カテゴリー

アクセスの多い記事

« オバマ・ガールがマイク・グラベル支援? | トップページ | オバマ暗殺を扇動するヒラリー »

2008/05/11

母の日とイラク戦争

Band of Sisters: American Women at War in Iraq

「イラクでは、あらゆる場所が戦線である。そのイラクで、米軍女性兵士たちは、階級・所属を問わず、あらゆる場所で戦っている。2003年以来、イラクとアフガニスタンに派遣された女性兵士は15万5,000人以上-1991年の湾岸戦争に比較して、その人数は4倍である。430人以上の女性兵士が戦傷を負い、70人以上が戦死しており、その戦死者数は朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争で戦死した女性兵士総数のほぼ2倍に及ぶ。」

(source:クリステン・ホルムステッド著『Band of Sisters: American Women at War in Iraq』 公式サイト

軍事国家アメリカの、富裕でない大多数の国民にとって、戦争は日常生活の一部であり、もはや誰も無関係ではいられない。その国の最友好国(?)である日本の国民も、それに無関係でないと思い知る日がやがて来るのだろうか。

今回は、エリ・ペインティドクロウという人の母の日コラム以下に翻訳掲載。エリ・ペインティドクロウは米退役軍人で、アリゾナ州先住民族ヤキ族出身の女性だ。

こんなコラムを読んでいる時にも、憂鬱なニュースがどんどん追加されている。9日午後、イラクとアフガニスタンで戦死した兵士の遺体を火葬するにあたり、ペットの遺骸も扱う民間火葬場が利用されていることが暴露され、ペンタゴンは釈明に追われている。

2003年以来、すでに4万3,000人以上の「医学的に戦闘不適格」と診断された兵士が、イラク・アフガニスタンの戦地に派遣されていたことも明らかになった。米保険社会福祉省の研究機関、精神保健研究所の所長が、ワシントンで開催された米精神医学会定例会議で説明したところによれば、イラク・アフガニスタンで戦闘中に死亡した兵士の人数よりも、両戦地から帰還後にPTSD等が原因で自殺する兵士の人数のほうが多くなる可能性が高いという。(現在までのイラク・アフガニスタンでの米兵戦死者数は4,560人を超えている。)

丸腰のイラク市民を虐殺した件で、イラク政府は米国務省に事件を起こした傭兵企業ブラックウォーター社の国外追放を求めていたが、逆に米国務省は、今春ブラックウォーター社のイラク業務を延長している

先週木曜日には、イラク正規軍がイラク・サドルシティの住民に対して、住居から退去し近接するサッカー場に避難するよう呼びかけた

また大勢が殺害されることになるのだろうか。


母の日の退役軍人:戦闘ブーツを履く母親たち

by エリ・ペインティドクロウ:CommonDreams2008年5月10日付掲載コラム

20歳で3歳と5歳の子供の母親でいることは楽ではなかった。シングルマザーとして、ゴキブリだらけのアパートで、生活保護を受けながら暮らすのは人生とはいえなかった。規律を学ぶ必要があると思い立った私は、陸軍徴募事務所に行った。新兵訓練で5マイル行進をしながら、21歳の誕生日を迎えた。多くの母親が新兵訓練を卒業していった。私もまた例外ではなかった。

現在の私は、女性たちのネットワーク作りに励んでいる。彼女たちの多くが子持ちで、米軍で服務した経験がある女性たちだ。私達は真実を語り、平和のために声を上げる道を模索している。今年の母の日は、従軍した母親達の、皆さんが普段聞きそうもない話を思い出す機会だ。

1987年、私は正規兵となり、ホンジュラスに派遣された。ひとたび軍服に身を包んだら、兵士として期待されるとおり振舞わねばならない。任務に集中し、考えるのを止める。感情を押し殺すことに慣れる。帰還してから、子供達にはそうした人生の変化について話さなかった。ただ戻って、仕事に行って、子供を食わせるだけ。

1993年、私は新兵訓練軍曹学校に行った。さらに8週間、家を空けた。軍務に服する女性として、感情や不安を抑えなければならなかった。それが子育てに影響を及ぼした。子供達は、かなり早い時期から、軍隊に入るのがどういうものなのかを知ることになった。感情を失い、自分を失い、人とのつながりを失うのだ。軍は訓練でそれら全てを私から奪い、その総仕上げとして私をイラクに派遣した。近ごろでは、良い母やパートナーになろうとも思わないようになった。

私の欝は深刻かもしれない。ベッドから起きられる日もあるが、起きられない日もある。それ以外の日は泣くことしかできない。軍隊では規律に従うよう訓練された。PTSDになると、退役軍人局の査定プロセスは助けを得るにあたって最大の障害物に見えてくる。それで、ほとんどの退役軍人は、助けを求めることを諦めてしまう。

イラクとアフガニスタンから多くの女性が帰還し、自分の身に何が起きているのか理解できないでいる。もう子供の傍にはいられない。怒りと悲しみをコントロールできなくなったので、誰も傍に近寄る事ができないのだ。彼女たちは皆PTSDに苦しんでいるが、気丈に振舞おうとする。弱みを見せたくないからだ。

私が自分の体験を話し始めた時、元海兵隊員の息子は、私が発狂したと考えた。今でも息子は私のことを心配している。私がこのまま喋り続けたら、誰かが殺しに来ると息子は考えている。でも、母親として、そして8歳の孫を抱える祖母として、子孫たちのために道を切り開く義務を感じている。イラクでの経験が私にこの教訓を与えた。

20代の若者が、まるで遊び場から戻って来たみたいに、砂塵と熱に汚れた顔をして、腕章に愛する人の写真を忍ばせ、武器を背負って、高校卒業について話しながら、パトロール任務に就くのを見て、私の心は撃ち砕かれた。

国内でもイラクでも、母親達は子供のために泣いている。母親たちの犠牲は勘定されることがない。私達は治療を受けないままの負傷者で、同時に何かを変えることができる治療者なのだ。私達は命を守る。私たちが命を生み出すのだから。亡くなった母親たちと子供達のために祈りを捧げよう。母の日に亡き人々を想い、自らも思い出そう。互いを癒そう。そして、戦争を止めさせるためにできる事は何もないと、無力感を感じている全ての母親たちへ-真実を知っているのなら、諦めないで。

-エリ・ペインティドクロウはSWANの共同設立者で、カリフォルニア州オークランドのWomen of Color Resource Centerと共に平和活動を行う退役軍人。SWAN(Service Women’s Action Network:女性軍人活動ネットワーク)は、軍務と戦場経験のトラウマを治療するために集まった女性退役軍人ネットワークで、その体験を文書に綴り、兵士から平和活動家への転換を支援している。

(以上)

« オバマ・ガールがマイク・グラベル支援? | トップページ | オバマ暗殺を扇動するヒラリー »

イラク戦争」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1730/41170222

この記事へのトラックバック一覧です: 母の日とイラク戦争:

» 暗いニュースリンク: 母の日とイラク戦争 [わいわい@わい通信]
暗いニュースリンク: 母の日とイラク戦争 という記事を読みました。 衝撃を受け、 軍事国家アメリカの、富裕でない大多数の国民にとって、戦争は日常生活の一部であり、もはや誰も無... [続きを読む]

» 「イラク派遣自衛官35人死亡」という事実の隠蔽 [日本を守るのに右も左もない]
中国バッシングの嵐の中で、隠蔽されている事実がある。イラク派遣自衛官35人死亡... [続きを読む]

« オバマ・ガールがマイク・グラベル支援? | トップページ | オバマ暗殺を扇動するヒラリー »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31