カテゴリー

アクセスの多い記事

« イラク駐留:連合各国の現状 | トップページ | 米国内のホームレス人口は75万4,000人 »

2007/02/25

英国防省がオサマ・ビン・ラディン捜索に超能力者を起用?

「奴(ビン・ラディン)を捕まえたとして、次はどうする?少しの間は気分も良いだろうが、長期的に見れば、正直なところ、それほど重要な事かどうかわかりませんね。」

-2007年2月23日、ピーター・J・シューメーカー米陸軍参謀総長の発言

英デイリーメール紙の報道によれば、2002年度に英国防省は超能力を持つ人材を募集し、“遠隔透視”の実証実験を行っていたことが、新たに公開された公式文書で明らかになったという。国防省の関係者は「ビン・ラディンと大量破壊兵器捜索のため」超能力者の起用を試みたと観測している。

報道によれば、英国防省は当初12人の「著名超能力者」採用を試みたが拒否されたので、“新米”超能力者を募集した。集まった応募者の28%が“極秘の場所で開催された”採用実証実験までたどり着いたという。試験内容は、封筒にナイフ、マザー・テレサ、そして“或るアジア系の人物”の写真を入れて密封し、中身を透視するというものだった。

Remote Viewers

冷戦時代の米軍遠隔透視部隊極秘計画に関する書籍『Remote Viewers: The Secret History of America's Psychic Spies

英国防省はこれら超能力実験に1万8,000ポンド(約428万円)を費やしたが、透視実験は大失敗で、被験者の1人は封筒の中身を透視すべく神経を集中している途中で眠りこけてしまったとのこと。

英国防省がかつて行っていたUFO調査計画のため21年間勤務したUFO研究家ニック・ポープ氏の話によれば、同省が行っていた遠隔透視実験は、イラクとアフガニスタンでの軍事活動に活かすためだった可能性が高いという。ポープ氏は言う。「推測に過ぎないが、ソファの裏に隠された金を見つけるのにそんな労力をかけたりはしないでしょう。(中略)ビン・ラディンや大量破壊兵器の件というべきでしょうね。」

« イラク駐留:連合各国の現状 | トップページ | 米国内のホームレス人口は75万4,000人 »

アルカイダとビン・ラディン」カテゴリの記事

ブレアのイギリス」カテゴリの記事

政界ゴシップ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/42241078

この記事へのトラックバック一覧です: 英国防省がオサマ・ビン・ラディン捜索に超能力者を起用?:

« イラク駐留:連合各国の現状 | トップページ | 米国内のホームレス人口は75万4,000人 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31