カテゴリー

アクセスの多い記事

« イラク駐留オーストラリア軍、2008年2月から撤退開始か? | トップページ | 2008年大統領選挙:無党派層の動向 »

2007/07/06

「イラク駐留は資源確保のために必要」オーストラリア国防大臣が説明

オーストラリア防衛大臣を務めるブレンダン・ネルソンが、ABC放送のインタビューでイラク駐留継続の理由について問われ、「中東地区における資源確保のために必要」と発言し、ハワード首相が慌てて防衛大臣の発言を否定する事態となり、オーストラリア政界で波紋が拡大している。AFP通信の報道

「世界各国にとってはもちろんのこと、オーストラリアの国益確保のためにも、資源確保は重要なのです。」インタビューの中で、ネルソン防衛大臣は言っている。「イラクだけでなく、中東地域全体が、資源供給元として、特に石油供給元として、世界各国にとって重要な地域なのです。」「イラクから早期に撤退するとなれば、どんな事態になるのかを、オーストラリア国民は考えるべきです。」

防衛大臣の発言がもたらす批判を抑えるため、同日に行われたラジオインタビューでハワード首相はただちに嫌疑を否定し、「我が国がイラクに駐留する理由は石油ではなく、参戦した理由も石油ではないし、駐留継続の理由も石油ではない。」と説明した。また、サンデーヘラルド紙が先日スクープしたイラク駐留オーストラリア軍撤退計画の存在についてもあらためて否定している。

一方、イラクからの早期撤退を唱える野党・労働党は、防衛大臣と首相の発言の矛盾を批判し、与党への攻撃姿勢を強めている。今年末に予定されているオーストラリア総選挙で、イラク戦争問題は最重要の争点となっており、オーストラリア国内では野党側有利の観測が拡大している。

« イラク駐留オーストラリア軍、2008年2月から撤退開始か? | トップページ | 2008年大統領選挙:無党派層の動向 »

イラク戦争」カテゴリの記事

オーストラリア」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/42241090

この記事へのトラックバック一覧です: 「イラク駐留は資源確保のために必要」オーストラリア国防大臣が説明:

« イラク駐留オーストラリア軍、2008年2月から撤退開始か? | トップページ | 2008年大統領選挙:無党派層の動向 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31