カテゴリー

アクセスの多い記事

« ブッシュの新たな敵:タブロイド紙 | トップページ | タブロイド紙の攻撃再び »

2006/10/25

グレッグ・パラスト:「選挙不正のレシピ」

英BBCとガーディアン紙を中心に活躍するアメリカ人ジャーナリスト、グレッグ・パラスト氏の最新コラム以下に全文翻訳して掲載。パラスト氏は2000年米大統領選挙でブッシュ陣営が行った大掛かりな不正行為を英BBC放送チームと共に暴露し、世界的に知られる(アメリカ人から忌み嫌われている)名物調査報道記者である。

Armed Madhouse

グレッグ・パラストの最新著作『Armed Madhouse

2000年と2004年大統領選挙で共和党系草の根組織による大規模な不正が行われていた件は、すでに米国と日本以外の海外メディアで報道されているが、『民主主義の主導国家』を自負するアメリカ国民は、一般的に右派も左派も自国の貧相な選挙システムの問題についてはほとんど黙認している感じだ。

しかしそれでも、下院のジョン・コンヤーズ議員や、ブラッド・フリードマンなどの著名ブロガー、各種市民団体の執念深い追求によって米国選挙システムの問題が注目され始めており、少しづつ事態は好転し始めている。(といっても、今のところ選挙不正が減少しているわけではなくて、不正を警戒し監視しようという国民が増えているだけのことだが、民主党権威派のような黙認・無視姿勢よりマシである)

Votingbooth

ワシントンポスト紙の最新報道によれば、バージニア州上院議員立候補者のうち、民主党候補の名前が候補者一覧画面で一部欠落しているという奇妙な不具合が発覚。選挙管理委員よれば「不具合修正は中間選挙に間に合わない」。これでまたしても無効票が続出?

そんなわけで今年11月7日の米中間選挙も(報道はされないだろうが)全米各地で大混乱になるだろう。サロン誌の調査によれば、オハイオ、フロリダ、アリゾナ、インディアナ、カリフォルニア、ミズーリの各州では、州の投票規定(投票抑制政策と揶揄されている)により、少数民族への投票妨害が行われると予測されている。前回選挙でもっとも大胆な不正をしたオハイオ州務長官は、すでに今年の選挙に備えて投票所での出口調査を大幅に制限(事実上は禁止)すると宣言し、メディア各社から抗議されている。イリノイ州シカゴでは、135万人分の有権者登録データベースが外部から容易に操作可能というシステム不具合が発覚している。ワシントン州シアトルでは、有権者登録用紙の配達が遅れて、1,100人ほどの住民が2006年度の投票権を失っている(遅れたのは偶然にも少数民族と貧困層の登録分だ)。米国中に設置される電子投票システムの信頼性の低さはすでに専門家のお墨付きだが、その管理体制と運用も大問題である-選挙管理スタッフが機械をまるごと持ち帰ったり、集計プログラムの内容を容易に変更できたりするのだ。

はたして、アメリカ合衆国で民主的且つ公正な投票と正確な票集計が実現する日はくるのだろうか?

選挙不正のレシピ(Recipe for a Cooked Election)

by グレッグ・パラスト:YES!マガジン2006年10月21日付掲載

アメリカ民主主義の汚らわしい秘密のひとつは、国政選挙をするたびに、投じられた票の多くがあっさりとゴミ箱に放り込まれることだ。『無効票』と呼ばれるこうした票は、判読不能か、損傷しているか、書式が不正確ということになり、カウントされることもない。この『無効』制度は数十年前から存在しているが、最近の選挙では前例のないほど大量に昇っている。例えば2004年度大統領選挙では、300万票以上がカウントされなかった。

