カテゴリー

アクセスの多い記事

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

ロンドン同時多発テロ:MI6も知っていた

2005年7月21日にロンドンで発生した連続テロ事件の容疑者のうち少なくとも1人について、国外諜報を担当する英政府機関MI6(SIS:英秘密情報局)へ事前に知らされていた事実が、英サンデータイムズ紙へのリークで明らかになった。

報道によれば、2005年7月7日に発生したロンドン同時多発テロ事件の犯人グループ調査をしていたMI5(英保安部)が、テロ実行犯と同様にパキスタンに渡航した人物に関する調査(後の7月21日テロ実行犯)をMI6に依頼していたが、実際にMI6が対応したのは21日テロ後であったという。

7月7日のテロ実行犯の内少なくとも二人は、テロ発生の数ヶ月前から英国諜報部の監視下にあった事実から、MI5はテロ計画についてあらかじめかなり詳細に知っていたとの疑惑がもたれているが、英国内で死者50人以上、負傷者700人以上ものテロが発生した直後でさえ英諜報機関の捜査は後手に回ったわけである。その一方で、無実のブラジル人青年を、危険人物でないと知りながら、『射殺専用の銃弾』が込められた銃で、10数回も銃撃して射殺したのであった。しかも、この誤射事件には、SAS(英国陸軍特殊空挺部隊)の訓練を受け、IRA監視を任務としていた英陸軍諜報部『特殊偵察部隊』が関わっている。

警察側の証拠デッチアゲ捜査記録の捏造により、誤射事件の全容は未だ不明な点が多い。

射殺された27歳の『電気技師』ブラジル人青年ジャン・メネスは、何か『テロ対策上』都合の悪いことを知っていたのだろうか?

2006/02/26

ウィリアム・F・バックリー:「イラク戦争は失敗」

2003年当時、北部の小さな田舎州であるバーモント州から大統領選に名乗りを挙げたハワード・ディーン州知事は、イラク侵攻反対を唱えた結果、大手マスコミや政界から国賊扱いされた。米軍のイラク侵攻が始まる1ヶ月前の2003年2月17日、ディーンは演説で以下のように言っている:

「サダム・フセイン体制が崩壊した後に、どうやって平和を、治安状態を確保するかについて、ブッシュ政権は説明できていないのです。(中略)イラクという国は分裂しており、スンニ派、シーア派、クルド人勢力がお互いに激しく対立しており、各派とも大量の武器を入手できるんです。」

それから3年の月日が過ぎ、ディーンのような米政界のマイノリティ達が口にした懸念は現実となり、かつてブッシュのイラク侵攻を支持した米政界主流派の人々が、今ではイラク政策批判の急先鋒になりつつある。

米国保守派の高級誌ナショナル・レビュー誌の総監修者でアメリカ保守化運動の最重鎮の1人、ウィリアム・F・バックリー・ジュニアは、2006年2月24日付最新コラムで、イラク戦争は失敗だったと宣言している。

続きを読む "ウィリアム・F・バックリー:「イラク戦争は失敗」" »

2006/02/17

チェイニー副大統領誤射事件:悪趣味ジョーク傑作選

「皆さん良いニュースです。ついに大量破壊兵器が発見されました。ディック・チェイニーです。」

「ビン・ラディンは無理ですが、78歳の弁護士の拘束には成功しました。」

「ハッピーバレンタイン。本日は良いニュースをいくつか・・・今のところディック・チェイニーは誰も撃ってません。」

---デビッド・レターマン(CBS『レイトショーwithデビッド・レターマン』(source1source2

「チェイニーがやって来るんじゃないかと不安なんだよ」

---ブッシュ大統領実弟・フロリダ州知事ジェブ・ブッシュ、胸に警告用オレンジステッカーを貼り付け、ランチパーティに登場して一言。(source

ロブ・コドリー:
「ジョン、副大統領はハリー・ホイッティントン氏銃撃における自身の決定について固持しています。当時入手できた最高度の諜報によれば、その草むらにはウズラが居るはずだったのです。当時、人々は草むらにウズラが居ると信じていましたが、結局のところウズラではなく78歳の老人だったのです。そうした事実が明らかになった今でも、チェイニー氏はホイッティントン氏を正面から銃撃しただろうと主張しています。副大統領によれば、ホイッティントン氏の顔中に銃弾を浴びせた結果、世界は良くなったと信じているというのです。」
ジョン・スチュアート:
「ロブ、ホイッティントン氏は鳥じゃないとわかったのに、なぜ副大統領はそれでも彼を撃つと主張しているんだ?」
ロブ・コドリー:
「ジョン、911テロ以降の世界においては、アメリカ国民は自国の指導者に決断力を求めているんです。友人を正面から撃たない事がわかれば、アメリカが弱虫であるという誤ったメッセージをウズラ達に与えることになるのです。」

---『デイリー・ショーwithジョン・スチュアート』(source

「弁護士を撃ったと判明した途端に、支持率は92%に急上昇!」

「友人を撃ってから、副大統領は叫んだそうです:“国内盗聴が違法だって言う奴はどいつだ?!”

