カテゴリー

アクセスの多い記事

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/30

リトビネンコ事件:主要登場人物をまとめてみる

元ロシア連邦保安庁(FSB)中佐、アレクサンドル・リトビネンコ氏の変死事件はあまりにも衝撃的だったが、その後の事件調査の展開も実に複雑で、情報が錯綜しており、今後の展開も全く予測がつかない。

リトビネンコ氏周辺の人々は、プーチン露大統領を暗殺犯として批判しているが、死に至る過程がこれほど派手に報道された事件を指して暗殺というには少々違和感があると言わざるをえない。それに比べると、今年10月7日に自宅前で射殺体として発見されたロシア女性ジャーナリスト・ポリトコフスカヤさんの事件はまさしく『暗殺』だった。この二つの事件を同列に並べようとするPR企業側の努力と、それに素直に従うメディア報道の単調さには目を見張るものがあるが、二つの事件の背後にある犯行動機はかなり性質が異なるように思われるし、手法も全く異なり、事件の影響力もまるで違っている。(今回の事件では、ロシアの資源マフィア筋が“商品”を使って仇敵に復讐したようにも見える。)

二つの殺人事件の大きな共通点は、どちらもプーチン大統領にとって大変気まずいタイミングで発生したということだ。女性ジャーナリストの射殺体が発見されて2日後、プーチンはEU指導者との非公式ミーティングに出席しなければならなかった。そして今度は、フィンランド首都ヘルシンキで開催されたEU指導者会議に出席している最中に、リトビネンコ氏の死が世界中で報道されている。冷酷非道な独裁者プーチンにとって、政敵を暗殺するなど朝飯前だろうが、合衆国の天然残虐二世大統領と違って、秘密工作だらけのKGBを駆け上ってきたプーチンには頭脳があるはずだ。FSB要員の亡命と反抗を本当に恐れているなら、黙って亡命者達の資金源を絶つのがより合理的且つ効果的ではないか。

今やロンドンは放射性物質への恐怖で大騒ぎになっている。航空機もホテルもお店も街角でも毒物捜索の最中である。爆弾テロ事件以来、スコットランドヤード側の捜査体制も強化されているので、実行犯の特定は可能だろう。さらに世界中の大手メディアが、プーチンの出身組織がいかに冷酷無比な殺人集団であったかをわかりやすく特集してくれている。このもようを連日テレビで観ながら、果たしてあの陰気なプーチンが手を叩いて喜んでいるだろうか?

・・・とりあえず、現在までの報道を元に、以下に主要な登場人物についてまとめてみた。どの人物も、実に興味深い経歴の持ち主ばかりだが、米軍侵攻後のイラクで活躍したPR企業が、今回の事件でも活躍している件はもっと注目されてもいいだろう。他にもSISMI、ユコス石油、ブッシュ家等、見慣れた名称があちこちに見え隠れするが、これらはもちろん偶然の産物である。

ところで、今回の事件に使われたとされるポロニウム210は、製造・入手きわめて困難と当初報道されていたが、サンフランシスコ・クロニクル紙の報道によれば、ネット通販で誰でも購入可能ということだ。極めて少量のポロニウム210なら、ケース付きで1個69ドル、宅配便で配達OK!詳しくはユナイテッド・ニュークリア・サイエンティック・サプライ社へどうぞ。


続きを読む "リトビネンコ事件:主要登場人物をまとめてみる" »