それと同じくらい深層に隠れた秘密は、国民がその問題に取り組み始めていることだ。ニューメキシコでは、組織的な投票消失に怒った市民団体が、変革を迫り、実現された。

合衆国選挙システムの問題を扱った書籍
What Went Wrong In Ohio

What Went Wrong In Ohio: The Conyers Report On The 2004 Presidential Election』米下院司法委員会を率いるジョン・コンヤーズ議員(民主党・ミシガン州)が、2004年度大統領選挙時のオハイオ州で発覚した大掛かりな選挙不正の実態を調査し、公式報告書にまとめたもの。この調査では公聴会も開催され、大量の黒人有権者が投票できなかった事態が明るみになった。2000年度大統領選挙時にフロリダ州で大量の黒人住民の公民権を不当に剥奪した犯人は州務長官キャサリン・ハリス(共和党・フロリダ州ブッシュ選挙チーム責任者)だったが、2004年度大統領選挙時にオハイオ州で大量の黒人有権者の投票を阻んだ不正の犯人はオハイオ州務長官ケン・ブラックウェル(共和党・オハイオ州ブッシュ選挙チーム委員)。驚いたことに、ハリスもブラックウェルも選挙不正の功績により共和党内で異例の出世を果たし、今年の中間選挙でハリスはフロリダ州上院議員に、ブラックウェルはオハイオ州知事に立候補している。

Fooled Again

Fooled Again』ニューヨーク州立大学教授で政治評論家マーク・クリスピン・ミラーの暴いた2004年度大統領選挙不正の実態。

Steal This Vote

Steal This Vote: Dirty Elections and the Rotten History of Democracy in America』英インディペンデント紙記者アンドリュー・ガンベルがアメリカ合衆国の国政選挙の不正の歴史を辿る。イギリス人も首を傾げる米国の選挙システム。

Book_wasthe2004presindential

Was The 2004 Presidential Election Stolen?: Exit Polls, Election Fraud, and the Official Count』ロバート・F・ケネディ(JFKの甥で弁護士)がローリングストーンズ誌上で2004年度大統領選挙で不正が行われたと暴露し大騒ぎになった件の元ネタ本。

What Happened in Ohio

What Happened in Ohio: A Documentary Record of Theft And Fraud in the 2004 Election』オハイオ州在住のジャーナリスト達が、地を這うような調査で州務長官ケン・ブラックウェルの行った選挙不正を暴いた話題の書籍。

2004年度大統領選挙時、オハイオではブッシュの『勝利票差』をはるかに超える15万3,237票があっさりと廃棄された。ニューメキシコでは、同州でブッシュが獲得したとされる勝利票差5,988票の3倍以上の票がカウントされなかった。アイオワ州では、ブッシュの勝利票差1万3,498票を圧倒する3万6,811票が無効になった。公式な無効票の数は酷いものだ-連邦政府の機関である選挙支援委員会の公式発表によれば、185万5,827票が無効票とされている。しかし連邦政府職員は、多くの都市や州で報告されたデータがあまりにも恥ずかしいので、カウントし損なった票について報告しなかった。

そうした報告漏れを修正すると、投票されてもカウントされなかった票数は360万380票にまで到達する。なぜ合衆国政府はこの事実を国民に教えてくれないんだろう?

ああ、ちゃんと報告済みだった。選挙から7ヶ月後に発表された米国勢調査局の報告書・・・の脚注にちゃんと掲載されている。2004年度大統領選挙に投票した有権者の合計人数と、下院の職員が集計した投票用紙の『差』は340万票と書かれているのだ。

これが大統領選挙の隠された投票の実態だが、国勢調査局のささやくような脚注を別にすれば、全く報道されていない。選挙業界では、このような失われた票を『無効票』と呼ぶ。大統領を選んだのは国民ではなく、この『無効票』なのだ。残念ながら、それで話は終わりじゃない。技術上の『不具合』で集計から除外された300万票に加えて、投票を拒否される有権者の存在により、さらに数百万票が失われている。この『無投票グループ』には、有権者登録を違法に拒否され、あるいは有権者名簿から誤って削除されていた人々が含まれる。

スターリンはかつて言った。「票を投じる者が決定するのではない。票を数える者が決定するのだ」。昔のソ連ならそれも真実だっただろうが、しかし合衆国では、ゲームはもっと巧妙に行われる。投票を確実にカウントされないようにした者が、勝者を決定するのだ。

