カテゴリー

アクセスの多い記事

« 米人気ドラマ『ボストン・リーガル』の挑戦 | トップページ | ラムズフェルド、鳥インフルエンザで大儲け »

2005/11/09

「イラク駐留米軍はファルージャで化学兵器を使った」イタリア国営放送がドキュメンタリーで証拠ビデオを放映

「死体を焼いたし、女も子供も焼いた・・・白リン弾で無差別に殺しました。(白リンが)直接肌に触れると、確実に致命傷になって、肉を焼き尽くすんです」

---ファルージャで戦闘に参加した元米軍兵士ジェフ・アングルハートの証言(source

イタリア国営放送(RAI)で、恐怖のドキュメンタリーが放送された。かねてから噂のあった、米軍によるイラク・ファルージャ大虐殺の実体を伝える衝撃の映像だ。ドキュメンタリーのタイトルは『ファルージャ:隠蔽された大虐殺』。フィルムは以下リンクで見ることができる。(訳注:虐殺死体がそのまま放映されているので注意すること)

同ドキュメンタリーによれば、米軍が使用したとみられる武器は、白リン弾(white phosphorus)とMK-77焼夷弾(ナパームの後継武器といわれる)。白リン弾は第二次大戦中、米軍の沖縄上陸戦において、日本軍の地下壕攻撃の際に使われている

ところで、この二つの武器の使用に関して、疑惑が最初に伝えられた直後の2004年12月に、米国務省は公式発表で非常に巧妙に説明している。その主張を簡単にまとめると以下のとおり:

  • ナパームやそれに類する武器を敵軍に対して使用することは国際法で禁止されていない。従って、2003年のイラク侵攻開始時に米軍がフセイン軍に対してMK-77焼夷弾を使用したが、違法ではない。(napalm or napalm-like incendiary weapons are not outlawed. International law permits their use against military forces, which is how they were used in 2003.)
  • 米軍はファルージャ攻撃ではMK-77焼夷弾を使っていない。(no Mark-77 firebombs were used in Fallujah)
  • 白リン弾は、通常照明弾として夜間の戦闘で使用され、それ自体違法ではない。ファルージャにおいて、米軍は非常に慎重に白リン弾を用いており、敵に直接浴びせてはいない。(Phosphorus shells are not outlawed. U.S. forces have used them very sparingly in Fallujah, for illumination purposes. They were fired into the air to illuminate enemy positions at night, not at enemy fighters.)
おわかりだろうか?米政府によれば、MK-77焼夷弾も白リン弾も「適切に使用された」というわけなのだ。「どうか安心して、違うチャンネルをお楽しみください」といわれて、アメリカではメディアも国民も納得してしまっているご様子なのである。

おそらく、今後の米国政府の対応は、アブグレイブ刑務所の虐待事件と同じように、「一部の現場兵士が暴走した」で片付けるつもりなのだろう。


(関連報道リンク)

« 米人気ドラマ『ボストン・リーガル』の挑戦 | トップページ | ラムズフェルド、鳥インフルエンザで大儲け »

イラク戦争」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/6988072

この記事へのトラックバック一覧です: 「イラク駐留米軍はファルージャで化学兵器を使った」イタリア国営放送がドキュメンタリーで証拠ビデオを放映:

» 我々こそがテロリストだ [深夜のシマネコBlog]
●ついつい、全部一気に読んでしまった。JR6社を使った最長片道きっぷ旅の記録。「PROJECT LOP」。 ●本田美奈子(本当は改名して「本田美奈子.」らしい)って、その死がそんなに大々的に報じられるような芸能人だったか?  俺が本田美奈子っていって思いつくのは、太平サブローシローのシローが腹を出して「マリリ〜ン」ってひょうきん族でやってた映像だけですわ。  よっぽど他にニュースがないのか? フランスでの暴動を報じたくないのか? 他に隠すべきニュースがあるのか? さぁどれだ。 ●報じたくないニ... [続きを読む]

» イラク駐留米軍が化学兵器を使用していた? [The Show Must Go On]
イラク戦争では放射能汚染を引き起こす「劣化ウラン弾」が使用された。劣化ウラン弾の廃棄処理は進まず、現地の住民はおろか、現地で活動する米英軍兵士の中にも被爆する者が続出している。イラク情勢での米軍の蛮行にはうんざりさせられている。 ここに来て、米軍による化学兵器を使用したことを暴露するドキュメンタリーがイタリアで放送されたことを知り、以下のブログでショックを受けた。白リン弾というものはとんでもない化学兵器らしい。これを浴びたら最期、焼け尽くされて死ぬのだそうだ。恐ろしい武器を人間は考え出すもので... [続きを読む]

» 【隠された大虐殺】ジークフリード・ラヌッチ、Rainews24(2005/11/8) [反戦翻訳団−Antiwar Translation Brigade−]
これはわたしたちが支持し、支援し、出兵している同時多発テロ攻撃の一つに過ぎない。 [続きを読む]

