カテゴリー

アクセスの多い記事

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/27

マイク・グラベル、選挙活動の継続を断念

2008年大統領選挙に、一番最初に立候補した元アラスカ州上院議員マイク・グラベル氏が、移籍して最後の望みを託していたリバタリアン党での指名を得られず、やむなく選挙活動継続を断念すると発表した。5月26日のリバタリアン党予備選挙後の会見で、本人自ら断念の意志を明らかにした。

リバタリアン党は、2006年に共和党から移籍したジョージア州議員、ボブ・バー氏を党の大統領候補者に指名した。

マイク・グラベル氏は会見でこう語った:

「私の政治生命はこれで終わった。15才から今日まで・・・私の政治生命は今終わったが、別にたいしたことじゃないさ。今の私は物書きで、講師だ。今後も、自由と解放の課題を推し進めていくつもりだ。私が死ぬその日まで、やっていくんだ。」


2008/05/25

オバマ暗殺を扇動するヒラリー

5月26日に追記しました
Hillary

2008年5月23日、サウスダコタ州アーガスリーダー紙編集部のインタビューで、敗色濃厚にも関わらず選挙活動を続ける理由について問われたヒラリー・クリントン上院議員は言った:

「1992年の時は、6月半ばのカリフォルニア州予備選に勝利するまで、私の夫は党推薦を獲得できなかったんですよ。ボビー・ケネディがカリフォルニア州で6月に暗殺されたのは誰でも憶えてますよ。」


つまり、ヒラリーの脳内プランによれば、ライバルのバラク・オバマ候補は、党の推薦を受ける前に、無残にも暗殺されるというわけだ。

ヒラリーのイカれた発言にバラク・オバマも仰天しているだろうが、一番驚いているのは、暗殺されたボビー・ケネディの子孫たちだろう。ボビー・ケネディの子供のうち、ロバート・ケネディ・ジュニア弁護士、姉のキャサリン・ケネディ、妹のケリー・ケネディの3人は、ヒラリー・クリントンを推薦しているのだ。(JFKの娘キャロライン、JFKの弟ロバート・ケネディ上院議員とその息子パトリック・ケネディ下院議員はオバマを推薦している)

周囲の批判に気づいたヒラリーは、慌てて「ケネディ家に無礼であったとすれば後悔している」と、謝罪に似た曖昧な会見を開いた。肝心のオバマ陣営に対する謝罪はナシである。


続きを読む "オバマ暗殺を扇動するヒラリー" »

2008/05/11

母の日とイラク戦争

Band of Sisters: American Women at War in Iraq

「イラクでは、あらゆる場所が戦線である。そのイラクで、米軍女性兵士たちは、階級・所属を問わず、あらゆる場所で戦っている。2003年以来、イラクとアフガニスタンに派遣された女性兵士は15万5,000人以上-1991年の湾岸戦争に比較して、その人数は4倍である。430人以上の女性兵士が戦傷を負い、70人以上が戦死しており、その戦死者数は朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争で戦死した女性兵士総数のほぼ2倍に及ぶ。」

(source:クリステン・ホルムステッド著『Band of Sisters: American Women at War in Iraq』 公式サイト

軍事国家アメリカの、富裕でない大多数の国民にとって、戦争は日常生活の一部であり、もはや誰も無関係ではいられない。その国の最友好国(?)である日本の国民も、それに無関係でないと思い知る日がやがて来るのだろうか。

今回は、エリ・ペインティドクロウという人の母の日コラム以下に翻訳掲載。エリ・ペインティドクロウは米退役軍人で、アリゾナ州先住民族ヤキ族出身の女性だ。

こんなコラムを読んでいる時にも、憂鬱なニュースがどんどん追加されている。9日午後、イラクとアフガニスタンで戦死した兵士の遺体を火葬するにあたり、ペットの遺骸も扱う民間火葬場が利用されていることが暴露され、ペンタゴンは釈明に追われている。

2003年以来、すでに4万3,000人以上の「医学的に戦闘不適格」と診断された兵士が、イラク・アフガニスタンの戦地に派遣されていたことも明らかになった。米保険社会福祉省の研究機関、精神保健研究所の所長が、ワシントンで開催された米精神医学会定例会議で説明したところによれば、イラク・アフガニスタンで戦闘中に死亡した兵士の人数よりも、両戦地から帰還後にPTSD等が原因で自殺する兵士の人数のほうが多くなる可能性が高いという。(現在までのイラク・アフガニスタンでの米兵戦死者数は4,560人を超えている。)

