カテゴリー

アクセスの多い記事

« 米国内のホームレス人口は75万4,000人 | トップページ | 50歳になったオサマ・ビン・ラディン »

2007/03/05

アメリカ医療システムの危機:医療難民、カナダに越境

ニューヨークタイムズ紙が今月始めに発表した世論調査によれば、大半のアメリカ国民は政府負担の国民皆保険制度の導入を切望しており、そのために税金が上昇しても止むを得ないと考えていることが判明している。しかも、イラク戦争以外に合衆国が直面している国家危機として、医療問題が移民問題を抜いて国内最大の政策課題となっている。

つまり、2008年度大統領選挙時には、今のところイラク戦争(イラン戦争含む?)と医療危機が二大争点となると見込まれている。

現在、アメリカ国民のおよそ4,700万人が医療保険未加入で、その内900万人が児童である。市民団体『Families USA』の調査によれば、怪我で入院した子供が無保険の場合、保険に加入している子供に比較して病院で死亡する確率は2倍高く、高度な治療やリハビリも少なくなるというショッキングな報告もある。(病院業界は調査内容に問題ありと市民団体を批判している。)

収入が少なく民間医療保険に入れないアメリカ人がケガや病気で医者にかかる場合、連邦政府が提供する貧困層・高齢者向け医療扶助・支援制度(メディケア・メディケイド)の適用を受けることになる。しかし財政悪化と、それに追い討ちをかけるイラク戦争の泥沼化により、ブッシュ政権下で貧困層への支援打ち切り姿勢はいよいよ鮮明になった。ブッシュ大統領の2008年度連邦予算案では、貧困層向け医療保障予算を今後5年間で78億ドル(約9,100億円)削減し、さらに児童向け医療保険制度も大幅削減するとしている。もちろん、社会福祉削減で浮いた予算は戦争準備金へ・・・ということで、ブッシュの提案する国防総省予算は前年比11%増加となっているワシントンポスト紙の言うとおり、「レーガン政権以来最大の国防予算、イラクとアフガニスタンの戦費はベトナム戦争を超えた。」

2000年から2005年の間に、アメリカでは無保険者が680万人増加し、政府の規定する「深刻な貧困層」は26%増加したという。職に就きながら政府の食糧支援制度(フードスタンプ)を受け取る人も急増している。(いわゆる『ワーキング・プア』層のことで、例えばオハイオ州では6年間で倍増している

これだけ貧困層が増えると、いくら世界一裕福で明るいアメリカをハリウッド映画で宣伝しても、効果は低いだろう。ユニセフが最近発表した児童の成育環境ランキングで、アメリカは先進国21カ国中20番目だ。(最下位はブレアのイギリス。なにしろハリー王子は訓練をサボってるのにイラクに行かなきゃならないし、ブレア首相はワイセツなポーズをとったオクスフォード時代の写真を公開されてしまう国である)

そんなわけで、アメリカの医療危機をわかりやすく説明しているテッド・ロール氏のコラムを以下に翻訳して掲載。


2億5,000万人が保険に加入、それでも困窮
それ以外の人には医療危機

by テッド・ロール:2007年1月17日Common Dreams掲載

ケチで入らない人もいる。月額500ドル以上の医療保険に入る代わりに、医者にかかる都度に医療費を払うほうが結局安上がりという賭けに出る者もいる。しかし、保険に入っていない4,700万人のアメリカ人のほとんどは、お金がなくて保険に入れないのだ。国家的スキャンダルより尚悪いことに、この国の破綻した医療システムは国際的恥辱だ。ヤケクソになったアメリカ国民数十万人が、他の工業国で一般化している社会福祉システムに寄生するために国境を越えている。

「お前らアメリカ人にはもうウンザリだね!」ニューヨークの北方、国境沿いにあるカナダの或る病院で、緊急治療室の医者が俺の友人に向かって言った。階段から落ちて腕を骨折した友人は、彼女の運転する車に乗って、マンハッタンから8時間かけてケベックにやって来たのだ。

