カテゴリー

アクセスの多い記事

« マイク・グラベル:インタビューで親日ぶりをアピール | トップページ | マケイン陣営の副大統領候補はコンドリーザ・ライス? »

2008/03/12

イラク戦争:数字で見る最新情勢

ワシントンのシンクタンク『政策研究所』の外交問題ウェブサイトForeign Policy In Focusが、イラク戦争のコストを追跡報告するレポート『イラクの泥沼(The Iraq Quagmire)』を公開している。今回はこのレポートを雛形に、イラクの最新情勢を示す数字を以下に列挙してみた。


人的損失

So Wrong for So Long: How the Press, The Pundits--and the President--Failed in Iraq

米新聞業界紙Editor and Publisher社の編集人グレッグ・ミッチェル氏のメディア批評本『So Wrong for So Long: How the Press, The Pundits--and the President--Failed in Iraq』ブルース・スプリングスティーンが序文を書いている話題の書籍。

3,9734,000人:
イラクで戦死した米軍兵士の人数(2008年3月23日時点で4,000人超
2万9,203人:
イラク軍事侵攻開始から現在までに戦闘で負傷した米軍兵士の人数
3万1,325人:
戦闘以外の負傷、もしくは病気扱いになったイラク駐留米軍兵士の人数
7万人:
イラク・アフガニスタンの戦闘で聴覚障害を負った米軍兵士の人数
33万人:
2009年度に治療が必要となるイラク・アフガニスタン退役米軍傷病兵の人数(米退役軍人局の見積)
283人:
2001年のアフガニスタン侵攻から2005年末の間、アフガニスタンもしくはイラクに派遣された後に自殺した米軍兵士の人数。283人のうち144人が、戦地から帰還し軍を正式除隊した後に自殺している。
7,924人:
殺害されたイラク治安部隊兵士の人数
最低8万1,632人、最大112万人:
開戦以来今日までのイラク市民の推定犠牲者数
340万人:
イラク国内の難民数
220万人-240万人:
イラク国外に脱出した難民数
5,742人:
2008年1月24日までに米国が受け入れたイラク人難民数
15万5,000人:
イラクに駐留する米軍兵士の人数
2万5,595人(2004年11月)、1万8,000人(2006年)、9,895人(2008年):
『有志連合軍』の兵士数の変遷
74%:
イラクに駐留する米陸軍兵士のうち、2回以上の派遣を経験した者の割合
18万人:
イラクで活動する民間軍事請負企業従業員の人数
1人:
イラクで活動する民間軍事請負企業従業員のうち、暴力事件もしくは虐待事件で米国政府により訴追された人数
917人:
イラクで殺害された民間軍事請負企業従業員の人数

戦争費用

Three Trillion Dollar War

経済学者ジョセフ・E・スティグリッツ教授と、元米商務省主席財務官でハーバード大学ケネディ・スクール教授のリンダ・J・ブリムスによる最新共著『Three Trillion Dollar War: The True Cost of the Iraq Conflict



5,260億ドル(約53兆8,297億円):
イラク戦争費用のうち、すでに支出した金額
2億7,500万ドル(約280億8,951万円):
1日あたりのイラク駐留費用
160億ドル(約1兆6,530億円):
1ヶ月あたりのイラク・アフガニスタン駐留費用
4,100ドル(約41万8,915円):
アメリカ国民1世帯あたりのイラク戦争負担金額
3兆ドル(約306兆5,240億円):
イラク戦争の長期的費用見積額(経済学者ジョセフ・E・スティグリッツ教授による)

イラク国民の苦境

  • 現在、イラク国内の失業率は25-40%。(大恐慌時の米国失業率は25%)
  • イラク国民の70%は水道水が利用できない暮らしをしている。
  • イラク国民の80%が公衆衛生サービスのない環境で暮らしている。
  • イラク国内にある180の病院のうち、90%が基礎治療・外科治療設備を欠いている。
  • イラク国民の79%が有志連合軍の駐留に反対している。
  • イラク国民の78%が、総合的にみて事態が今後も悪化すると考えている。
  • 現在、アメリカ国民の63%が、イラク戦争に戦う価値はなかったと考えている。

(以上source: Erik Leaver and Jenny Shin, "The Iraq Quagmire: The Mounting Costs of the Iraq War," (Washington, DC: Foreign Policy In Focus, March 4, 2008)AP通信3月8日付報道"True Cost of War -- Staggering Number of Wounded Vets"AP通信3月8日付報道"Hidden Toll in Iraq -- 70,000 U.S. Soldiers Suffering from Hearing Damage"Angus Reid Global Monitor:Polls & ResearchThe Center for American Progress:"The Iraqi Refugee Crisis by the Numbers"

« マイク・グラベル:インタビューで親日ぶりをアピール | トップページ | マケイン陣営の副大統領候補はコンドリーザ・ライス? »

イラク戦争」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/40468584

この記事へのトラックバック一覧です: イラク戦争:数字で見る最新情勢:

» 暗いニュースリンク: イラク戦争:数字で見る最新情勢 [わいわい@わい通信]
「イラク戦争」の最新情勢というか、悲惨な実態が「数字」で示されていました。 必見です。 暗いニュースリンク: イラク戦争:数字で見る最新情勢 ... [続きを読む]

» 今週の「イラク治安情勢改善」(その16)と、来週は米大使館デモ [vanacoralの日記]
海外情報、特にアメリカに強い『暗いニュースリンク』様が、イラク戦争の散々な結果を紹介しております。絶対「恥辱の殿堂」古森義久氏が取り上げないだろうデータばっかりです。 ■イラク戦争:数字で見る最新情勢 ワシントンのシンクタンク『政策研究所』の外交問題ウェブ... [続きを読む]

» 収支決算 [黒い広辞苑]
戦争報道でもっとも欠けており、もっとも必要な視点は「この戦争で誰がどれだけ儲けたか」である。 そのデータが公表されることにより我々は初めて正義と民主主義のプライスを知ることになる。 (得られた全ての権益)-(戦費+4000人の戦死)-(正義と民主....... [続きを読む]

» [書評][一般小説]となり町戦争 [誰が得するんだよこの書評]
となり町戦争 (集英社文庫) 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2006/12 メディア: 文庫 初めて読んだ三崎亜記の小説。 現代の日本人にとって戦争ほど近くて遠いものは無いかもしれない。インターネットやテレビで毎日のように世界各地の戦争や紛争についての報道があり、おと... [続きを読む]

« マイク・グラベル:インタビューで親日ぶりをアピール | トップページ | マケイン陣営の副大統領候補はコンドリーザ・ライス? »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31