« 911テロ調査委員会がブッシュ政権を批判:「テロ対策は改善されていない」 | トップページ | ポスト紙記者にCIA工作員名を漏洩した情報源はハドリー国家安全保障担当大統領補佐官 »

2005/11/21

ドイツ連邦情報局:「イラクの大量破壊兵器情報の誤りについて米政府に何度も警告した」

ドイツ連邦情報局(BND)の幹部5人がLAタイムズ紙に語ったところでは、イラクが大量破壊兵器を開発しているというイラク人情報源(コードネーム:カーブボール)の主張は信頼性に欠けるという件を、BNDは開戦前に繰り返し米情報機関に警告したが、米政府側は警告を無視して誤った情報を開戦の口実に引用したのでドイツ側は大変驚いたと告白している。

カーブボールの件でドイツ政府の情報機関幹部が米メディアに話すのは今回がはじめてとのことで、ブッシュ政権が各国情報機関からの情報を開戦のために歪曲した疑惑を裏付ける事実のひとつとして注目される。(source:米LAタイムズ紙2005年11月20日付

« 911テロ調査委員会がブッシュ政権を批判:「テロ対策は改善されていない」 | トップページ | ポスト紙記者にCIA工作員名を漏洩した情報源はハドリー国家安全保障担当大統領補佐官 »

« 911テロ調査委員会がブッシュ政権を批判:「テロ対策は改善されていない」 | トップページ | ポスト紙記者にCIA工作員名を漏洩した情報源はハドリー国家安全保障担当大統領補佐官 »