カテゴリー

アクセスの多い記事

« 北朝鮮の核物質販売先はリビアではなくパキスタン政府? | トップページ | 役に立たない雑学を少々 »

2005/03/25

英ガーディアン紙:「ボビー・フィッシャーは最高の一手を終えた」

英ガーディアン紙2005/03/23付け記事を以下に全文翻訳して掲載。(記事中リンクは訳者による)英国流のひねくれたセンスが見事に発揮された良い記事だと思う。(本人には失礼だろうが、記事タイトルも絶妙)

3月23日、東日本入国管理センターに8ヶ月間も拘束されていた元チェス名人ボビー・フィッシャーは、アイスランド市民権を得て同国に無事出国した

フィッシャーさん、あなたに平穏無事な日々が訪れますように。

ボビー・フィッシャー関連の過去記事

フィッシャー・キング(The Fischer king)

チェスの天才、冷静な戦士はアル・カイダ狂へ転身、そして今は、アイスランド市民に。伝説の人物をスティーブン・モスが讃える。

by スティーブン・モス:英ガーディアン紙2005/03/23付け記事

Bobby Fischer in 1971: All I want to do, ever, is play chess. Photograph: AP

ボビー・フィッシャー:1971年「私のやりたいのはチェスだけ」

今、ボビー・フィッシャーは最高の一手を終えたようだ。日本の収容所(訳注:東日本入国管理センター)に押し込められたフィッシャーは、母国アメリカにおける脱税容疑と制裁措置違反容疑で---フィリピンのラジオ局で911テロを起こしたアル・カイダを賞賛した件は言及されていない---米国へ強制送還されるところだったが、アイスランド市民権の獲得に成功し、現地のニュースが伝えるところによれば明日にでもアイスランドに出国することになった。なんという結末だろう:チェックメイトの窮地から、見事な一手で勝利を収めたのだ。

ところで、なぜフィッシャーが今頃ニュースになる?チェスに関しては、1972年にアイスランド首都レイキャビクで、旧ソビエト連邦のボリス・スパスキーを破って世界タイトルを獲得して以来、第一線から遠ざかってきた。王位防衛のための条件を巡り国際チェス連盟と同意することができず、1975年には世界タイトルを剥奪されていた。結果として、29歳以降のフィッシャーは、チェス競技の場には登場していない。1992年、戦時のユーゴスラビアでスパスキーと再対局したが(これが制裁措置違反容疑の元になる)それは二人のスーパースターが競演する賞金つきのマッチプレイだった。対局は見事だったが、それほどセンセーショナルでもなかった。批評家達は揃って、二人が最盛期を過ぎたと評した。

孤立し、衰え、怒りっぽくなった62歳のアメリカ人チェス名人はなぜ今注目されたのか?彼を形容するそうした言葉は、疑問の答えの一部でもある。ブランド王国の中にあっては、人を魅了するものが王位に就くのだ。フィッシャーは大物である。彼はチェスプレイヤーが求める人物像---狂気じみて、ゲームに熱中し、チェスの手だけで自分を表現できる類の人物なのだ。

現実には、プレイヤーの多くはそうではなく、会計士のような魂の持ち主である。現在の世界チェス王であるウラジミール・クラムニクは、丁寧な、スーツを着たどこにでもいるような人物である。しかし、フィッシャーはまったく違う。東京での拘束中にも、彼は見事な逸話を残している。ゆで卵の茹で加減を巡り刑務官と揉めたフィッシャーは、独房に5日間拘禁されたのだ。事実を確認できるものはないが、おそらくその通りだったのだろう。元英国チェス王のビル・ハーストンは「チェスは人を狂わせるのではなく、狂った人を正常に保つものである」と語った。ではロバート・ジェイムズ・フィッシャーの経歴について考えてみよう。

