カテゴリー

アクセスの多い記事

« イラク戦争開戦時、サダムの息子はフセイン政権転覆を図っていた | トップページ | 「戦傷がアメリカン・ドリームに影を落とす」 »

2005/03/07

イタリア人女性記者銃撃事件:誤射?

イラクで、反米武装勢力から解放されたばかりのイタリア人女性記者ジュリアナ・スグレーナ氏の乗った車が、バグダッドで空港に向かう途中に駐留米軍に銃撃され、スグレーナ氏と同乗していた2人のイタリア情報機関員が負傷し、人質解放交渉を指揮した情報部員ニコラ・カリパリ氏が死亡するという事件が発生したが、事実内容を巡り疑惑が噴出している。

これまでに伝えられているところでは、当事者達の説明のポイントは以下のとおりである。(source:英ガーディアン英BBCAP通信インターナショナルヘラルドトリビューン

駐留米軍側の説明
  • 記者らの乗った車は猛スピードで米軍検問所を通過しようとした。
  • 米軍側は警告射撃をおこなった。
  • イタリア人記者人質が解放され空港に向かう旨は、イタリア情報部から米軍に伝達されていなかった。

ジュリアナ・スグレーナ記者の説明
  • 車は通常のスピードで、すでに米軍検問所を数箇所通過しており、空港にあと少しという場所で銃撃された。
  • 装甲車両に乗った米兵が、フラッシュライトをかざしてから、自分達の車に向かって300−400発ほど銃撃をした。
  • 銃撃直後、米兵達はケガ人の手当てをせずに、イタリア情報部員達の武器と携帯電話を没収し、イタリア本国との連絡を1時間以上中断させた。(同乗していたイタリア情報部員は銃撃の最中にベルスコーニ首相官邸と携帯電話で通話しており、米軍が銃撃した事実がリアルタイムで報告されていた
  • イタリア政府当局者は米軍に情報を伝達していた。
エンゾ・ビアンコ議員(イタリア野党党首で情報部監査委員)の説明
  • 事件当日のバグダッドは土砂降りだったので、記者らの車が猛スピードで走行したという米軍の説明は信用できない。

待ち伏せ攻撃?

スグレーナ記者は、武装勢力に拘束される直前、バグダッド近郊のモスクで、米軍の攻撃に遭ったファルージャ住民のインタビュー取材をしていたという。

負傷したスグレーナ記者は、直後のインタビューで奇妙な証言をしている:「(米軍の銃撃を受けて)私はすぐに誘拐犯達の警告を思い出しました。彼等は私を解放すると約束しましたが、“あなたの帰国を望まないアメリカ人が居るから気をつけるべき”と言われました」

米軍はファルージャ攻撃の際、化学兵器を用いたと言われている。ファルージャについて嗅ぎまわるジャーナリストを、駐留米軍が疎ましく思う可能性は否定できない。そして、もしもスグレーナ記者達が皆殺しになっていたら、米軍側は事件を“ザルカウィ容疑者グループの犯行”と簡単に断定できたことだろう。

救出されたジャーナリストがどのような記事を書くか、あるいは書かないのか・・・場合によっては、危機は去っていないのである。

« イラク戦争開戦時、サダムの息子はフセイン政権転覆を図っていた | トップページ | 「戦傷がアメリカン・ドリームに影を落とす」 »

イラク戦争」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/3204064

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア人女性記者銃撃事件:誤射?:

» テロリストより、米軍が怖い!? [ある編集者の気になるノート]
イラクで起きた、米軍兵士によるイタリア人記者たちへの「誤射」事件だが、米軍側と記者側の言い分がどうも食い違う。 イタリア人女性記者銃撃事件:誤射? ... [続きを読む]

» 米軍誤射で解放伊人記者が負傷 [Negative Stories]
イラク: 米軍誤射で解放伊人記者が負傷、同乗者は死亡  【ローマ海保真人】イラクで1カ月間にわたり武装集団に拉致・誘拐されていたイタリア紙「イルマニフェスト」... [続きを読む]

» 米軍の主張と食い違い 伊女性記者が手記 [911 - 488]
「故意の殺人」で捜査開始 ローマ地検、伊記者の誤射事件で 米軍の主張と食い違い  [続きを読む]

» なぜイタリア人記者は米軍に撃たれたのか? [SWANの 「Trust me!」]
既に大きく報道されているように、イラクで武装勢力により人質となっていたイタリア人 [続きを読む]

» 米軍の誤射 []
米軍の誤射? [続きを読む]

» せめて嘘のない説明や弁解をすればいいものを [随想 吉祥寺の森から]
 戦乱続くイラクのバグダッド。ここで武装集団に拉致され、インターネット上でそのおののく姿が映し出されてイタリアをはじめ世界に衝撃を与えて注目されていたイタリア人... [続きを読む]

» イラクにて [平和はお好きですか? KEN-NYE's essey]
イラクで拘束されていたイタリアの女性記者が解放され、移動中に米軍の銃撃を受けて、彼女をかばった同乗者が亡くなったという(記者本人も負傷)。米軍は「誤射」と説明し... [続きを読む]

« イラク戦争開戦時、サダムの息子はフセイン政権転覆を図っていた | トップページ | 「戦傷がアメリカン・ドリームに影を落とす」 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31