カテゴリー

アクセスの多い記事

« マイケル・ムーア、次回作で早くも大波乱の予兆 | トップページ | 英ブレア首相が5月9日で辞任? »

2007/04/20

ボブ・ハーバート:『キレる若者、屈辱、そして銃』

Virginia Tech students and supporters lifted thousands of candles to a sapphire sky to remember the 32 people killed by a campus gunman.

ヴァージニア工科大虐殺事件発生から1日たった17日夜、1万人以上がキャンドルを手に被害者を追悼した。(Think Progress


ヴァージニア工科大で発生した恐るべき銃乱射事件。米マスメディアは“虐殺”事件と呼び、犯人のPRビデオは全米で放映された。暴力、恐怖、攻撃心を2億人以上でほぼリアルタイムに共有できるようになったこの国では、物事を再考するヒマも場所もなくなりそうである。満員電車にムリヤリ押し込まれたような世界だ。今頃は、銃規制強化の呼びかけの裏で、全米各地で銃の売り上げが急増しているかもしれない。

一方で日本でも、長崎で市長が銃で殺害されるという惨劇が起きた。大手マスコミは揃って大声で“民主主義に対する重大な攻撃だ!”と繰り返している。民主主義への攻撃!?その通りだよ!今度から国会で強行採決があるたびに、政治家が回答を拒否するたびに、今と同じくらい皆で怒鳴ってやろうじゃないか・・・ところで、選挙直前に候補者が殺されたのに、誰も犯人の背後関係を疑わないのだろうか?

そんなわけで、今回はNYタイムズ紙の良心と呼ばれる名物コラムニスト、ボブ・ハーバートの最新コラムを翻訳して掲載。

キレる若者、屈辱、そして銃(A Volatile Young Man, Humiliation and a Gun)

by ボブ・ハーバート:NYタイムズ紙2007年4月19日付けコラム


“おまえらを殺すのが待ち遠しいぜ。”
-コロンバイン高校事件の犯人エリック・ハリスのウェブサイト上の言葉


1966年8月1日月曜日の夜明け前、元海兵隊員でテキサス州オースティンのイーグル・スカウトを務めるチャールズ・ホイットマンは、ベッドで妻を刺し殺した。その日の前の夜には、彼は街のはずれにある母親のアパートまで車で乗りつけ、母親を殺していた。

朝になると、ホイットマンは食料、水、弾薬、ライフル2丁、ピストル2丁、カービン銃とショットガンを担いで、テキサス州立大学のキャンパスにある名物の30階建タワーを昇っていった。

まぶしい日差しの下、気温が30度を超えて上昇し始める頃、ホイットマンは銃撃を開始した。最初の標的は10代の妊婦だった。その後警官に射殺されるまでのおよそ80分間で、彼は14人を殺害し、30人以上を負傷させた。

それから40年以上が経過し、安全と思われた場所で断続的に発生する殺人的暴力事件を目の当たりにし、我々は未だに途方に暮れている。まるで悪魔そのものが突然登場したかのように、我々はただ愕然としている。今回は、32人の罪なき人々が、バージニア工科大学のキャンパスで虐殺された。なぜこんなことが起きたのだろう?全てが説明不能のようにみえる。

しかし、アメリカで起きる殺人的暴力事件のパターンを注意深く観察すると、個別の残虐行為が発生しているようでも、いくらかの一貫性が垣間見えるのである。相次ぐ事件で、年月を重ねても、殺人者になる人物は恥と侮辱に悩む若い男性で、しばしば女性と同性愛者を激しく嫌悪し、自らの揺らぐ男らしさを立て直し、ずっと拒絶されてきた尊厳を取り戻す方法として、外に出て人を殺すと決心する傾向にあるようだ。

マサチューセッツで刑務所の精神分析医として長年暴力を研究し、ハーバード大とニューヨーク州立大で教授を務めるジェイムズ・ギリガン博士によれば、女性嫌悪と同性愛嫌悪の複合化した衰弱要素が、ほとんどでないにしろかなりの割合で、我が国で起こる暴力の最悪の形態の中核を占めているという。

