(妄想的人格障害?)がもたらしたものであることをお断りしておきます。まあ、強いて言うならば、閑居する空(うつ)け者が語る“夢、まぼろし”のようなものです。   日本の現代社会が見失っているもの、それは正しい意味での「論理」、「感性」、「倫理」の三つの価値観です。 今、我われの目前には『小泉リフォーム詐欺劇場』(または、小泉H.C.ポルノ劇場)に激しく心身を撹乱され、約7割の無辜の日本国民が『総選挙』を直近に控えながら正気を失... [続きを読む]

» [民主主義の危機]「カトリーナの惨事」が暗示するカイカク後の「日本の惨状」 [toxandriaの日記]
  ナチスが侵略的な勢力拡大のために利用したという意味で“手垢がついた言葉”なのであまり多様したくないのですが、今の日本は未曾有の「地政学的な危機」に急接近しつつあるようです。被害者となった非常に多くのアメリカ国民には真に気の毒なことですが、巨大ハリケーンによる「カトリーナの惨事」が、そのことを強く暗示しているように思われます。つまり、日本の文化・経済・社会のすべてが、地政学的な意味で『海抜ゼロメートル地帯のトラップ』(市場原理主義の罠)に嵌ろうとしているのです。   “カイカク”なる表層的で冷... [続きを読む]

» [民主主義の危機]マスコミが報道しない“小泉劇場”の暗部(1/2) [toxandriaの日記]
     小泉首相が絶叫する『郵政民営化は、“官から民へ”(大きな政府から小さな政府)へ転換する構造改革を実現するための本丸だ!』というワンフレーズ・ポリテクスは、耳障りがよく一見分かり易く聴こえます。しかし、政治・経済・社会にかかわる重要な「二つの経験則」(下記)に照らすと、このワンフレーズ・ポリテクスが如何に一般の善良な日本国民を「表切(おもてぎ)っている」かということが分かります。この二つの経験則が意味するのは『どのように科学的・合理的・論理的に分析できたとしても、人間社会の未来についての絶対... [続きを読む]

» [民主主義の危機]マスコミが報道しない“小泉劇場”の暗部(2/2) [toxandriaの日記]
    悪質な詐欺まがいの商法が噂されながら各民放テレビ番組に引っ張りだこの霊感占い師・H.K.女史が、9月5日の夕方に大阪市大正区の小学校の体育館で行なわれた自民党の大阪府連会長の演説会に応援に行きました。その時、彼女は壇上からそこに集まっていた約1,000人の市民に向かって“自民党に票を入れないと、あなた方は交通事故に遭うわよ!”と発言したそうですが、これほど見事に“小泉劇場”の欺瞞性が暴露された瞬間は他にないと思います。このシーンには、まさに“小泉リフォーム詐欺劇場”の作為的で詐欺的な本性が... [続きを読む]

» [民主主義の危機]小泉劇場『幻想のバブル』を選んだ選挙民 [toxandriaの日記]
  小泉首相の「郵政民営化法案がらみのB層戦略」が功を奏したためか、小泉・自民党が“歴史的な大勝利”(マスメディア各社の命名)を収めたようです。コトの是非はともかく、その勝因は、政権全般の課題(殆んど目立つ実績がなく課題だけが山積しているのが実態/下記●のBlog記事を参照)を郵政民営化法案に特化させた「新生自民党」のアピール戦術が都市部の無党派層などを中心に支持された結果だと思われます(詳細は把握していないが、無党派層の中の中堅ビジネスマン・正社員層よりも、アルバイター・フリーター等の若者・婦人... [続きを読む]

» [暴政]『踊るポンポコリン化した小泉劇場』の深淵を探る [toxandriaの日記]
(小泉・踊るポンポコリン劇場がもたらす虚像への恐怖)   「郵政焦点・解散総選挙」の結果、善良な国民の圧倒的な支持(?)を受けて“踊るポンポコリン(大政翼賛/Dancing  Pompokolin)化”した日本は、まるで“ハーメルンの笛吹き男のピーヒャラ、ピーヒャラに誘われた130人の子供たち”と同じ運命(http://www.hat.hi-ho.ne.jp/hori-t/ajisai/index16.html)を辿るかのような“得たいが知れぬ不安な空気”に包まれ始めています(http://d.... [続きを読む]

» [民主主義の危機]『小泉ファッショ政治』の欺瞞を乗り越えるための考察 [toxandriaの日記]
[「恫喝=被虐のポピュリズム」を煽る詐欺的演出の実像] (1)「恫喝=被虐のポピュリズム」に踊らされる人々の実像  当Blog記事「『踊るポンポコリン化した小泉劇場』の深遠を探る」(http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20050918)で既に触れたことですが、総選挙で「衆議院議席数2/3以上」という強固な自公連立与党体制が確立するとともに、日本の社会には“得たいが知れぬ不安な空気”が立ち込め始めていますが、このように一般国民が不安や恐怖感を感じ始めた背景には五つの... [続きを読む]