2004年大統領選挙が迫っていた頃、数百万人のアメリカ人が、コンピューター投票機を前にパニック状態になっていた。ディック・チェイニーの地下壕の中で、悪魔的な天才ハッカーがプログラムを書き直し集計を操作するイメージが飛び交った。しかし、それで終わりではなかったのだ。

コンピューターの騒ぎはマクガフィン-マジシャンが観客の気を逸らすために使うニセの仕草だった。選挙強奪の主要な手口-投票を廃棄する手口-は暴露されず、報道されず、さらに最も重要なことに、修正もされないどころか、さらに大きなスケールで次回選挙に備えているのだ。

犯罪現場を検証する法医学調査チームのように、無効となった300万以上の票の発掘から検死を開始してみよう:

暫定票がカウントされなかった。
全く新たなこの投票システムは2004年度から全州的に導入された。これがブッシュの勝利に重大な役割を果たした。“暫定票”で共和党が勝利したというわけではない。民主党支持層が多数を占める地区でこの“暫定票”を拒否することに共和党は勝利したのだった。カウントされなかった票の数は驚きである:連邦政府に報告された分だけで、67万5,675票が消失している。選挙管轄不明分と郵送未到着分を加えると、100万票を超える。総計で、109万729人分の暫定票がカウントされなかったのだ。
無効票。
投票したら、カウントされるのが当然と誰でも思うだろうが、考え直してほしい。あなたの記入した『×』は薄くて機械は読み取れなかったのだ。パンチカード式投票用紙の時は、充分強く穴を開けなかったおかげで『穿孔不備』になりましたね。したがって、あなたの投票はカウントされず、さらに重大なことに、あなたはそれを知ることができない。連邦選挙支援委員会は合計で100万票近くが、投票されながら集計されなかったと報告している。あまりにも内気なのでワシントンに報告できなかった州の集計結果を加えると、『無効票』合計数は不愉快にも138万9,231票にもなった。
不在者投票がカウントされなかった。
2004年度、不在者投票利用者数は多くの州で急増したが、わずかな技術上の問題で拒否された票数は52万6,420票。接戦州では、不在者投票の廃棄が大流行になった。
有権者が投票所前で締め出された。
不器用さと詐欺のおかげで投票機械にたどり着けなかった有権者が大勢いた。『重罪犯』の投票を阻止する行為が引き続き行われ、数千人の有権者が、単に黒人というだけで投票できなかった。特定の地区で投票所が閉鎖されるという巧妙なゲームが行われ、信じがたいほどの行列が発生した。この手法で失われた投票数を正確に集計するフリをするのは、バラバラ死体から銃弾を捜すよりも困難だ。しかし、投票所から締め出された有権者の数は少なく見積もっても数十万に到達するだろう。


不正の検証

しかし、こうした消失票が果たして選挙結果を変えただろうか?民主・共和の両支持者が暫定投票や不在者投票を利用したし、集計機械は『穿孔不備票』が民主党支持か共和党支持か判別できなかったじゃないか?ところがそうではないのだ。それを検証するために、我々はニューメキシコに飛んだ。

2004年11月の早期投票で、ニューメキシコ州タオスの第13番投票区では、ジョン・ケリーが73票、ジョージ・ブッシュは3票獲得した。選挙日当日には、当地区でケリーは216票獲得し、ブッシュは25票獲得して3位につけた。

3位?同地区で40票獲得して2位につけたのは、何者でもなかった。

少なくとも、機械はそう判別したのだ。

第13投票区は、プエブロ・デ・タオス(世界遺産に指定されているアメリカ先住民居住区)として知られている。同地区の有権者は、先住民か、先住民と結婚した人だ。

第13投票区は特殊ではない。ナバホの土地では、優柔不断が大流行だ。投票所に来たのに、投票できない。ニューメキシコ州マッキンリー郡では、住民の74.7%がナバホ族だが、大統領を指定したのは10人中1人以下だ。早期投票や不在者投票をした人たちは、自分が誰に投票したいか知っていた。(大部分がケリーだ)しかし、機械による集計によれば、先住民の有権者は決心がつかなかったか、誰に投票しようと気にしないということになる。

