« ドイツ連邦情報局:「イラクの大量破壊兵器情報の誤りについて米政府に何度も警告した」 | トップページ | イラク駐留米軍は12月の国民選挙後から順次撤退開始 »

2005/11/21

ポスト紙記者にCIA工作員名を漏洩した情報源はハドリー国家安全保障担当大統領補佐官

英サンデータイムズ紙によると、ウォーターゲート事件調査報道で知られる米新聞界で最も有名な記者の1人、ワシントンポスト紙のウッドワード氏(現編集局次長)にCIA工作員名(ヴァレリー・プレイム)について漏洩したホワイトハウスの情報源は、国家安全保障担当大統領補佐官スティーブン・ハドレーであると、同事件関係者の或る弁護士は話しているという。

大統領補佐官ハドレー氏は、今週アジア各国を歴訪中のブッシュ大統領に同行中。韓国で行われた公式記者会見の場で、ハドレー氏本人は当該事件に関する質問への回答を拒んでいる。source

« ドイツ連邦情報局:「イラクの大量破壊兵器情報の誤りについて米政府に何度も警告した」 | トップページ | イラク駐留米軍は12月の国民選挙後から順次撤退開始 »

トラックバック

« ドイツ連邦情報局:「イラクの大量破壊兵器情報の誤りについて米政府に何度も警告した」 | トップページ | イラク駐留米軍は12月の国民選挙後から順次撤退開始 »