« 最新アメリカ世論調査:41%が「サダム・フセインは911テロに直接関与」 | トップページ | 「イラク駐留は資源確保のために必要」オーストラリア国防大臣が説明 »

2007/07/01

イラク駐留オーストラリア軍、2008年2月から撤退開始か?

オーストラリア・サンデー・テレグラフ紙のスクープ記事によれば、ジョン・ハワード首相は密かにイラク駐留軍撤退計画を練っており、来年2月から撤退を開始する意向であるという。

オーストラリア政府上層部の高官がテレグラフ紙に明かしたところでは、ハワード首相側のイラク撤退計画は政府閣僚の安全保障会議上に提示されておらず、米ブッシュ政権にもまだ伝えられていない機密事項であるという。また同高官の話によれば、ハワード首相側は、米政府議会が今年9月中旬に予定しているイラク駐留米軍戦況報告の結果と、イギリスの新首相ゴードン・ブラウンの意向を鑑みてから撤退計画の詳細を決定するという。

« 最新アメリカ世論調査:41%が「サダム・フセインは911テロに直接関与」 | トップページ | 「イラク駐留は資源確保のために必要」オーストラリア国防大臣が説明 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラク駐留オーストラリア軍、2008年2月から撤退開始か?:

« 最新アメリカ世論調査:41%が「サダム・フセインは911テロに直接関与」 | トップページ | 「イラク駐留は資源確保のために必要」オーストラリア国防大臣が説明 »