ニューメキシコ州では、先住民が多数を占める投票区の平均して7.3%-有権者12人に1人の割合で、大統領への投票がなかった。これは白人の投票棄権率に比較すると3倍になる。合衆国中のあらゆる先住民集落、あらゆる先住民保留地で、同じような事が起きている。

国内全体で、アメリカ先住民有権者12人中1人分の投票が大統領を指定していなかった。数千人もの先住民達が、投票所まで運転して、投票機械の前まで歩み出て、「誰でもいいや」と言って大統領へ投票せずに去っていたわけだ。

さて、我々はタオス集落の第13投票区に立ち寄った。“古い”集落というのは実に古い-500年から1000年前に建てられた場所だ。日干しレンガの住居が泥のマンションみたいに連なり、電気も水道もなく、記録で見る限り共和党員もいない。長い白髪を後ろで縛り、フランクステーキのようにでかい手をした大男リチャード・アーシュレタ氏は、集落観光の首長を務める人物だ。リチャードは、優柔不断さが先住民の無効票の原因であるという説を信じていない。先住民達は、先住民管轄局の認可の下で得られる賭博事業の免状と、最大の雇用先である米軍基地での労働条件を気にしていた。

集落の泥レンガ壁には、民主党支持を訴える手書きのまじないが描かれていたが、共和党向けには何もなかった。優柔不断?先住民達は民主党支持だ。以上調査終わり。肌の色で見る限り、大統領を選択できないのは先住民だけではないらしい。ニューメキシコ全体では、優柔不断は大流行だった・・・少なくとも、有色人種の間では。なにしろ機械はそう言っている。州全体で、ヒスパニック系が多数を占める地区の無効票率は7.1%だった。

我々は、米国人権委員会で統計を指揮する専門家、フィリップ・クリンクナー博士にニューメキシコのデータ調査を依頼した。博士の確固たる統計分析で明らかになったのは、ヒスパニック系住民が投票を無効とされる確率は、白人の場合に比較して5倍高くなるというものだった。先住民の場合はもっと高くなる。ヒスパニック系と先住民系の投票数は決して少なくはない。ニューメキシコ州では住民10人あたり1人が先住民(9.5%)で、残り約半分(43%)がメキシコ系アメリカ人である。

我々のチームは、タオス居留地からリオ・アリバ郡エスパノーラまで砂漠を一時間ほどかけて北上した。公式集計によれば、同地でメキシコ系アメリカ人が有権者登録している投票区では、過去2回の大統領選挙で大統領への投票はほとんどゼロだった。エスパノーラの住民はロス・アラモス研究所に務める人たちだが、白衣を着た博士達ではなくて、廊下を掃除する女性や毒物を廃棄する男性達である。ここはブッシュ支持派の住む地区ではなく、我々が出会った人々は、投票推進運動の主導者を含めて、投票所で大統領支持欄に無記入を主張するヒスパニック系住民は見たことがないという。ニューメキシコ州では、メキシコ系アメリカ人の大多数や、先住民の圧倒的多数(90%以上)は民主党支持派である。

こうした有権者が優柔不断でなかった場合は?もし彼等がきちんとパンチ穴を開けて投票したのに、集計されなかったとしたら?さあ、計算してみよう。ニューメキシコ州で無効票とされた2万1,084票のうち89%が少数民族の投票によるもので、1万8,765票の少数民族票が失われたことになる。もしも先住民やヒスパニック系住民に白人以上の優先権があったなら、同地でブッシュがケリーを負かした“勝利票差”5,988票は、1万8,765人分の投票でひっくり返せたことだろう。しかし、それには票がカウントされる必要があったのだ。


選挙産業の官民複合体

ヒスパニック系住民と先住民の居住区で、10人中1人が大統領を選択していないのに、ニューメキシコ州の州務長官、レベッカ・ビジル・ジロンは不思議なほど無関心だった。

ビジル・ジロンは、州知事のビル・リチャードソンと共に、単に票を再集計しようという試みを止めさせただけでなく、全ての投票機械からデータを削除するよう要求した。これは選挙不正の可能性を示す証拠を隠蔽したのではなく、証拠を隠滅したことになる。2006年度、ニューメキシコ州最高裁は、投票機械のデータを削除するよう命令した州務長官の行為を違法と認定した。もちろん、選挙結果を修正するには遅すぎたのである。

