カテゴリー

アクセスの多い記事

« 「大統領の令状なし盗聴命令は違法」米議会調査部が二度目の報告を公開 | トップページ | シカゴ:ウォルマート新規店舗の従業員募集325人枠に2万5,000人が殺到 »

2006/01/25

ペンタゴン、軍人家族に『笑顔』を提供

笑顔の国防総省長官会見

「愛国的アメリカ人なら笑って笑って!」

イラク駐留米軍兵の戦死者はすでに2,200人を超えた。

イラク駐留米軍基地で兵士の洗濯・入浴用に使用されている水は、ユーフラテス川の水に比較して2倍ほど汚染されているという事実を、水を配給しているハリバートン子会社ケロッグ・ブラウン&ルート社は黙っていた。(汚染の事実は元従業員の内部告発で発覚した。)

「ブレアに騙された」と怒る英軍イラク帰還兵達は、女王から授与された戦時勲章をイーベイで売り出している

ノーベル経済学賞を受賞した経済学者ジョセフ・E・スティグリッツは、米国政府がイラク戦争で将来抱える総費用は2兆ドル(約229兆1,170億円)を超えるだろうと警告している

CBSニュースの元名物アンカーで『アメリカの良心』と呼ばれるウォルター・クロンカイト氏は、ベトナム戦争時代と同じように、イラクからの即時撤退をテレビで呼びかけている

・・・2006年になっても、イラク戦争に関する暗いニュースが続いているが、USA TODAY紙の報道によれば、悪い報せに怯える軍人家庭のために、米国防総省は風変わりな対策を開始しているらしい。それを伝えるUSA TODAY紙2006年1月12日付記事を以下に抜粋する:

ペンタゴンから軍人家族へ:「さあ、笑って!」(Pentagon to families: Go ahead, laugh)

by グレッグ・ゾロヤ記者:USA TODAY紙2006年1月12日付記事


イラク戦争のストレスが深刻化する現在、ペンタゴンは兵士の家族に奨めている。「笑い方を学習してください。」

州兵の家族達は、国防総省の笑顔教官の指導に従って、ペンギンのように歩き、ライオンのように笑い、「わっはっはっは」と声に出す訓練をしている。

これはジョークではない。

「機会があるごとに笑いますよ」元陸軍大佐で笑顔教官を務めるジェイムズ「スコティ」スコット氏は言う。「私がペンタゴンで歓迎されてるのは、あそこで生きるにはおおいに笑いが必要だからです。」

57歳のスコット氏は、医療としての笑いを推進するオハイオ州の『世界笑い振興会(World Laughter Tour)』から『笑い訓練スペシャリスト』の認定を受けている。同団体は、笑いを声に出すことは身体の免疫システムを向上させ、ストレスホルモンを減少させるという科学的研究を宣伝している。

国防総省広報官エレン・クレンキ中佐の話によれば、ペンタゴンは同研究に取り組んでおり、スコット氏の技術を評価している。「訓練に彼を派遣しています」中佐は言う。

笑いの訓練プログラムはスコット氏のアイデアによるものだ。同プログラムは米軍にとって実質的に何の費用も生じていない。というのも、スコット氏はすでに軍家族支援政策の責任者として、全米を巡業しているからである。

スコット氏は、これまでにアラスカ、カンサス、オクラホマ、テキサス、アイダホの州兵家族会で訓練を実施しており、今後もミシガン、ペンシルバニア、フロリダ等で同様の業務をする予定であるという。もう1人の笑いの訓練士も、ノース・カロライナで訓練に取り組んでいる。
(中略)


「笑う門には福来る」とペンタゴン関係者が本気で信じているのかどうかは不明だが、『笑いの訓練』の評価は上々らしい。同記事は以下のように伝えている:

「理由なしに笑うというのが指導方針です。それが、この訓練プログラムが軍人家族に非常に効果的な理由のひとつです」スコット氏は言う。「家族の方々は多くの心配事や、多大な不安にさらされてますからね」

