« 米下院コンヤーズ議員が大統領問責決議案を提出 | トップページ | 米軍の空爆再開でイラク市民多数が犠牲に »

2005/12/22

「アメリカとシリアなら、ロシアはシリア側につく」ロシア議員が激白

ロシアNovostiの報道によれば、ロシアの国会議員二人が、米国のシリア攻撃について挑発的なコメントをしている。以下に引用:

「戦略的な立場で選択するなら、ロシアは迷わずシリア側につくだろう。」
---シャミル・スルタノフ議員

「(レバノン首相)ハリリ氏暗殺の件でシリアを批判するのはアメリカにとって誠に都合が良い。なにしろ地中海の港からアクセスできるシリアは石油の宝庫だ。それに、イラクの問題から世間の目を逸らすために(シリア批判は)格好の材料となる。」
---ニコライ・レオノフ議員(ロシア国家安全保障委員会委員)

« 米下院コンヤーズ議員が大統領問責決議案を提出 | トップページ | 米軍の空爆再開でイラク市民多数が犠牲に »

トラックバック

« 米下院コンヤーズ議員が大統領問責決議案を提出 | トップページ | 米軍の空爆再開でイラク市民多数が犠牲に »