カテゴリー

アクセスの多い記事

« 全米医師の大半が国民皆保険制度の導入を支持-最新調査で判明 | トップページ | 聖火が照らす北京の闇 »

2008/04/03

ブッシュ大統領がウクライナのNATO加盟を支持する動機は・・・カテリーナ大統領夫人?

米シカゴ・トリビューン紙の報道より。

Bush and Kateryna
就任以来初めてウクライナを訪問し、ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟を支持したブッシュ大統領。上の写真は、キエフを去る直前、カテリーナ・ユーシェンコ大統領夫人にお別れのキスをした際のショットである。シカゴ・トリビューン紙のキャプション:「私たちにはNATOがあるじゃないか」(映画『カサブランカ』の“私達にはパリの思い出があるじゃないか”のパロディ)

ところでこのウクライナのファーストレディ、カテリーナという女性の経歴は華々しい。彼女は元々米国イリノイ州シカゴ生まれのウクライナ系アメリカ人で、元の名はキャサリン・チュマチェンコ。ジョージタウン大学国際経済学で学士号、シカゴ大学でMBAを取得している。レーガン政権時代のホワイトハウスに勤務し、ブッシュ父政権時代には財務省に務め、その後は米国務省人権局勤務を経て、国際会計監査企業KPMGウクライナ支社に勤務、そこで未来のウクライナ大統領と知り合った、ということだ。ローラ米大統領夫人よりもカテリーナのほうが、米政府にとって将来的価値は高いといえるだろう。ジョージ・W・ブッシュがご熱心になるのも、おおいに頷けるのである。

« 全米医師の大半が国民皆保険制度の導入を支持-最新調査で判明 | トップページ | 聖火が照らす北京の闇 »

政界ゴシップ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/42241115

この記事へのトラックバック一覧です: ブッシュ大統領がウクライナのNATO加盟を支持する動機は・・・カテリーナ大統領夫人?:

« 全米医師の大半が国民皆保険制度の導入を支持-最新調査で判明 | トップページ | 聖火が照らす北京の闇 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31