カナダから見りゃ、俺たちはまるきりメキシコ人だ。

1993年の、クリントン夫妻が保険業界の利益を守るためにややこしくした法案を実現し損なって以来はじめて、存在しないも同然の医療システムを幸運にも修正する機会が巡ってきた。民主党は二つの公約を掲げて議会を支配するに至った。イラクからの撤退と医療システム修正だ。中間選挙の2週間前に実施されたUSAトゥデイ・ABC放送共同世論調査によれば、アメリカ国民の80%が膨大な医療費に不満を訴えている(60%はきわめて不満と回答している)。

実際、膨大な金額だ。2006年、企業が従業員向けに負担する4人家族向け医療保険の掛け金は平均で年額1万1,500ドル(約134万3,395円)で、時給8ドルのフルタイム労働者の年収よりも高い。アメリカ人はこのムカつく医療システムに年間2兆ドル-国防予算の4倍-を支払っている。さらにその費用は年々上昇し続けていて、上昇率はインフレよりも2倍から3倍早い。

助けが必要な人への支援策を敬遠しがちな共和党員でさえ、事態に気づき始めている。共和党中道派のアーノルド・シュワルツェネガー加州知事は、カリフォルニア州に住み保険に加入していない75万人の児童(不法移民含む)向けに、医療保険を提供すると提案して支持を拡大し、さらにその保険を大人にも拡大するとしている。ニューヨークタイムズ紙が社説で言うように、「児童を先にもってきたのは得策である。というのは、子供は総じて健康で、保険料も安いからである。」

世界最高の金持ち国家で、数千万人の市民が自己破産寸前で生きているなんて酷すぎる。抵当流れの25%は高額な医療費が原因というのはご存知?

しかも、二番目の問題として、誰も話したことのないさらに大きな医療スキャンダルがある。2億5,000万人の、幸運にも医療保険に加入できているアメリカ人も、無保険者に比べてそんなに良いわけでもないのだ。

労働者や雇用者は月額平均で465ドルを医療保険会社に支払っているが、保険会社側は契約上のあらゆる怪しい策略を使って支払い要求を斥けている。加入前の病気?適用外です。保険プラン内の医者に診てもらうために数時間ドライブするのが苦痛?じゃあ自分で払ってくださいね。高額な専門医に観てもらわなきゃいけないくらい異常な症状?ダメですよ。慢性の症状には長期的なケアが必要だと思われるかもしれないが、保険担当者にとっては単に支払い拒否の口実を与えるに過ぎない。

どんなことでも運はある。しかし見込みでは、控除額は支払額を上回るだろう。

支払い要求を拒否する合法的な言い訳を思いつかなかった場合でも、保険会社はやっぱり支払いを拒否する。保険会社側は賭けに出るのだ。請求する客のほとんどは、複雑なボイスメールのたらい回しや、不可解なウェブサイト、果てしない待ち時間を前に途方に暮れて、あまりにも弱気になって保険支払い拒否に抗う正当な主張を諦めるだろう。保険会社は、単にあなたに消えて欲しいだけなのだ。

眼科と歯科の問題まで話すのは止めとこう。どちらも保険プランに加える雇用者は減る一方だ。おいおい、目と歯はそんなに重要じゃないってのか?

医療保険を新兵募集の目玉にしている軍隊でさえ、傷病兵の看護任務は果たされていない。2005年12月、ブラッドリー・ブラウン初等兵は、背中の痛みを訴えてオクラハマ州シル基地の陸軍軍医に診察を依頼した。ブラウンがサウス・ベンド・トリビューン紙に語ったところによると、「軍医は抗炎症非ステロイド薬としてナプロキセンを処方し、X線検査のため静脈に染料を注射した。」

それから2週間後、ブラウン初等兵はインディアナ州の緊急治療室に運び込まれ、IgAネフロパシー(腎症)と急性尿細管壊死の患者として命を落としかけていた。二つの症状の原因は「複数あるが、内二つはX線検査用に静脈注射された染料と、抗炎症非ステロイド薬であった。」ブラッドリーは腎臓移植を要求したが、彼を放り出しておいて入院中の給与支払いを拒否した陸軍側は、要求を拒否した。「どうしてこんなことが許されるのか」母親は怒り、軍側の処置の結果として吃音と記憶障害になった息子を助けるよう陸軍側に要求している。「完全な健康体として息子を入隊させたのに、台無しにされてしまった。」