2006/11/21

英ガーディアン:『CIAはロバート・ケネディを暗殺したのか?』

昨夜、英BBC放送ニューズナイトで、映像ドキュメンタリー作家シェイン・オサリバン氏の取り組んでいるロバート・ケネディ暗殺事件調査レポートが放送された。同レポートでは、事件現場に3人のCIA工作員が居合わせた疑惑を調査し、暗殺の背後にCIAが関与した可能性を示唆している。作品のプロモーションであるとしても大変興味深いので、英ガーディアン紙にオサリバン氏が書いたコラム以下に全文翻訳して掲載する。(ちなみに、最新のケネディ暗殺研究本『Ultimate Sacrifice: John and Robert Kennedy, the Eplan for a Coup in Cuba, and the Murder of JFK』では、ューバに利権のあるマフィア各組織が、カストロ体制転覆を本気で計画していたケネディ兄弟を懸念し、暗殺を主導したという説が展開されている。詳細は同書の公式サイト上で説明されている。)

続きを読む "英ガーディアン:『CIAはロバート・ケネディを暗殺したのか?』" »

2006/11/17

クルーグマン:『真の庶民派』

米国を代表する経済学者ポール・クルーグマン氏のニューヨークタイムズ紙連載コラム2006年11月13日掲載分を以下に全文翻訳。

続きを読む "クルーグマン:『真の庶民派』" »

2006/11/15

2006年米中間選挙:まだ票を数えてます!

First Selectman Richard Matters, left, looks on as Vote Moderator Mark Schwab, center, counts votes Friday, Nov. 10, 2006, in Franklin, Conn.

コネチカット州第2区の票集計風景。例によって集計作業のミスがあったもよう。

2006年アメリカ中間選挙投票日から1週間が経過した。民主党が12年ぶりに上院・下院で多数を占める地すべり的勝利を経験し、ブッシュ政権は大幅な政策変更を余儀なくされるとみられている・・・が、13日の段階で、まだあちこちで票集計が続いており、下院の議席が8人分未決のままだ。

以下は、票集計が終わっていない下院選挙区の状況である。AP通信の速報より

  • コネチカット州第2区。わずか66票差で、民主党のジョー・コーテニィが共和党現職ロブ・シモンズにリードしている。15日中に再集計を完了する予定。16日速報追記再集計の結果、わずか91票の差で、民主党新人ジョー・コートニーが現職の共和党議員を破って当選した。)
  • ジョージア州第12区。わずか600票差で、民主党現職ジョン・バロウが共和党元議員マックス・バーンズにリードしている。15日に再集計の予定。
  • ニューメキシコ州第1区。共和党現職ヘザー・ウィルソンが、民主党のパトリシア・マドリッドに1,500票リードしているが、3,700票ほどが未集計。
  • ノースカロライナ州第8区。共和党現職ロビン・ヘイズが、民主党のラリー・ケッセルに対し449票差でリードしている。暫定票が1,500人分未集計のまま残されている。
  • オハイオ州第2区。共和党現職ジーン・シュミット(通称:意地悪ジーン)が、民主党のビクトリア・ウルジンに対し2,300票差でリードしている。暫定票と不在者投票の集計にあと2週間ほど必要とのこと。
  • オハイオ州第15区。共和党現職デボラ・プライス(下院共和党指導部委員)が、民主党のメアリー・ジョー・キルロイに対し3,536票差でリードしている。地元選挙管理委員会の発表によると、11月18日にミシガン対オハイオ州立大学フットボール試合が開催されるので、それまで集計作業は休止するとのこと。19日から残りの票集計が開始される予定。
  • ワシントン州第8区。共和党現職デイブ・レイシャートが民主党のダーシー・バーナーに対し3,500票差でリードしている。大量の郵便投票分が未集計のまま。16日速報追記:元マイクロソフト社社員で民主党の新人女性候補ダーシー・バーナーが敗北宣言。共和党現職のデイブ・レイシャート議員が5,767票差でリードしていたが、全ての集計を終えたわけではないようだ。有権者の権利を軽視する姿勢は共和・民主ともに大差ないと言える。)
  • ワイオミング州第1区。共和党現職バーバラ・キュービンが民主党のゲイリー・トラウナーに対し予備集計では1,000票差でリードしている。民主党候補側は15日以降に再集計を求める構え。