» [民主主義の危機]シリーズ、『市民政治』の再生を考える[7]/『郵政民営化の詐術』が隠蔽したもの [toxandriaの日記]
<注>下記の中で「5−(1)」の部分は、文脈上の繋がりを明確にする目的で当シリーズ[6]から再録しました。 5 国会中心財政主義と特別会計(1) (アカウンタビリティと国会中心財政主義)    民主主義国家の国民に対する最大の責務を一つだけに絞るとすれば、それはアカウンタビリティ(Accountability/説明責任)です。また、国家財政に関するアカウンタビリティを保証するのが「国会中心財政主義」(総計予算主義/すべての予算を一般会計に計上して一般会計に一覧性の性質を保持させること)の概念で... [続きを読む]

» 延命拒否の書類にサインを [本当は痛いテレビ番組]
ERⅨ「再度死亡」DEAD AGAIN 急性心筋梗塞で運び込まれてきた患者に、心臓病医が死亡宣告をするが、最近ERに入ってきたプラットが強引に蘇生。 しかし患者はすでに脳死しており、機械によってかろうじて生かされてはいるが植物状態で回復する見込みはない。 プラッ....... [続きを読む]

» 不平等が健康を損なう [タカマサのきまぐれ時評]
■イチロー・カワチ/ブルース・P. ケネディ 『不平等が健康を損なう』〔日本評論社〕は、ハーバード大学の社会疫学の先生たちによる、統計学の基礎知識などが不必要な啓発的書物の日本語訳〔カワチさんは、日本人医学者〕。■原題は“The Health of Naitons : why inequa...... [続きを読む]

» [暴政]『小泉耐震擬装(偽造)劇場』で亀裂が走る国民の意識構造 [toxandriaの日記]
  年末〜年始の特別興行を控えて、『小泉耐震擬装(偽造)劇場』の新しい演目が次々とラインナップされています。一方、主演俳優である小泉純一郎・首相は、12月上旬にマレーシアで行われた東アジアサミットで「私の行動がアジア諸国から高い評価を受けた!(受けて感動した?)」と自分のプレゼンス(存在感)を強弁して見せたり、米ブッシュ大統領からプレゼントされた玩具自動車・セグウエイに乗り嬉々として官邸周辺を走り回ったり、あるいは評判の京都・祇園を舞台にした、摩訶不思議な「アメリカ製・日本映画、SAYURI」(出... [続きを読む]

» [情報の評価] I wish you a Happy New Year ! [toxandriaの日記]
あけましておめでとうございます。 昨夜から今朝にかけて岩城広之氏のベートーベン・マラソン(10時間で第一〜第九まで全曲指揮)のネット放送 (http://www.ivig.jp/live.html)を聴きましたが、今朝になってから岩城氏がガンと闘いながらの全曲指揮であったことを知り驚きました。 健康で五体満足で生きられることの意味を真剣に考えさせられる新年となりました。 また、新年早々に、いささかドギツイ表現ですが欧米に『(政治権力者は)ジャーナリストを高級売春婦より安い値段で買うことができ... [続きを読む]

» [民主主義の危機]「サルのマスタベーション」化するマルチチュードの世界 [toxandriaの日記]
  現在の世界の中で、ブッシュ大統領と小泉首相が肩で風を切ってみせる姿を見て想像させられるのは「サルのマスタベーション」の“神話”です。今や、世界は「政治が戦争の婢(はしため)」という倒錯した、しかも終わり(=終戦、停戦、講和など)と行く末の展望が見えず、エンドレスの闘争状態、つまり我われ一般市民が、目に見えぬ巨大な権力によって、あらゆる角度から絶対的強制を迫られるという意味で暴力性を帯びた「生政治」(バイオポリテクス、http://www.alpha-net.ne.jp/users2/omth2... [続きを読む]

» 医療制度改革について 教えて下さい [人間が人間にとってのオオカミである]
12月15日付けの朝日新聞「私の視点」精神科医の坂本暢典氏によると、 高齢者の窓口負担を引き上げるなど患者負担を柱とする医療制度改革の根拠としてあげられている「2025年には国民医療費が現在の2倍の65兆円になるという試算」についての疑問を投げかけておられます。実際には医療給付金の伸び率が拡大していないこと、団塊以降の世代の人口が少なくなるので高齢者が増えるという仮定は正しくない、国民医療費の見通しは試算の際に用いる伸び率を拡大側に見ているので毎年下方修正されている(つまり試算はいつも多...... [続きを読む]