「殺人者やレイプ犯、様々なタイプの暴力犯罪者を長年研究してきた結果として私が結論づけると、」博士は言う。「ある程度の度合いでほとんどの事例に存在する潜在的要因は、男らしさを証明するという感覚であり、それを実現するために、失われた尊厳を取り戻すために、暴力行為に走るというものです。」

通例では、暴力とは現代社会における女性に対する敵対心の蔓延と、自分があまり頑健でなく、男らしくない-簡潔に言えば、自分に同性愛的傾向があるのではないかと多くの男性が抱く病的な恐怖心から沸きあがる不安感情に対する防衛機制の方策とされている。

暴力性と男らしさを同等視する過酷な文化においては、「自尊心の感覚を取り戻すための手段として暴力を用いるのはとても魅惑的に映るのです。」ギリガン博士は言った。

ヴァージニア工科大の殺人犯チョ・スンヒは、女学生に付きまとい、テーブル下から女性の不適切な写真を撮影していたと報道されている。以前ルームメイトだった学生がCNNに語ったところでは、チョ氏はキャンパスの女学生の目の中には『淫乱』が見えると主張したという。

チャールズ・ホイットマンは陽気なアメリカ的青年と見られることが多かった。しかし、海兵隊時代に軍法会議にかけられたことで、大学では苦労し、明らかに鬱に苦しんでいた。彼は精神医に父親を嫌悪していると語っていたが、殺戮の開始は妻と母の殺害からだった。

力不足という感情、性心理の不安、容易な銃の入手の合流は、我が国の驚くべき数の殺人事件に結実している。

アメリカ合衆国では2億丁近い銃が市民の手に握られており、毎年3万人以上-イラクで戦死した米国人のほぼ10倍の人数が、銃で殺されている。1966年当時、銃で殺される人数は年間1万7,000人程度だった。当時のタイムズ紙上では、チャールズ・ホイットマンのような“凶暴な”銃撃事件を評してこう書いている:

“動機がどうであれ、いかなる品行も精神状態も問われることなくあらゆる種類の銃が入手できるという現実が、事件を起きやすくしているのは明白であろう。”

我々はこの40年間でほとんど何も学んでいない。
(以上)

« マイケル・ムーア、次回作で早くも大波乱の予兆 | トップページ | 英ブレア首相が5月9日で辞任? »

アメリカの銃問題」カテゴリの記事

ボブ・ハーバート」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/14782281

この記事へのトラックバック一覧です: ボブ・ハーバート:『キレる若者、屈辱、そして銃』:

» 市長射殺 [SWANの 「Trust me!」]
長崎市長が選挙運動中に射殺された事件がありました。 市長射殺という思いもかけない事件が発生したわりには、選挙そのものは滞りなく実施され、新しい長崎市長が誕生しました。 だけど何だか変な雰囲気がするので... [続きを読む]

» バージニア工科大乱射事件 [みーぽんの社会科のお部屋]
バージニア工科大における乱射事件は、米国史上最悪のものになったそうです。 今朝CNNをつけたらこの報道で一色でした。アメリカでは昨年ペンシルバニアのアーミッシュの学校で乱射事件があったばかり。なのにCNN(正確に言... [続きを読む]

» ●目撃者の真実 銃撃犯の背後で蠢くもの?● [不条理ニュース]
視聴者A「安倍総理は暴力団を絶滅すると宣言したようだ。」 視聴者B「本当か?言ったからには実行してほしいものだ。」 視聴者C「マスコミ向けのコメントでは『暴力団撲滅』と言っていたが、 国会中継内では『暴力団... [続きを読む]

» ●言論テロに屈しないメディアVS言論テロ支援?メディア● [不条理ニュース]
視聴者A「オレオレ詐欺の手口は、ATMがだめならバイク便があるさとばかりに、誰かが開発している新型インフルエンザのウイルスのごとく手口が変容しているという。 これからは性善説で生きるのは危険な時代ということ... [続きを読む]

« マイケル・ムーア、次回作で早くも大波乱の予兆 | トップページ | 英ブレア首相が5月9日で辞任? »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31