2006/11/10

ボルトン米国連大使、年内辞任か

米保守派ニュースサイトのNewsMaxによると、ジョン・ボルトン米国連大使が年内で辞任する公算が高いとのこと。

ジョン・ボルトン米国連大使

強硬派で知られるネオコン外交官、ボルトン“暫定”米国連大使。国連嫌いで知られるボルトンは、それ以上に国連から嫌われていた。ラムズフェルドの後任に指名されたボブ・ゲイツ同様イラン・コントラ事件の犯人グループの1人でもある

2005年にブッシュ大統領の指名を受けて国連大使に仮着任したボルトンは、結局米上院議会から正式承認されぬまま現在に至っている。今年9月、再開されたはずの上院の承認作業は再度キャンセルされており、まもなく国連大使職を解かれると予測されていた

このまま辞任すれば、ジョン・ボルトンは米国歴史上初の、正式承認されなかった国連大使として名を残すことになる。

追記:9日のホワイトハウス定例記者会見で、ブッシュ大統領がボルトンの議会承認を上院に再申請する意向であることが正式に発表された。しかし上院外交委員長就任予定のジョー・バイデン議員(民主党)は、ボルトンの再指名について議会承認を見送る構えである。)

2006/11/09

2006年米中間選挙:新聞に見る勝利と敗北

Philadelphiadailynews

フィラデルフィア・デイリー・ニュース紙の1面トップは傑作!

Independent20061108

英インディペンデント紙の1面トップ:「米国民、ブッシュに厳しい評決」

Gendai

日刊ゲンダイは早々とトップでブッシュ敗北を宣言。ところで同紙トップ記事には“最大の争点は「イラク問題」だった。イラクでの米兵の死者は3,000人に達した。”と書いてあるが、おそらく「イラクとアフガニスタンでの米兵の死者」の間違いだろう。11月8日の時点で、イラクでの米兵戦死者は2,802人、アフガニスタンでの米兵戦死者数は340人で、合計すると3,142人となる。

Newyorkpost

保守派のタブロイド、ニューヨークポスト紙のトップニュースはブリトニーの離婚!・・・と「民主党、下院を一掃」。同紙出版元の親会社であるニューズコーポレーション社会長ルパート・マードック氏は先日東京で行われた来日会見で過去の戦争に比べれば、イラクでの死傷者数などほんの僅かだ。」「(イラク侵攻は)正しい行いだったと信じている」と発言した。もしもあなたが、この発言を報じる記事を日本の新聞に見つけることができたなら、マードック氏のタブロイド紙を安心して笑い飛ばすことができるだろう。

2006/11/02

ティルマンは戦場へ行った

今回は、現在全米で話題となっているケビン・ティルマン氏のコラム以下に全文翻訳して掲載。

ケビン・ティルマン氏の兄、パット・ティルマンはNFLのスター選手で、911テロ事件後に愛国心に駆られ、プロ選手としての高額年収を蹴って、弟ケビンと共に陸軍に入隊。米陸軍レンジャー部隊兵士としてイラクに派遣された後、2004年4月22日にアフガニスタンで戦死した。ケビン・ティルマン氏は2005年に除隊している。

パット・ティルマンの戦死について、当初陸軍側は「敵との交戦で殺害された」と遺族に説明していた。しかし2年経過した現在では、友軍の誤射で死亡した事実が明らかになっている。その後、戦死した兵士の遺族達の追求により、米軍が友軍の誤射による死亡例を隠してきた事実が少なくとも7件確認されており、米軍の公式戦死報告への信頼性はさらに低下しつつある。

続きを読む "ティルマンは戦場へ行った" »

タブロイド紙の攻撃再び

グローブ紙2006年11月6日号

米スーパーマーケット・タブロイド新聞グローブ紙の11月6日号の表紙。特集記事は『“世界的特ダネ”ブッシュの離婚届-ウンザリのファーストレディが離婚届を準備!』(source:BuzzFlash

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31