俺の個人的な医療体験では、いくぶん些細な問題だった。左手のイボだ。かかりつけの皮膚科の医師は、そのイボを液体窒素で切除して、150ドル(約1万7,502円)請求してきた。保険適用を請求すると、保険会社は支払いを拒否して簡潔に言った。「非必須処置でした。」それから1時間半待たされて、手紙を3通書かかされ、ようやく血の通った保険担当者と当該の問題について電話で話し合うという特典にありついた。俺は聞いた。「イボを処分しちゃいけないってのは、お宅のポリシーなのか?」

保険会社の担当者は、ベッキーと名乗る女性で、丁寧だが頑固だった。なにしろ、会社は彼女が無神経になるように金を払っているのだ。

「このような処置は必須ではありません。」彼女はそのように答えた(らしい)。

「俺の理解したことを確認すると」俺は説明した。「お宅の主張は、客がイボを抱えたら、イボと共存すべきってことか?」

「そういう意味じゃありません。」

「じゃ、どういう意味だい?」

「その支払い要求は非必須として拒否されたのです。」

「あんたの会社の保険が適用されるイボの切除法ってのは一体存在してるのか?」

まわりくどい議論の後、彼女はついに折れて、どのようなイボであろうと、切除には患者の費用負担しかないことを白状した。

「イボで死にそうだったと言ったらどうなる?」本当の話だ。大学時代、胸にイボが出来た。それから20時間後、俺は緊急治療室で、好奇心一杯の医者達がボンヤリと超殺人イボを見守る中で輸血を受けた。そのイボは動脈に穴を開けて、ガールフレンドの部屋の壁に血を撒き散らした。幸いにも、そして共和党にとっては不幸なことに、俺は起き上がって助けを呼べたわけだ。

ようやく彼女に居場所を尋ねることができた。「私はバンガロール(インド)に居ます」彼女は言った。

「とにかくね、ベッキー、イボが出来ないようにしてみろっての。」

解決策は明白だ。医療保険を国営化すること。医者と看護婦は連邦政府の職員にすること。病院は治療の場にすべきで、企業が株主のために利益を稼ぐ場所にしないこと。公的医療制度がそんなに過激だというなら、医療費を政府負担にすればいい。その場合、鍵となるのは、医者と患者の両方から搾取する保険会社を廃業させることだ。

とどまるところを知らないほど企業化された医療保険業界の貪欲さには驚かされる。ユナイテッド・ヘルス・グループ社は現在フォーチュン500社ランキングの37位にいるが、2006年度の純利益は33億ドル(約3,851億円)で、前年比28%の上昇だ。ウェルポイント社の純利益は25億ドル(約2,917億円)で、前年比157%上昇。あなたの給料が28%アップしたのはいつ頃だったっけ?157%?まさしく血のにじむような金だ。保険未加入者や治療不完全のアメリカ人の死で、一体どれほどの利益がもたらされているのか?

これら強欲な存在は石油企業よりも悪い。公共交通機関のある都市に引っ越すこともできるし、ガソリンを無理して買う必要もない。しかし、ブラウン初等兵は何が何でも腎臓移植が必要なのだ。この国は小国じゃない。それくらいの余裕はあるはずだ。
(以上)

« 米国内のホームレス人口は75万4,000人 | トップページ | 50歳になったオサマ・ビン・ラディン »

医療問題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/14138930

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ医療システムの危機:医療難民、カナダに越境:

» 株式会社化すると病院はどうなるの [Candysays’s Diary]
   病院を株式会社化して市場原理を医療に導入することが日本政府によって検討されるようになってしばらく経ちます。しかし、結論から言って、そのような政策が実行されている米国では、医療の質の向上には繋がらず、かえって医療の質を下げる結果となっております。さら... [続きを読む]

» [アメリカを語る] 全ての道は、保険につながる [simpleA@hatena]
今は昔、 サラソタ記念病院のマネジメントチームは、医療保険を持たない患者のための無料外来クリニック設立を、ボード*1に提案した。(『病院の内側から見たアメリカの医療システム』p.117) 病院の内側から見たアメリカの医療システム 作者: 河野圭子 出版社/メーカー: 新... [続きを読む]

« 米国内のホームレス人口は75万4,000人 | トップページ | 50歳になったオサマ・ビン・ラディン »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31