» [暴政]「神憑る小泉劇場」と「ホリエモン」が煽ったトリクルダウン幻想 [toxandriaの日記]
  自由主義的な考え方の根本についてアダム・スミスへ大きな影響を与えたとされるイギリスの政治思想家マンデビル(Bernard de Mandeville/1670‐1733)の著書『蜂の寓話』(The Fable of the Bees/1714)の考え方の根本は“「私的悪徳と強欲」が最終的には「公共的便益」につながるのだ”という奇妙な考え方です。それを言い換えれば、“贅沢、虚栄、虚勢、我欲、強欲、傲慢、嫉妬心などの凡ゆる悪徳こそが経済的繁栄につながると主張する特異な思想であり、マンデビルは、それ... [続きを読む]

» アメリカの株式会社「病院」が入ってくる! [川井孝浩]
2005年度のアメリカ発「年次改革要望書」には、当然のごとく日本の市場開放に向けての要求が各分野に跨ってたっぷりと示されている。表面的には、透明性向上に向けての情報開示、という項目が各分野に跨っているが、その裏では米国企業に対する門戸を広げよ、という意図が明確に見て取れる。既に驚くほどの事では無くなってしまっている感もあるが、それでもやはり危機感を感じざるを得ない。 そこで、今の国内でも注目の高い、安全・健康といった側面に中心的に関わる、「医療機器・医薬品」についての改革案を少し調べてみた。 ... [続きを読む]

» [暴政]小泉首相の開き直り「格差論」/外道の喧嘩場と化した国会 [toxandriaの日記]
<注>外道の喧嘩=「ヤクザの喧嘩、博徒の出入り」にこそ相応しい発言の意味   最近、当ブログ記事の場で某Visitorとの間で次のようなコメントの遣り取りがあったばかりです。 <Quest to>「『政治体制の妥当性評価』の視点」(http://toxandoria.exblog.jp/3452634/) 『ええと、お邪魔します!・・・はじめまして!先ほど、初めてこのBlogに出会ったQKという者です。今、toxandoriaさんのエッセイを読み、ちょっと、うれしくなりました!・・・たしかに... [続きを読む]

» 【11人死亡】健康保険証の取り上げ、30万件を超す。 [いいげるブログ]
以下、新聞赤旗より当該記事を抜粋して引用。2006年2月14日(火)「しんぶん赤旗」 国保証 取り上げ30万件超す 470万世帯払えず  自営業者などが加入する国民健康保険の保険料( [続きを読む]

» [暴政]日本の「格差社会の拡大」を助長する「情報の非対象性」の問題 [toxandriaの日記]
<注>この記事は「 2004.5.18付・ベスのひとりごと(New Ser.)『情報の対象性』と『情報処理』という言葉の軽さ」をリメイクしたものです。   2006年3月13日に読売新聞が発表した世論調査の結果によると“所得等の格差が広がりつつあると思う人は、計81%に達した”ということです。一方、同じ読売新聞社が11、12の両日に実施した全国世論調査によると、小泉内閣の支持率は54.9%で、2月の前回調査に比べ、1.4ポイント増えたそうです。これらの調査が正しく行われたことを前提とすれば、この... [続きを読む]

» [希望のトポス]「反CPEデモ」に見る、フランス民主主義の“ど根性” [toxandriaの日記]
  CPEは、フランス政府が新雇用促進策として進めようとしている「初期雇用契約制度(法)」(Contrat premiere embauche)のことです。「雇用平等法」の一部として、この法案が3月9日に上下両院で可決されてから反CPEデモが急速に拡大しており、大学の評議会(学長レベル、あるいは教職員と学生代表で構成される最高意志決定機関)や労組もCPEの撤回を強く求める状況となっています。また、直近の世論調査によると約7割がCPEに反対しています。CPEは、企業が26歳未満の若者を採用する場合、... [続きを読む]

» 医療制度の改正は「誰のため」のものなのか? [Trend Review]
ないとう@なんで屋です。 小泉元総理の時代から、日本の医療制度の改革... [続きを読む]

» [パレスチナ][毎日新聞]仕組まれた無知の連鎖――後退する中東報道(2) [media debugger]
 しばらく放置していたバグ取りを再開します。10日以上も前の記事なので、賞味期限切れ疑惑があるかもしれませんが、心配は無用です。もともといい感じに発酵してるんで。前回のデバッグはこちらから。 ガザ攻撃―――黙認された罪なき人々の犠牲 米国が掲げる人道はどこへ... [続きを読む]

« 大リーガーの静かなる抗議 | トップページ | ブッシュの2006年度予算案:中産階級には増税 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31