カテゴリー

アクセスの多い記事

« ウィリアム・F・バックリー:「イラク戦争は失敗」 | トップページ | 米世論調査:ブッシュ大統領支持率34%、最低記録更新 »

2006/02/28

ロンドン同時多発テロ:MI6も知っていた

2005年7月21日にロンドンで発生した連続テロ事件の容疑者のうち少なくとも1人について、国外諜報を担当する英政府機関MI6(SIS:英秘密情報局)へ事前に知らされていた事実が、英サンデータイムズ紙へのリークで明らかになった。

報道によれば、2005年7月7日に発生したロンドン同時多発テロ事件の犯人グループ調査をしていたMI5(英保安部)が、テロ実行犯と同様にパキスタンに渡航した人物に関する調査(後の7月21日テロ実行犯)をMI6に依頼していたが、実際にMI6が対応したのは21日テロ後であったという。

7月7日のテロ実行犯の内少なくとも二人は、テロ発生の数ヶ月前から英国諜報部の監視下にあった事実から、MI5はテロ計画についてあらかじめかなり詳細に知っていたとの疑惑がもたれているが、英国内で死者50人以上、負傷者700人以上ものテロが発生した直後でさえ英諜報機関の捜査は後手に回ったわけである。その一方で、無実のブラジル人青年を、危険人物でないと知りながら、『射殺専用の銃弾』が込められた銃で、10数回も銃撃して射殺したのであった。しかも、この誤射事件には、SAS(英国陸軍特殊空挺部隊)の訓練を受け、IRA監視を任務としていた英陸軍諜報部『特殊偵察部隊』が関わっている。

警察側の証拠デッチアゲ捜査記録の捏造により、誤射事件の全容は未だ不明な点が多い。

射殺された27歳の『電気技師』ブラジル人青年ジャン・メネスは、何か『テロ対策上』都合の悪いことを知っていたのだろうか?

« ウィリアム・F・バックリー:「イラク戦争は失敗」 | トップページ | 米世論調査:ブッシュ大統領支持率34%、最低記録更新 »

ロンドン同時多発テロ事件」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/42241015

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン同時多発テロ:MI6も知っていた:

« ウィリアム・F・バックリー:「イラク戦争は失敗」 | トップページ | 米世論調査:ブッシュ大統領支持率34%、最低記録更新 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31