カテゴリー

アクセスの多い記事

« 2008年アメリカ大統領選挙:最新動向 | トップページ | 大統領選挙とロビイスト:金で買えるアメリカ外交 »

2008/02/25

ラルフ・ネイダーが今回も大統領選出馬を宣言

2月24日日曜日、NBC放送「ミート・ザ・プレス」に出演した消費者運動家ラルフ・ネイダー氏は、今年の大統領選挙に無所属の候補として出馬すると発表したラルフ・ネイダー氏の公式ウェブサイト

73歳のネイダー氏は、これまでに2000年、2004年度の大統領選に出馬し、一部のリベラル層支持者からの票を集めてきた。2000年大統領選では緑の党代表として出馬し、本選挙で2.7%の票を獲得したが、2004年度に無所属で出馬した際には、獲得した票は0.3%にとどまった。

選挙戦への出馬に関して、ネイダー氏は主要候補者-民主党のヒラリー、オバマ、共和党のマケインらがいずれも国民皆保険制度の完全導入を掲げていない点を批判し、合衆国にカナダと同じ医療保険制度を導入すべきと主張し、さらに原子力発電の中止と太陽エネルギー発電の普及、軍事費の大幅削減、イスラエル・パレスティナ問題をはじめとする中東政策の見直し、企業犯罪の監視と不当利益の追求を公約に掲げている。

« 2008年アメリカ大統領選挙:最新動向 | トップページ | 大統領選挙とロビイスト:金で買えるアメリカ外交 »

2008年度大統領選挙」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/42241112

この記事へのトラックバック一覧です: ラルフ・ネイダーが今回も大統領選出馬を宣言:

« 2008年アメリカ大統領選挙:最新動向 | トップページ | 大統領選挙とロビイスト:金で買えるアメリカ外交 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31