スコット氏が言うには、参加者達が可笑しさを感じる中、訓練を止めた参加者はわずかに1人だけいて、その海兵隊上級曹長は、スコット氏言うところの『不快な笑い』を残して教室を去ったという。

退役軍人を夫にもつメアリー・フランセス・ブースは、昨年に笑いの訓練を受け、今では熱心な愛好者である。

メアリーの夫は、民間請負業者として働くためにアフガニスタンに旅立っていった。日曜日に夫をボイシ空港で見送った時、彼女と二人の娘、10歳のメーガンと8歳のサラは泣き崩れていた。その後、メアリーは笑う訓練のひとつを娘達に呼びかけた。

「娘達は“ママはまた笑う練習してるわ”と思って、私に呆れたでしょうね」メアリーは言う。「でも、それで少しは気が晴れたんですよ。」
(以上)

« 「大統領の令状なし盗聴命令は違法」米議会調査部が二度目の報告を公開 | トップページ | シカゴ:ウォルマート新規店舗の従業員募集325人枠に2万5,000人が殺到 »

イラク戦争」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/8326625

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタゴン、軍人家族に『笑顔』を提供:

» 笑い顔 [Manhole]
誰の映画だったろうか 若松御大か、足立さんか 昼下がりの団地の公園で若妻達が一様 [続きを読む]

» 衝撃!ラビヤ・カーディル暗殺未遂事件 [真silkroad?]
ひどい、衝撃的である、怒りの気持ちである。 トロロフ・ラフト財団HPにラビヤさんの衝撃的な写真ととも [続きを読む]

» 衝撃!ラビヤ・カーディル暗殺未遂事件 [真silkroad?]
ひどい、衝撃的である、怒りの気持ちである。 トロロフ・ラフト財団HPにラビヤさんの衝撃的な写真ととも [続きを読む]

» 米国防総省、イラク駐留兵に “ さあ笑え! ” [いいげるブログ]
米国産BSE牛肉再輸入停止はある意味想定内だったが、「 暗いニュースリンク ペンタゴン、軍人家族に『笑顔』を提供 」 を読んで驚いた。米国防総省はイラク駐留兵の家族に対し 「 さあ、 [続きを読む]

» 米国防総省、イラク駐留兵家族に “ さあ笑え! ” [いいげるブログ]
米国産BSE牛肉再輸入停止はある意味想定内だったが、「 暗いニュースリンク ペンタゴン、軍人家族に『笑顔』を提供 」 を読んで驚いた。米国防総省はイラク駐留兵の家族に対し 「 さあ、 [続きを読む]

» ホリエモンは本当に勝ち組だったか [Make Your Peace]
堀江元社長逮捕をめぐるマスコミのすさまじい報道ぶりを見ていて、私がずっと感じていた違和感の正体がわかりました。それは、「ホリエモンは果たして勝ち組だったか」という疑問です。 階層上昇を遂げて体制入りするには、人間の価値とは無関係に社会的資産が必要です。生まれ、育ち、人脈、学歴、能力、容姿etc・・・。それらに恵まれている人は、スタート地点から優位に立ち、体制の中でぬくぬくと生きていけるのです。 特に大切なのが最初の三つ。しかし、これは本人の生き方や志ではどうにもならないものですから、これ... [続きを読む]

» サイボーグ戦士、誰がために闘う [SWANの 「Trust me!」]
吹きすさぶ風がよく似合う・・・ 加速装置ッ!!!!! [続きを読む]

» 元GHQ軍人への手紙も検閲 [随想 吉祥寺の森から]
 今、アメリカでは海外からの手紙についてはかなり包括的に書簡の検閲を行うことができるというすさまじい法律を通して運用している。国内での書簡のやりとりにはさすがにそこまでの無茶はできないが、海外からの手紙は別扱い。これが元GHQメンバーとして日本で占領期に活躍...... [続きを読む]

« 「大統領の令状なし盗聴命令は違法」米議会調査部が二度目の報告を公開 | トップページ | シカゴ:ウォルマート新規店舗の従業員募集325人枠に2万5,000人が殺到 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31