---ジェイ・レノ『トゥナイトショーwithジェイ・レノ』(source

『早撃ちディック』チェイニー副大統領の大失敗

先週土曜日(2006年2月11日)、テキサス州で狩猟パーティに参加していたチェイニー副大統領が、地元の有力弁護士で共和党支援者のハリー・ホイッティントン氏を、ウズラと見間違えて正面からショットガンで誤射するという事件が発生した。

事件の第一報がホワイトハウス側ではなく地元関係者側から地方新聞への報告という形をとっていたために、ワシントン周辺のエリートメディアは後追い報道で大騒ぎとなっている。

「最高のネタ」とばかりにテレビ番組では副大統領を揶揄するジョークが連発されたが、被害者の容態が当初思われていたよりも深刻であることが判明するとオフザケムードは一変。事件直後からのホワイトハウス側の対応や報道規制を巡り、副大統領に対する辞任の声はより大きくなりつつある。

続きを読む "『早撃ちディック』チェイニー副大統領の大失敗" »

2006/02/12

ブッシュの2006年度一般教書演説(2)石油中毒からの脱出?

「合衆国大統領が何か発言する場合、それは本気です。世界からの信頼を勝ち取るには、我々の発言内容は本気でなければいけません。」

---ジョージ・W・ブッシュ、2006年1月11日の演説における発言

75%の幻想

先日行われた2006年度一般教書演説において、ブッシュ大統領はアメリカの石油中毒ぶりを嘆き、石油に代わる代替エネルギーの研究開発に取り組み、水素自動車やハイブリッド自動車の増加を促進し、目標値として「2025年までに中近東地区からの石油輸入量を75%以上削減してみせる」と豪語した。

すると次の日、米エネルギー省のサミュエル・ボドマン長官は大統領の掲げた目標を「単なる例え」と表現。中近東地区からの石油輸入削減についても早期の実現は困難であると説明した。ブッシュ大統領の公約は、発表からわずか1日で、当局者によってあっさり否定されたわけである

「本気でもないのに、なぜブッシュ大統領は中近東地区からの石油輸入量削減について演説で言及したのか?」という記者の質問に、或る大統領側近は「大統領は、聴衆が理解しやすいように課題を誇張したかっただけ」と暴露している

続きを読む "ブッシュの2006年度一般教書演説(2)石油中毒からの脱出?" »

2006/02/10

「チェイニー副大統領から承認を得て機密を漏洩」リビー容疑者が自白

CIA工作員名を漏洩した容疑で起訴済みのルイス“スクーター”リビー元副大統領首席補佐官が、ジャーナリストへの機密漏洩は副大統領やブッシュ政権内の他の閣僚の承認の下で行われていたと連邦大審問で証言していたことが判明した。ナショナルジャーナル誌2006年2月9日の報道

今のところ、リビー容疑者の偽証罪に関する裁判は、2007年1月から開始される予定となっており、2006年の中間選挙で共和党側へ悪影響を及ぼさないよう“配慮”されたスケジュールとなっている。しかし、チェイニー副大統領が機密漏洩を指示していた事実が暴露された今、大統領及び副大統領の辞任を求める声が高まるのは必至の情勢となった。

加えて、リビー容疑者の捜査に伴いホワイトハウス執務室の関係書類押収が決定したという内部情報を入手したゴンザレス司法長官は、捜査員が来る直前にホワイトハウス側に操作情報を漏らし、電子メール削除などの証拠隠滅を助けたという新たな疑惑も持ち上がっている。すでにホワイトハウス側が証拠書類の隠滅を図った事実についてフィッツジェラルド特別検察官は調べ始めているので、今後の調査の進展によっては司法長官の辞任も必至となる。

2006/02/06

ブッシュの2006年度一般教書演説(1)アメリカと世界の破壊継続を宣言

『石油中毒』

2006年1月31日、第43代合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュは下院議場で年頭恒例の一般教書演説を行った。相変わらず自画自賛とウソの目立つ内容だが、今回の演説では、新たに興味深いフレーズが登場した。大統領はこう言ったのである:


「アメリカは石油中毒で、その多くは政情が不安定な地域からの輸入に依存しているのです。」
America is addicted to oil, which is often imported from unstable parts of the world.)

石油中毒!?今更何を・・・?全米国民の約半数はそう思ったことだろう。米有名ブログ『Attytood』は、これを揶揄する替え歌『Addicted to Oil(石油におぼれて)』故ロバート・パーマーの80年代大ヒット曲『Addicted to Love(恋におぼれて)』のパロディ)即座に掲載した。その歌詞は以下のような感じ:
灯りはついても 家には居られない
お前の心はチェイニーのモノ
冷や汗かいて 体は震える
落ち着くために もう一杯飲まなきゃ

スクーターは辞めちゃった 支持率は悲惨
間違いなくお前は嵌ってる
弾劾の噂で窒息しそうだ
次の戦争こそ お前が必要とする全てだ

おおっと、難題から国民の目を逸らしたいんだろう?oh yeah!

そろそろ真実に気づかれそうだ エクソンはもっと稼ぎたがってるんだ

もう認めろよ、お前は石油中毒なんだ


メモまで暴露された でもお前は読めない
だからイランを攻撃しなきゃ
兵隊達を 2倍働かせて
次の戦争を始めれば 全ては俺のモノ それしかないさ

燃料なんて蓄えてない
国民にはひたすら忘れて欲しいんだ
いくらか残りがあっても
シェブロンは気にも留めないよ

おおっと、大統領職は苦労の連続だと言いたいんだろ?oh yeah!

でも本音は、中東が沸騰するのを見たいだけなんだ

もう認めるしかない、 お前は石油中毒なのさ

認めろよ、 お前は石油中毒だ
認めろよ、 お前は石油中毒だ
認めろよ、 お前は石油中毒だ
認めろよ、 お前は石油中毒だ
(以下略)

続きを読む "ブッシュの2006年度一般教書演説(1)アメリカと世界の破壊継続を宣言" »

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31