« ポール・クルーグマン、連載コラムでGM没落と医療保険の関係を指摘 | トップページ | ブルース・ウィリス、イラク戦争を大絶賛:「戦争ヒーロー映画を制作する」 »

2005/11/25

ロシア兵器業界、「テロとの闘い」市場で輸出が急拡大

11月22日から25日の間にパリで開催された2005年度Milipol(フランス内務省主催の国内治安向け武器見本市)に参加したロシアの武器輸出総合商社Rosoboronexport社の発表によれば、2002年から2004年度の3年間でロシア兵器業界から諸外国への武器輸出総額は15倍増加し、特殊兵器の注文量は1.5倍に増加したという。

また、2002年度に30カ国だった得意先は、現在では50カ国に増加しており、主な取引相手国には、南米諸国、東南アジア諸国、及び中東諸国とのこと。(source:MOSNEWS.COM2005年11月21日付記事、及びRosoboronexport社プレスリリース

Milipolに参加したロシア代表団には、Rosoboronexport社のコンサルタントを務める著名な小火器デザイナー、ミハイル・カラシニコフ氏も同行。カラシニコフ氏が58年前に製作した傑作アサルトライフル『AK-47』から始った『カラシニコフシリーズ』は現在でも世界中から需要があり、特殊任務において優れた性能を発揮するとの高い評価を得ているとのこと。

« ポール・クルーグマン、連載コラムでGM没落と医療保険の関係を指摘 | トップページ | ブルース・ウィリス、イラク戦争を大絶賛:「戦争ヒーロー映画を制作する」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシア兵器業界、「テロとの闘い」市場で輸出が急拡大:

« ポール・クルーグマン、連載コラムでGM没落と医療保険の関係を指摘 | トップページ | ブルース・ウィリス、イラク戦争を大絶賛:「戦争ヒーロー映画を制作する」 »