カテゴリー

アクセスの多い記事

« 民主党エドワーズ候補、大統領選から撤退の意向 | トップページ | 2008年アメリカ大統領選挙:最新動向 »

2008/02/10

ニール・ヤングの悲痛なメッセージ:「音楽で世界は変えられない」

リヴィング・ウィズ・ウォー

2006年に新アルバム『リヴィング・ウィズ・ウォー』を発表し、全米で物議を醸した大物シンガーソングライターのニール・ヤングが、悲観的な心情を吐露している。

「音楽で世界を変えることができた時代は過ぎ去った。今、この時代にそういう考えを持つのはあまりにも世間知らずだと思う。」自作のドキュメンタリー映画『CSNY Deja Vu』がベルリン国際映画祭で特別上映されるにあたり、記者会見でニール・ヤングはそう語っている

CSNY Deja Vu

『CSNY Deja Vu』は、ニール・ヤングが『リヴィング・ウィズ・ウォー』を引っさげて行った2006年度クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング全米公演『Freedom of Speech tour』の様子と、それに対する世間の反応を収めた映像作品。このドキュメンタリーでは、例えばライブの最中、『Let's Impeach the President(大統領を弾劾しよう)』が演奏されると、喝采とブーイングの嵐に会場が分裂し、憮然として途中退出する聴衆の姿などを見ることができる。

悲痛な面持ちで音楽観を語るニール・ヤングは、しかしそれでもドキュメンタリーを制作する意義はあったと語っている。「あれをやらなかったら、昔のヒッピー達が思ったことを喋ってるだけになるところだった。そんなの誰が気にする?」「論争を巻き起こすのが目標だった。このフィルムでそれがある程度実現できると願っている。」

『CSNY Deja Vu』サンダンス映画用プローモーション映像

« 民主党エドワーズ候補、大統領選から撤退の意向 | トップページ | 2008年アメリカ大統領選挙:最新動向 »

遥かなる平和への祈り」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/40066523

この記事へのトラックバック一覧です: ニール・ヤングの悲痛なメッセージ:「音楽で世界は変えられない」:

« 民主党エドワーズ候補、大統領選から撤退の意向 | トップページ | 2008年アメリカ大統領選挙:最新動向 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31