» アメリカの軍事同盟国で、イスラム系住民を見ながら思ったこと [人生茶の如し須く細品せよ]
管理人が留学をよていしているニュージーランドは、皆さんが中学あたりで習った記憶を [続きを読む]

» 非人道的国家アメリカ [池谷石黒ウェブログ]
「暗いニュースリンク: 「イラク駐留米軍はファルージャで化学兵器を使った」イタリア国営放送がドキュメンタリーで証拠ビデオを放映」 以前から米軍のイラクでの化学兵器の使 [続きを読む]

» 美名のもとで [そぞろ日記]
テレビしか観ていない人の忘れているもの、それはイラクで続けられている「テロとの戦 [続きを読む]

» 「イラク駐留米軍はファルージャで化学兵器を使った」イタリア国... [ちっさいおっさんのぼやき]
イタリア国営放送(RAI)で、恐怖のドキュメンタリーが放送された。かねてから噂のあった、米軍によるイラク・ファルージャ大虐殺の実体を伝える衝撃の映像だ。(追記)発火性爆弾:名を変えたナパームアメリカは発火性兵器に関する議定書に署名していないそうです。... [続きを読む]

» イラク戦争:ファルージャで米軍は何をしたのか [私的スクラップ帳]
 今からちょうど1年前、イラクのファルージャ(Falluja)という町で、アメリカ軍による徹底的な掃討作戦が行われていた。町の周囲を厳重に包囲したアメリカ軍によって、この場所からほぼ完全にジャーナリストたちがシャットアウトされた。このため、当時ファルージャの町でいったい何が起こったのか、ほとんど分からなかった。ただ、漏れ伝わってくる断片的な情報からだけでも、この場所で米軍による戦争犯罪が行われていることは、明らかだった。  当時、ファルージャの町の周囲で取材していたアルジャジーラの記者は、米軍によっ... [続きを読む]

» burning inside 人体の内側から焼く [缶コーヒーブレイク]
ひさしぶりに物凄く夜更かしをしてしまいました。既に朝ですね^^; [続きを読む]

» 燃える雨2(「ファルージャ 隠された大虐殺」日本語訳) [フットボールは未来の兵器である]
以下、先のエントリーにて紹介した番組の日本語訳(ゆっくすさん訳:リスペクト!)。 --------------------------------------------------------------- ベトナム戦争でのアメリカ軍によるナパーム弾使用の映像。映像が世界をかけ巡り実体を伝えることによって、ナパーム弾の非戦闘員に対する使用を国連が禁止することにつながった(1980年)。) 今回は、我々の時代に行なわれている戦争についてお伝えします。 この戦争は、誰も目にするこ... [続きを読む]

» アメリカ軍化学兵器使用-イタリア国営放送より [Let's blow!毒吐き@てっく]
まいったよ あっしゃあ別に反戦主義者と違うけど、これにはまいった 高野孟って人の... [続きを読む]

» Latest Selection [Rolling Kids Blog]
最近読んだ文章の中から興味を惹いたもの、面白かった記事などをセレクション! ・「... [続きを読む]

» 白リン弾 [harmoniker was here]
結局、ファルージャで米軍が武装勢力のshake and bake(いぶり出し、とでも言うのかね)に使用していたわけで、煙幕だけに使っていたわけじゃない、と。CNNによると、イラク政府も現地調査を始めているらしい。... [続きを読む]

» 【増補版】イタリア国営放送「ファルージャ・隠された大虐殺」和訳 [低気温のエクスタシー・パイロットファーム]
ファルージャで米軍が白燐弾を使用したことを検証した、イタリア国営放送Rainews24のドキュメンタリー「La strage nascosta」(ジークフリード・ラヌッチ作)の音声聞き取り・翻訳。 以下に映像のリンクを記します。 【警告】イタリア国営放送の..... [続きを読む]

» 伊紙分析記事「白燐弾(白リン弾)の有害性・残虐性について」 [低気温のエクスタシー・パイロットファーム]
イタリア紙「ベッラ・チャオ(Bella Ciao)」の白燐弾(白リン弾)に関する記事 「FOSFORO BIANCO : dietro l’orrore di Falluja」 http://bellaciao.org/it/article.php3?id_article=11637 の日本語訳をkamenoko氏が公開した。 http://www.asyura2.c..... [続きを読む]

» 【遠吼え】 アメリカ人に対する聖戦を促すファトワ [負猫の遠吼ゑ(マケネコノトヲボヱ)]
まけねこの雑感 中東の若者が欧米に対して持つ圧倒的な「不公平感」。これは単に貧富の差に由来するものであろうか? 発展途上国に於いては、経済は好調であっても人口急増によって雇用が十分でない、という問題がある。しかしながら、中東の人々の抑圧された感情の根底にあるのは、「文明の興りの地に生まれた」という自尊心であるように思う。 アメリカ人の欺瞞とは、 メソポタミアを侵略して、地元住民に立法議会の利点を「教えてあげればよい」と本気で思っていることである。 そんな... [続きを読む]

« 米人気ドラマ『ボストン・リーガル』の挑戦 | トップページ | ラムズフェルド、鳥インフルエンザで大儲け »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31