丸腰のイラク市民を虐殺した件で、イラク政府は米国務省に事件を起こした傭兵企業ブラックウォーター社の国外追放を求めていたが、逆に米国務省は、今春ブラックウォーター社のイラク業務を延長している

先週木曜日には、イラク正規軍がイラク・サドルシティの住民に対して、住居から退去し近接するサッカー場に避難するよう呼びかけた

また大勢が殺害されることになるのだろうか。


続きを読む "母の日とイラク戦争" »

2008/05/08

オバマ・ガールがマイク・グラベル支援?

2008年合衆国大統領選挙民主党予備選。

バラク・オバマがノースカロライナ州で大勝した。ヒラリー・クリントンが僅差でインディアナ州を獲得した。オバマは民主党指名にいよいよ近づいた。クリントンはそれでも選挙を降りるつもりはないと言う。

・・・さて、そんな選挙情勢と全く無関係に行動する大統領候補者といえば、民主党改めリバタリアン党の大統領候補、マイク・グラベル氏だ。しかも今度は、歌って踊れる77歳として、売り出そうとしているらしい。

バラク・オバマ人気に便乗して売り出した噂のセクシーモデル、オバマ・ガールの最新ビデオは、なんとfeaturing マイク・グラベルだ!

オバマ・ガールも明らかに気恥ずかしそうである。問題のビデオはYoutubeでご覧下さい。マイク・グラベルという名を聞いたことがないという方には、ホントは立派なヒトなんですよ、と言い訳しておきたいのだが・・・。

2008/05/06

シークレットサービスは大統領を護れるか

“黒人初のシークレットサービス・エージェント”が目撃した疑惑


1959年、イリノイ州の貧しい家庭に生まれたアフリカ系アメリカ人のエイブラハム・ボールデンは、アイゼンハワー大統領によってシークレットサービス・シカゴ支局要員に採用された。1961年、カリスマ的人気を誇る新大統領ジョン・F・ケネディは、ボールデンをホワイトハウス担当要員に起用した。黒人としては初の大統領警護要員の誕生であった。

だが、ホワイトハウス勤務を始めてまもなく、黒人のボールデンが直面したのは、同じシークレットサービス要員である同僚たちの、人種差別に根ざした嫌がらせとあからさまな敵意だった。大統領が南部を訪問する際、彼だけは他のシークレットサービス要員とは別の宿泊設備を利用させられた。

だが何よりもボールデンが懸念したのは、大統領を警護する立場にある同僚たちの、退廃した勤務態度だった。仕事中の飲酒、警護ポジションからの離脱等、そのいいかげんさは目に余るものだった。その怠慢ぶりを上司に報告すると、ボールデンはわずか勤務3ヶ月でホワイトハウス担当を解かれ、再びシカゴ支局に戻された。

続きを読む "シークレットサービスは大統領を護れるか" »

2008/05/04

ハリバートン子会社、イラク復興業務で前年比3倍の大幅増収

エネルギー・建設・兵站業務の米最大手ハリバートン社の子会社、ケロッグ・ブラウン&ルート(KBR)社が、前年比3倍の大幅増収を報告しており、四半期の純利益は前年同期2,800万ドルから、今年は9,800万ドルになったという

KBR社は、増収の理由としてカナダ及びサウジアラビアで受注しているエネルギー関連事業と、米陸軍から受注したイラク復興事業の拡大を挙げている。

KBR社のイラクでの業務については、不正請求、不当な労働環境、その他様々な不正行為が明らかになっているが、最新の議会調査では、KBR従業員がサダム宮殿から彫刻品、タペストリー、クリスタルや金製品を盗み出していた件が明らかになっている。

今春、KBR社はダインコープ社、フルオール社と共に、米陸軍から10年契約・総額1,500億ドル(約15兆8,092億円)相当の外注業務(軍用住宅建設・クリーニングその他)を受注する予定であるという。

ハリバートン社は、チェイニー米副大統領が入閣直前までCEOを務めた企業であり、チェイニー本人は、分割払い契約による報酬を現在でも同社から受け取っている。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31