1943年にシカゴで生まれたフィッシャーは、両親の離婚後に母親と共にブルックリンへ引越し、そこで育った。両親の離婚と、ユダヤ人である母親に似つかわしくないフィッシャーの容貌は、後に彼の苛立ちの原因となる。10代には、チェス盤は彼にとって世界そのものだった。完全に仕切られた64の区画、分かりやすいルール、対戦の興奮、勝利のスリル。白と黒だけの人生。「やりたかったことはチェスだけ」と彼は言う。その言葉どおり、フィッシャーは14歳で米国チェス王となり、15歳でチェス名人に認定された。当時の最年少記録である。

(奇人として名声を博す以外の)チェスプレイヤーとしてのフィッシャー伝説は、スパスキーと世界チャンピオンの座を争うまでの一連の対局に根ざしている。彼は世界の名人相手に20戦連続勝利を収めた。名人のチェス対局は引き分けになることが多い。後手を引いたプレイヤーは深刻な不利を蒙る。ほとんどの名人は後手で引き分けることに満足するが、フィッシャーはそうではなかった。

1970年から72年の間、フィッシャーは対戦相手全てを撃破した。タイガー・ウッズの連続勝利記録とロジャー・フェデラーの記録を足して10倍すれば、フィッシャーの当時の偉業について理解の足しになるかもしれない。彼はずば抜けており、負け知らずで、新鮮なアイデアに溢れていた。フィッシャーの有名な著作『My 60 Memorable Games』には、彼の素晴らしさと共に、対戦相手への中傷が詰まっている。彼はチェス界での類稀な支配を謳歌した。偉大なるゲイリー・カスパロフさえ、最盛期の80年代に、時折引き分けを喫していた。

アイスランドでは、フィッシャーはスパスキー撃破に臨んだ。第二次大戦以来、ソビエト連邦はチェス界を支配していた。フィッシャーは当時、完全なる冷静な戦士で、熱烈な反共産主義者で、チェス界に君臨し偉大な業績を記す風変わりな個人として、アメリカでも人気者だった。時代はなんと変わったことか!アイスランドでの勝利の後、メディアの熱い報道に支えられ、西側でもチェスブームが到来した。英国で80年代に偉大なチェスプレイヤーが活躍したのは、フィッシャーの対局に端を発している。彼はチェスの歴史を塗り替え、世界的な発展に貢献したのだ。

世界タイトルを獲得して後、フィッシャーはチェスを止めてしまった。ゲームの最高潮で、彼は降りたのだ。その意味では、彼はチェス界のジェームズ・ディーンだった。チェス盤を前に苦しみ、彼との対局にしり込みしていたプレイヤーたちに負けるフィッシャーの姿を見ることはなかった。対局を止めるにあたり、フィッシャーは従来のチェスに飽きてしまい、フィッシャー・ランダムチェスと呼ばれる新ルール(チェス盤に駒をランダムに並べてから対局を始める)を開発中と語ってたのは、伝説に輝きを与えるのみだった。

過去30年間、フィッシャーは、“さまよえるオランダ人”の如く、当てもなく世界を放浪してきた。彼は世界中に友人や支援者を抱えていた・・・ハンガリー、フィリピン、日本、アイスランド等、72年の勝利により崇拝される場所である。支援者達は、彼の突然の引退にどう感じるべきだったろうか?そして、支援者はフィッシャーが好む卵の茹で加減を知っているのだろうか?

