カテゴリー

アクセスの多い記事

« 『チベットに自由を』旗の製造は中国企業 | トップページ | シークレットサービスは大統領を護れるか »

2008/05/04

ハリバートン子会社、イラク復興業務で前年比3倍の大幅増収

エネルギー・建設・兵站業務の米最大手ハリバートン社の子会社、ケロッグ・ブラウン&ルート(KBR)社が、前年比3倍の大幅増収を報告しており、四半期の純利益は前年同期2,800万ドルから、今年は9,800万ドルになったという

KBR社は、増収の理由としてカナダ及びサウジアラビアで受注しているエネルギー関連事業と、米陸軍から受注したイラク復興事業の拡大を挙げている。

KBR社のイラクでの業務については、不正請求、不当な労働環境、その他様々な不正行為が明らかになっているが、最新の議会調査では、KBR従業員がサダム宮殿から彫刻品、タペストリー、クリスタルや金製品を盗み出していた件が明らかになっている。

今春、KBR社はダインコープ社、フルオール社と共に、米陸軍から10年契約・総額1,500億ドル(約15兆8,092億円)相当の外注業務(軍用住宅建設・クリーニングその他)を受注する予定であるという。

ハリバートン社は、チェイニー米副大統領が入閣直前までCEOを務めた企業であり、チェイニー本人は、分割払い契約による報酬を現在でも同社から受け取っている。

« 『チベットに自由を』旗の製造は中国企業 | トップページ | シークレットサービスは大統領を護れるか »

軍需産業」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/42241117

この記事へのトラックバック一覧です: ハリバートン子会社、イラク復興業務で前年比3倍の大幅増収:

« 『チベットに自由を』旗の製造は中国企業 | トップページ | シークレットサービスは大統領を護れるか »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31