しかし、ビジル・ジロン州務長官を疑うなんて我々は何様のつもりだろう。なにしろ彼女は地元の大物で、全米州務長官協会の会長を務めている。つまり彼女は米国選挙業界のボスなのだ。

ビジル・ジロンは、票の再集計を止めさせた後に、ナバホ族達の失われた投票用紙を捜すべく通りを歩く代わりに、州を出てミネアポリスで開催された全米州務長官協会の会議を司宰した。船上夕食会だった。月夜の船出の勘定を払ったのはタッチスクリーン投票機メーカーのES&S社だ。好奇心満々の方のために付け加えておくと、朝食を提供したのはタッチスクリーン投票機メーカーのディーボールド社である。

これを書いている今頃、ビジル・ジロンは業者や州務長官仲間達と次の大仕事の計画を練っていて大忙しのはずだ。今回はサンタフェである。ウォルマートがスポンサーに加わったことを別にすれば、選挙産業における官民複合体の内部事情は今までと変わりない。

しかし、ひとつだけ違うことがある。


市民運動は?

ビジル・ジロンが仲間の州務長官達と挨拶し、くだけた様子で参加スポンサーに紹介している間、たぶん彼女は一部の話題について沈黙を通すことだろう。初めて市民活動に参加した者もいるような、やる気満々の市民で構成された『有権者行動会(Voter Action)』が、投票機械不良と票の再集計違反の件で、2005年にニューメキシコ州行政府を訴えたのだ。活動家達は、ニューメキシコ州の崩壊した民主主義の秘密を暴露し、社会活動を展開した。昨年、有権者行動会は我々調査チームを招待し、アルバカーキとサンタフェで開催された大掛かりな市民会議の場で、調査結果を公開したのだ。まもなく、恐ろしい投票消失ゲームの実態が地元コミュニティラジオやテレビ局で報道された。活動は成功したのだ。

リチャードソン州知事は、この問題から3年間逃げ続けてきた。州務長官は、制度改善要求に対して敵対心をあらわにしていたが、市民の怒りに直面して態度を軟化せざるをえなくなった。2006年2月、リチャードソンは州内で行われる全ての選挙で、新型紙投票機械と検証可能な集計システムを用意する法律を制定した。今では、リチャードソンは投票制度改革運動の主導者になったと主張している。

有権者行動会は、ニューメキシコでの成功を機に、新たに7州で訴訟を提起し、各州の州務長官が、不正確でセキュリティリスクがあり、すでに信頼性がないと証明された電子投票システムを購入しないよう要求している。

ニューメキシコで我々はまたしても学んだ。自由を護るのは永遠の警戒心なのである。自分の選挙権を護るために、選挙前、選挙の最中、そして選挙後に、自分の州で何が起きているのかあなたも知っておくべきだし、自ら指導者達に説明責任を求めるべきなのだ。
(以上)

« ブッシュの新たな敵:タブロイド紙 | トップページ | タブロイド紙の攻撃再び »

選挙」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/12425258

この記事へのトラックバック一覧です: グレッグ・パラスト:「選挙不正のレシピ」:

» 日本は? [よもやま]
 暗いニュースリンクのグレッグ・パラスト:「選挙不正のレシピ」より、これはどこの [続きを読む]

» 米国の選挙のいい加減さを伝えるユーチューブ動画 [低気温のエクスタシーbyはなゆー]
「VIDEO THE VOTE」 http://www.videothevote.org/ 据え付けのユーチューブ動画には、黒人有権者(民主党支持者が多い)の比率が高い選挙区のヒドい状況が収録されている。 ・投票所までの道が暗い上に案内表示がまったくない。 ・登録がしていないと言われ..... [続きを読む]

« ブッシュの新たな敵:タブロイド紙 | トップページ | タブロイド紙の攻撃再び »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31