チェスの世界で囁かれる質問はこれだ:「フィッシャーは狂ったのか?」1975年にチェス競技を止めて以来、彼の行動は日増しに常軌を逸していく。1981年、米国にまだ居た頃、フィッシャーは銀行強盗容疑で逮捕され、48時間拘束された。警察に本名を名乗ることを拒んだフィッシャーは激怒し、“私はパサデナ刑務所で拷問された!”というパンフレットを制作した。

911テロ事件後の米国に対する激しい糾弾活動は、狂気の沙汰ともいえるものであった。「これは素晴らしいニュースだ」フィリピンのラジオ局の生放送で、フィッシャーは伝えた。「私は彼等の行為を賞賛する。米国とイスラエルはずっとパレスティナ人たちを虐殺している。何年も虐殺を続けているんだ。略奪し、虐殺している。誰も気づこうとしない。今、米国は復讐を受け始めたのだ。米国を懲らしめてやれ。あの国が消えていくのを観てみたい。米国に死を!」フィッシャーの猛攻に対して、米国政府が彼を制裁措置違反で追撃するのは困難だった。米国にとって、フィッシャーは“社会の敵ナンバーワン”になった。

フィッシャーは権威を酷く嫌っており、通常のルールが自分にあてはまるとは信じない。「私はボビー・フィッシャー、天才です」かつて、或るハンガリー人の女性に対し、婚約者と別れて自分と結婚しなさいと口説いた際、彼はそんなことを言った。試みはうまくいかなかった。フィッシャーは1972年当時の自分から抜け出せずに居るのだ。未だに自分が世界チャンピオンで、冷戦時代が終わったことを受け入れない。伝えられるところによれば、フィッシャーは歯の詰め物を全て除去させていたが、それはロシア人達が自分の脳に無線信号を送信していることを恐れてのことであったという。

スパスキーはフィッシャーに、1992年の2ヶ月間対局について普段どおり持ちかけたが、フィッシャーがセルビア人の大会主宰者に提出した要求リストは異様だった。15人の武装したボディーガード、特殊なチェス盤、便器の高さまで指定されていた。「ナイト(駒)の仕様について彼の弁護士と一日中議論しました」関係者の1人が話した。「フィッシャーが言うには、馬の鼻が長すぎるというんです」

多くの人が、フィッシャーを過去最高のチェス名人と信じている。最近41歳で引退を表明したカスパロフは、公式ランキングではフィッシャーよりも上位だが、それは多少の誤解を含んでいるのかもしれない。時の経過により、公式ランキングにもインフレ的要素が生じるのだ。ひとつだけ確かなことがある。もし両者が今対決したなら、それはメディアの熱狂を呼ぶだろう。百万ドル級のチェスイベントにもなる。二人の引退したはみ出しチェス名人同士の対決に世界が注目するとなれば、現役のチェス名人達にとってなんとも癪にさわることだろう。フィッシャー対カスパロフ対局が、レイキャビクの何処かで開催?それはいい!では、その日にまたお会いしましょう。
(以上)

« 北朝鮮の核物質販売先はリビアではなくパキスタン政府? | トップページ | 役に立たない雑学を少々 »

チェス名人ボビー・フィッシャー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/3429038

この記事へのトラックバック一覧です: 英ガーディアン紙:「ボビー・フィッシャーは最高の一手を終えた」:

» フィッシャー氏仮放免へ\(O)/♪ [ボビー・フィッシャー氏を救うブログ]
おめでとうございます!! フィッシャー氏アイスランドへ出国の流れに向けて、8ヶ月ぶりに動きはじめました☆ ■チェス元王者:東日本入管から仮放免へ  ア... [続きを読む]

» 伝説のチェスプレイヤー「ボビー・フィッシャーは最高の一手を終えた」 [キミガタメ「ハ」]
暗いニュースリンク: 英ガーディアン紙:「ボビー・フィッシャーは最高の一手を終えた」ボビー・フィッシャーを探してposted with amazlet at 0... [続きを読む]

» ボビー・フィッシャーと青春の門 [シャンパンとチョコレート]
「ボビー・フィッシャーを探して」は映画好きの人ならきっと知っている、93年のアメリカ映画。わたしもこの映画はわりに好きだったんだけど、その頃仲良くしていた女の子... [続きを読む]

« 北朝鮮の核物質販売先はリビアではなくパキスタン政府? | トップページ | 役に立たない雑学を少々 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31